Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力 船瀬 俊介 (著)

シェアする


番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力

ガンを防ぐ「和食」パワー

■ 番茶がぶ飲み! 胃ガンが8割激減だ
■ ゴマがけご飯で乳ガンが4割も減る
■ ゴマ食いで老化防止! 6割も若返る
■ 海苔のバカ食い! 大腸ガンが8割減
■ 淑女よ海苔を食え! 乳ガン6割減だ
■ 味噌汁で肝臓ガンは3分の1に減る

第2部 これぞ驚異の和食パワー 番茶のがぶ飲み、ゴマの黒がけ、海苔のバカ食い より

①番茶のがぶ飲みーー胃ガンが五分の一に減る

毎日がぶがぶ水がわり、わが健康法「番茶のがぶ飲み」

これは、わたしの健成法の筆頭です。

無農薬の番茶を宅配便で取り寄せ、ナベにたっぷりお湯を沸かす。そこに番茶をドカッと放り込む。

お茶をいれるというより煮出すといった感じ。冷まして、ガラス容器などに詰めて冷蔵庫へ。

それをガブガブ・・・水がわりに飲む。理由は、まず卓抜したガン予防効果です。

まさに“民間茶の王” のスーパー効能です。

たとえば、緑茶カテキン(EGCg)を含む飲み水を三か月マウスに与えると、発ガン割合が与えない群にくらべて三分の一以下になった。

これは、ちょうどヒトが緑茶一○杯飲んだ量と同じ(埼玉県立がんセンター、藤木博太医師ら)。

22ed0e24f91a4aa969a5f555fed7ae2d_s

お茶で大腸ガンも半減します。渋味成分ポリフェノールを○・○一%添加の水をラットに与えると、発ガン率は、水だけ群七七%に対して、三八%と見事に半減しています(京都府立医大、山根博士)

一日、番茶10杯以上がおすすめ

女性の平均発ガン年齢は、緑茶一日三杯以下では六五歳。ところが10杯以上は七四歳と大幅に遅くなる。

七九歳までにガンにかかる確率は三杯以下が21%。10杯以上が10%・・・・。

と、多く飲む人ほどガンにかかりにくいことがハッキリしています(同センター・疫学部、中地敬主任研究員ら。8552名、九年間、追跡調査)。

海外研究でも、強い発ガン物質を投与したマウスの発ガン率は90%以上。

発ガン物質投与後も緑茶を飲ませ続けたマウスの発ガン率は37~40%に低下したのです(米ラトガーズ大学、アラン・コーニー博士)。

茶所は、胃ガン死亡率二○・八%だ

緑茶は胃ガンを防ぐ……!

一九七三年。厚生省の人口動態統計で興味深い事実が浮き彫りになりました。

静岡県はガンによる死亡率がグンと少なかった。静岡県立大学(短期大学部)の小国伊太郎博士は、緑茶を飲む量との関係に着目した。

胃ガンによる死亡率を全国平均一○○とすると、静岡県は八○・八%(男性)と少なく、さらに中川根町(現、川根本町)では二○・八%(同)とビックリするほど死亡率が低い。

この町は「川根茶」の産地として知られ、「食事のとき以外でも、たびたびお茶を飲む」と回答した人が、他の胃ガン発生率が高い町とくらべて二倍以上。

また「茶葉も、そのつど取り替える」「濃いめにだす」と答えた人も多かった。

つまり、濃いお茶をがぶ飲みしている町では、男性の胃ガン死亡率は五分の一に激減してたのです(ちなみに女性は二九・ニ%)。

そこで、小国博士は「緑茶を飲むほど、胃ガンを抑制する」という結論に達した。

②食べよ!ゴマ ーー現代医学も立証、老化は六割減!

