ねぎは現代日本人の体質改善に大いに役立つ食品 

シェアする

森下敬一 『食べもの健康法』●ねぎ

88b67e81ad28e11baa8fe9589c1eba2d_s

駅の構内にある立ち食いそば屋のおやじさんがいうには、ねぎを入れる人と入れない人は半々ぐらいだそうだ。

食物の好き嫌いは微妙なもので、ねぎそのものは嫌いではないがそばに入れるのはいやという人もいるだろうし、衛生を考えての辞退かもしれない。

だから、いちがいにねぎを食べない人が多いとは言えないけれど、現代日本人の体質改善に大いに役立つ食品だから極力食べたいもの。

ねぎには特有の辛味とツンと鼻にくる匂いがある。

それは硫化アリルが含まれるためで、この硫化アリルは、ビタミンB1効果を著しく高める作用を持っている。

まずB1と結合することによって、B1分解酵素であるアノイリナーゼの作用から、B1を守る。

その上、B1の吸収をよくし無駄なく利用されるようにする。

ビタミンB1不足になると、炭水化物の代謝が傷害されて乳酸などの中間代謝産物をはじめとした老廃物が組織に停滞してしまう。

その結果、疲れやすい、根気がない、イライラする、冷え性、寒がりなどのいろいろの障害が起こりやすくなる。

ビタミンB1効果を高めるねぎを大いに活用すれば、それらの障害を防止できるわけだ。

白米や白パンなどの精白食品や、食品添加物入り食品などを常食していると、間違いなくB1不足になる。

食品自体にB1が不足している上に腸内アノイリナーゼを大量発生させるからだ。

green-onion-699943_640

ねぎを積極的に摂取する必要があるゆえんである。

また、体を温める作用を持つのも、ねぎのすぐれた特性の一つ。これは、ねぎの原産地がシベリアという極寒の地であることとも関連がある。

大きな耐寒能力を蔵しているわけだ。

この体を温める作用は、内臓の働きを盛んにし血液循環をよくする効果となってあらわれるから基礎体力は増強され、スタミナも強化される。

また発作・利尿が促され、タンの排出も促進される・・という具合に、体内の余分な水分や蛋白性老廃物が速やかに排除されるので、血液はきれいになり、新陳代謝は盛んになる。

このため、ねぎを常食していると胃腸病、冷え性、むくみが治り、不感症や陰萎も解消し、結核や脱毛の防止に役立つ。

ねぎはなるべくナマか、ナマに近い状態で利用したほうがよい。

なお、次のような手当て法を知っておくと便利。

カゼの引きはじめで頭痛や鼻づまりのあるときは、ねぎの白い部位を細かくきざみ、味噌、少量のおろし生姜を加えて熱湯を注いでかき回し、熱いうちに中身ごと飲んで寝ると卓効がある。

351d93ff498dffbb2bb13034c6ab7a38_s

シモヤケには、ねぎを煎じた汁に患部を浸すと有効。

また、ねぎの煎じ汁と塩を入れた薬湯は、リウマチの痛みを解消させる効果がある。

ねぎとコーフーのぬた

材料(6人分)

・長ねぎ・・・2本
・コーフー(小麦蛋白で麩の原料)・・・140g
・生わかめ・・・50g
・しょうが・・・1かけ
・しょう油、だし汁・・・少々
・白みそ・・・80g
・米酢・・・大さじ1
・自然塩・・・少々

<作り方>

①長ねぎは5cmのぶつ切りにし、太いところは縦半分に切り、塩を少々入れた熱湯に通し、ざるに上げて水気を切ります。

②わかめも熱湯をかけて水に取り、水気を切って3cmぐらいにきります。

③コーフーは厚さ5mm、長さ2cmのたんざく切りにして、だし汁、しょう油を少々入れて、下煮しておきます。

④しょうがはごく細い千切りにします。

⑤白みそ、米酢、塩をよく溶き混ぜて、材料を和えます。 

焼きねぎの味噌汁

材料(4人分)

・長ねぎ・・・1本
・うずまき麩、粉さんしょう・・・少々
・だし汁・・・4カップ
・みそ・・・80g

<作り方>

①長ねぎを3cmにぶつ切りし、網でこげ目をつけて焼き、味噌汁に麩とともに浮かせます。

【こちらもオススメ】

玄米は「完全食」という呼び方がまさにピッタリの食品

論より証拠!ガンをなおす「いずみの会式玄米菜食」

【完全保存版】解毒作用を持つと言われている食べもの特集3!


森下先生の提唱する【腸管造血】を今一度、世に問いましょう! ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

森下自然医学メールマガジン 

無料登録はこちらから⇒ https://ws.formzu.net/fgen/S64007955/

oem_doctor_morishita

森下敬一 (もりした けいいち) 医学博士

お茶の水クリニック 院長 千島・森下学説『腸管造血』提唱者

東京医科大学卒業後、生理学教室に入り、血液生理学を専攻。千葉大学医学部より学位授与。

新しい血液性理学を土台にした自然医学を提唱し、国際的評価を得ている。

独自の浄血理論と、玄米菜食療法で、慢性病やガンなどに苦しむ数多くの人々を根治させた実績をもつ自然医学の第一人者。

著書に「血液をきれいにして病気を防ぐ、治す 50歳からの食養生 」「ガンは食事で治す」など約80冊がある。

森下敬一 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!