番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力 船瀬 俊介 (著)

シェアする


番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力

ガンを防ぐ「和食」パワー

■ 番茶がぶ飲み! 胃ガンが8割激減だ
■ ゴマがけご飯で乳ガンが4割も減る
■ ゴマ食いで老化防止! 6割も若返る
■ 海苔のバカ食い! 大腸ガンが8割減
■ 淑女よ海苔を食え! 乳ガン6割減だ
■ 味噌汁で肝臓ガンは3分の1に減る

①番茶のがぶ飲み

毎日がぶがぶ水がわり、わが健康法、わたしの健成法の筆頭です。

無農薬の番茶を宅配便で取り寄せ、ナベにたっぷりお湯を沸かす。そこに番茶をドカッと放り込む。

お茶をいれるというより煮出すといった感じ。冷まして、ガラス容器などに詰めて冷蔵庫へ。

それをガブガブ・・・水がわりに飲む。理由は、まず卓抜したガン予防効果です。

まさに”民間茶の王” のスーパー効能です。

たとえば、緑茶カテキン(EGCg)を含む飲み水を三か月マウスに与えると、発ガン割合が与えない群にくらべて三分の一以下になった。

これは、ちょうどヒトが緑茶一O杯飲んだ量と同じ(締玉県立がんセンター、藤木博太医師ら)。

22ed0e24f91a4aa969a5f555fed7ae2d_s

一日、番茶10杯以上がおすすめ

女性の平均発ガン年齢は、緑茶一日三杯以下では六五歳。ところが10杯以上は七四歳と大幅に遅くなる。

七九歳までにガンにかかる確率は三杯以下が21%。10杯以上が10%・・・・。

と、多く飲む人ほどガンにかかりにくいことがハッキリしています(同センター・疫学部、中地敬主任研究員ら。8552名、九年間、追跡調査)。

海外研究でも、強い発ガン物質を投与したマウスの発ガン率は90%以上。

発ガン物質投与後も緑茶を飲ませ続けたマウスの発ガン率は37~40%に低下したのです(米ラトガーズ大学、アラン・コーニー博士)。

では、なぜ番茶か。静岡大学は、番茶、煎茶、抹茶、ほうじ茶・・・など八種類の緑茶を比較実験。

ほうじ茶以外に、すべてガン抑制効果が確認された。番茶以外は、ほほ同じだった。

ところが番茶は中でもずば抜けた効能を示し研究者を驚かせた。

中でも鹿児島産の夏場の二番茶、三番茶がもっとも効果があった。強烈な太陽の陽射しの恵みでしょう。

安い番茶ほど薬理効能がある。嬉しい話ではないですか。

aids-163207_640

エイズ(HlV)にも効くぞ・・・!

お茶には、エイズ(HIV)ウィルス増殖を抑える作用もあります。

愛知がんセンターは、お茶カテキン(ECg、EGCg)に、エイズウィルス増殖を強く抑える作用があることを証明した。

当時、最もすぐれたエイズ治療薬と言われたAZT(アジドチミジン)の20~30倍の効能というからスゴイ。

ガン患者だけでなく、エイズ患者も、番茶を飲ませるべきです。

少なくとも、お茶のカテキンが、エイズウィルスが増殖する初期段階を抑える効果があるのです・・・・・・。

「グリーンティはヘルシードリンク!」と海外で緑茶ブームが加熱するのも、当然でしょう。

海外への緑茶輸出量も近年10年で倍の勢いです。

②食べよ!ゴマ

「五臓を補い・元気や体力を益す・・・・・・」

たとえば、エジプトから出土した世界最古の医学文献(BC1552年)には「ゴマの効用」が説かれています。

また医聖として名高い古代ギリシアのヒポクラテスは「ゴマは活力を生み出す優れた食品」と明言しています。

中国の古典的医学書「神農本草経」(前三世紀)にも「・・・内臓の機能が傷ついた病気や、弱り衰えた病人を治すことができる。

五内と呼ばれる肝臓、心臓、牌臓、肺、腎臓の五臓の機能を補い、元気や体力を益し、肌の肉づきを成長させ、骨の髄液や、脳を充たす作用がある。

久しく服用すれば、だんだんと身が軽くなり、年をとっても老いがないようになる・・・」と記載されています。

はやく言えば臓器を活性化させ、骨、脳を若々しく保ち、老化を防ぐスーパー健康食品であることが、この古代医学書からもわかります。

これらの効能は、現代科学の細密な解析で、つぎつぎに立証されています。

sesame-1270417_640

「降圧剤」より、ゴマかけごはん

セサミンの驚異的な降コレステロール作用のメカニズムには、まず小腸からのコレステロール吸収阻害があります。

実験は吸収率は約50%から35%に劇的に低下しています。

セサミンのコレステロール吸収阻害を証明しています。ゴマ成分で血中の悪玉のコレステロールが抑制される・・・ということは、高血圧も抑えられます。

ラットの血圧に対するセサミンの降圧効果は200(mmHg)弱の高血圧がセサミン投与で155(mmHg)まで劇的に下がっています。

なんとも感心するほどの高血圧の改善です!

私の知人に、医者からもらった「降圧剤」を真面目に毎日飲んでいる人が何人もいるが、その人たちに、この結果を、見せてこう言ってやりたい。

「ごはんにスリゴマかけて食ったほうが、はるかにマシだよ!」

クスリ買うよりゴマを食え

老化防止から動脈硬化防止、高血圧を治療する、高コレステロール症には市販の医薬品より効果があり、悪酔いを防いで、ガンまで防いでくれる。

drug-1070943_640

これなら、市販の保健薬や、病院で医師が処方する医薬品より、ゴマ料理を美味しくいただくほうが、はるかに、はるかに賢い。

これは、赤ん坊でもわかるリクツです。さらに、医者の配合する化学医薬剤は、医者は絶対教えてくれぬが、恐ろしい副作用を秘めている。

その副作用で死んでも、医者は絶対、それを教えてはくれない。なのに、医者からもらったクスリを、人々は後生大事に飲んでいる。

なんと、愚かで悲しい光景だろう。高いクスリ飲むよりゴマを食え!これを今日から実行しよう!


われわれは、自分の食べたいものを選んで食べているとかんちがいしている。

実は、巧妙なマインド・コントロールで”餌づけ”されている。テレビCM、マスコミ報道、政府の栄養政策、学会報告などなど。

window-1231893_640

ガンの最大悲劇も、「食べまちがい」の悲劇だ。

この一冊で、自然に則って生きる術を、身につけて欲しい。日々の健康を実感し、喜び、充実した生を生きて欲しい。

そして、何も知らずに「食べまちがっている」友人、知人にさりげなくおしえてあげて欲しい。

それが、わたしの願いです。

番茶・ゴマ・海苔・味噌 和食の底力
船瀬 俊介 花伝社 2014-11-26
売り上げランキング : 39139

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!