アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! 溝口 徹 (著)

シェアする


アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)

アレルギーには糖質(砂糖)がかかわっていた!

acdd469af97725d35a909fa73788966a_s

糖質の過剰摂取で血糖値が乱れると、その調整のために副腎からコルチゾールというホルモンが分泌される。

それが続くとやがて副腎が疲労し、コルチゾールの分泌が減ってしまう。コルチゾールには、抗アレルギーの働きもあるため、それがアレルギーの悪化を招くのだ。

アレルギーに悩んでいる人の意外な共通点

「栄養」というアプローチから治療をおこなっている私のクリニックには、さまざまな症
状に悩む患者さんがやってくる。

ほとんどの患者さんが、それまでいくつもの治療法を試みたものの、思うような効果が得られなかったという過去を持っている。

花粉症、アトピー、ぜんそく・・・などのアレルギー症状はその典型といっていいだろう。

アレルギーは治療の決め手がない、厄介な症状だからだ。

しかし、私は日々治療にあたっているうちに、アレルギー症状に悩む人たちには、ある共通の食傾向があることに気づいた。

cupcake-252805_640

ひとつは「甘い物好き」である。砂糖がたっぷり使われているケーキやチョコレートなどの食品、また、甘いジュースや清涼飲料水などを好み、間食やおやつに必ずとるといった人が極めて多いのだ。

「えっ、アレルギーと甘い物(砂糖) が関係しているの?」おそらく、そんな印象を持った人が多いはずだ。砂糖が悪さをしてアレルギーが起こっているとは、通常、考えにくいかもしれない。

「甘い物はほとんど口にしないけれど、ひどいアレルギーに悩まされている」という人もいる。

そこに働いているのが、もうひとつの共通点、「糖質過多」である。

ご飯やパン、めん類などが大好きで、朝はトーストを何枚も食べ、昼は決まってパスタやラーメン、ソバやうどんをかき込み、夜は夜でご飯をおかわりする・・・このようなタイプも、アレルギーを起こす危険性が高いし、いったん症状が出るとなかなか改善しない。

「甘い物好き」と「糖質過多」。この2つの食傾向は、じつは同じ作用を及ぼす。どちらも血糖値を急激に上げるのである。

問題の根はここにある。アレルギーを考えるうえで「血糖値」は、もっとも重要なキー
ワードなのだ。

diabetes-877512_640

アレルギー症状の悪化を招く「副腎疲労症候群」

血糖値に乱れがあると、その調整のために下降させる、あるいは逆に上昇させるホルモンが分泌される。

前者はインスリンであり、後者の代表格が副腎から出るコルチゾールだ。

つまり、つねに血糖値が乱れていればコルチゾールも頻繁に分泌され、副腎は酷使される。
それによって副腎が疲れてしまった状態が「副腎疲労症候群」だ。当然、副腎の機能は低下する。ここで副腎の機能の特徴についてお話ししておこう。

副腎の働きには、はっきりした特徴がある。もっとも副腎が活発に働くのは早朝である。その後、午前中から午後にかけて働きは次第に弱くなってきて、日が陰ってくる頃になるとほとんど働かなくなるのだ。

この機能パターンは、副腎が生存を支える働きをしていることと深くかかわっている。

despair-513529_640

たとえば、朝には活性が上がらず、本来は活性が下がるべき午後に上がってきたりする、といったことになるのである。

朝、副腎が働かなければ、なかなか起きられず、体がだるいと感じることになるし、午後活性が上がれば、やたらに元気になったりする。

また、夜になってから活性が上がれば、興奮して眠れないということにもなる。そうした傾向がある人は、副腎疲労の可能性がある。ちなみに、副腎の機能を調べるには、唾液のコルチゾール濃度を測定する方法がもっとも有効だ。

副腎の疲労は、まず日内変動の異変にあらわれるが、疲労度が進むと時間帯に関係なく、ホルモン分泌がガクンと減る。

コルチゾールは炎症をおさえるホルモンでもあるので、その分泌が減れば、炎症をおさえられなくなって、アレルギー症状が起こりゃすくなり、また、起きたらなかなか治らないということにもなるのだ。

アレルギーだけではない。炎症全般をおさえる力が弱まることで、たとえば風邪をひきやすくなり、その症状が長引くなど、さまざまな炎症系の症状が起きやすく、治りにくくなってくる。

もっといえば、症状が出ているところは、すべて炎症が起きているわけだから、つまりは、あらゆる病気に対する免疫力、治癒力が極端に低下するのである。

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書INTELLIGENCE)
溝口 徹 青春出版社 2013-02-02
売り上げランキング : 2417

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!