できる男は超少食―空腹こそ活力の源 ! 船瀬 俊介 (著)

シェアする


できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !

「断食をすると頭が冴える」byピタゴラス 飽食の現代、食ベ過ぎが健康によくないことは周知の事実だが、さらに少食にすることで眠っている本来の能力が目覚め、「できる男」に!

飲み会や接待、会食が多いビジネスマンでもラクラク実践できる「少食ライフ」のススメ。

オバマ大統領やマイクロソフト創業者ビル・ゲイツは超少食で有名。

日本でも星野リゾートの星野社長、ジャパネットたかたの高田社長、ビートたけし、タモリ、福山雅治は1日1食。

スポーツ界でも小野伸二は1日1食。 各界で活躍する人に少食実践者は多く「大食=できる男」という図式は成り立たない。

1999年のサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の発見により、少食長寿は医学的にも立証されました。

その長寿遺伝子をスイッチオンにするのはカロリー制限、つまり空腹感だということが明らかになったのです。

さらに、消化吸収のために使われるエネルギーが排毒に向けられるため、病気が治ります。 病気の元凶”体毒”がデトックスされるのですから当然です。

そして肌が若返ります。若さとともに美しいプロポーションもよみがえるのです。

日本においては、明治から大正・昭和にかけて、東大、京大、九大、愛知医科大をはじめ多くの大学・研究者の間で、断食の効果についての研究が行われてきました。

そこで、明らかになったのは断食の一つに、「免疫力の驚異的な増大」があげられます。

日本の免疫学の権威、安保徹博士(元新潟大学教授)は、ファスティング効果を絶賛しています。

「断食は最高の治療です。白血球の一種マクロファージは、極限の飢餓状態にもっていって、はじめてわかるすごい作用がある」

さあ、大食いと超小食、あなたはどちらの人生を選びますか?

 【少食の効果】 頭が冴える、体が軽くなる、集中力アップ、疲れない、短眠でも大丈夫、 若さがよみがえる、精力絶倫! 、メタボ解消! 、細マッチョになる、加齢臭が消える、 お金の余裕が生まれる、時間の余裕も生まれる

【挫折しないために】 朝食抜きのプチ断食からゆっくりと、 腹八分目が鉄則、飽食に長寿なし、 「やけ食い」「ながら食い」はメンタルの問題、 週末断食で一週間の毒をデトックス、 食べ過ぎたら翌日ファスティングすればOK

【常識のウソ&思い込み】 三食のうち一食は医者のため、 「腹がへるほど好調」が正常体、 過食・甘いもの好きほどイラつく理由、 最終的には若い頃の体重に落ち着く、 「カタカナ食」から「ひらがな食」へ

【少食と健康】 免疫力・自然治癒力が驚異的にアップ、 「食」と「腸」の乱れが万病のもと、 食べ過ぎで血糖値上昇なら食べなきゃ治る 心の病も断食療法で7割治った

できる男は超少食―空腹こそ活力の源 !
船瀬 俊介 主婦の友社 2015-03-16
売り上げランキング : 2393

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!