「五臓を補い元気や体力を益す・・・・・・」

たとえば、エジプトから出土した世界最古の医学文献(BC1552年)には「ゴマの効用」が説かれています。

また医聖として名高い古代ギリシアのヒポクラテスは「ゴマは活力を生み出す優れた食品」と明言しています。

中国の古典的医学書「神農本草経」(前三世紀)にも「・・・内臓の機能が傷ついた病気や、弱り衰えた病人を治すことができる。

五内と呼ばれる肝臓、心臓、牌臓、肺、腎臓の五臓の機能を補い、元気や体力を益し、肌の肉づきを成長させ、骨の髄液や、脳を充たす作用がある。

久しく服用すれば、だんだんと身が軽くなり、年をとっても老いがないようになる・・・」と記載されています。

はやく言えば臓器を活性化させ、骨、脳を若々しく保ち、老化を防ぐスーパー健康食品であることが、この古代医学書からもわかります。

これらの効能は、現代科学の細密な解析で、つぎつぎに立証されています。

sesame-1270417_640

驚異の抗酸化作用が“超効能”の秘密

「老化防止」作用ーーその秘密は、ゴマ油の極めて優れた抗酸化性に秘められています。

たとえばゴマ焙煎油は、六○℃の解放試験でも数十日たっても酸化されない。これは、他の植物油では考えられない。驚異的な抗酸化機能です。

老舗の天魃羅屋は、胡麻油を最上の揚げ油と珍重する。それも故あってのことでした。

俗にいう活性酸素(フリーラジカル)が、疾患の九割以上の元凶となっています……。これは、もはや常識です。さらにガンや老化なども“酸化”によって引き起こされます。

「高脂血症」治療薬をしのぐゴマパワー

ゴマは「老化を防止」します。まず、その抗酸化機能によって動脈硬化が予防されるからです。血清中の過酸化脂質(MDA)が動脈硬化の元凶です。

対するゴマ成分(セサミノール) の抑制効果を測定したものです。医者が高脂血症の治療薬として処方するプロプコールと比較すると、なんという皮肉!

ゴマ成分は市販の「高脂血症」治療薬より、はるかに、優れた抑制効呆を発揮しているのです。

医者には「高脂血症の患者には、これらクスリよりゴマ油を渡しなさい」と言いたい。

③海苔 ーー海の野菜で、大腸ガンが八割減!

海苔をバリバリ!ガンにならないゾ

海苔のバカ食いーー。わたしは、ほぼ毎日、海苔をバリバリ食う。ソバ、そーめんのつゆにちぎって入れる。しょうゆをつけご飯に乗せて食べる。ビールや酒のつまみに、焼き海苔をゴマ油としゅうゆに付けつまむ。

これは、なかなかオツなもの。ウドンやラーメンなどにも、かならず、つゆの表面が真っ黒になるほど海苔をいれる。

急ぐときは練り海苔をごはんに乗せて食べる。その第一の理由は、まずガンにならないため。

ガンの大きな原因が活性酸素です。これは、もう多くの人が知っています。

「・・・(活性酸素が)増え過ぎると正常な細胞まで攻撃して、その結果ほとんどの病気の原因をつくりだします。その一つがガンです……」(『海苔の驚くべき効用』野田宏行他著、チクマ秀版社)。

ビタミンCなどが活性酸素を抑える

ガンにならないためには、活性酸素のはたらきを抑えればいい。

「……それに有効なのが抗酸化物質と呼ばれる成分です。ビタミンE、ベータカロチン、ビタミンC、メラトニン、共役リノール酸などが、それに該当します」「海苔には、これらの成分の多くが含まれています」(同書)。

つまり、悔苔は抗ガン物質の宝庫なのです。

ガン細胞を攻撃、免疫力をアップ

海苔には直接ガン細胞を攻撃するアタック成分も含まれます。

ベータカロチン、アルフアカロチン、ゼアキサンチン……がガン攻繋する。

これらは太陽光から炭水化物をつくる光合成の補助色素。

それが、ガン細胞をやっつけてくれるから心強い。海苔をお湯に溶かすとヌルヌルする。

これは水溶性糖質で全体の約三○%も含まれます。大部分がポリフィランと呼ばれる成分。

「……これが、マクロファージを刺激し、ヘルパーT細胞をつくり、それによって免疫力を強化させ、ガンの発生を防ぐ」(同書)。


われわれは、自分の食べたいものを選んで食べているとかんちがいしている。

実は、巧妙なマインド・コントロールで“餌づけ”されている。テレビCM、マスコミ報道、政府の栄養政策、学会報告などなど。

ガンの最大悲劇も、「食べまちがい」の悲劇だ。

この一冊で、自然に則って生きる術を、身につけて欲しい。日々の健康を実感し、喜び、充実した生を生きて欲しい。

そして、何も知らずに「食べまちがっている」友人、知人にさりげなくおしえてあげて欲しい。

それが、わたしの願いです。

番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力
船瀬 俊介 花伝社 2014-11-26
売り上げランキング : 39139

by ヨメレバ