腸をきれいにする 奇跡の「煮あずき」ムラキテルミ (著)

シェアする


腸をきれいにする 奇跡の「煮あずき」 (余命3カ月のガンが消えた1日1食奇跡のレシピ2)

食べない健康法

二〇〇九年五月、肝臓ガンで余命三カ月の宣告を受けた私は、病気治療に専念するために引っ越した熱海で、せっせと身辺の整理をしていました。

書棚の片づけにとりかかったとき、一冊の本が飛び出すように落ちてきて、私のおでこにあたったのです。

その本のタイトルは『食べない健康法』。知人からいただいた本でした。

このことが、著者である医学博士・石原結實先生とのまさに奇跡的な出会いへと導かれました。

余命期限ぎりぎりに、石原結實先生の診断を受ける幸運に恵まれ、ご指導を頂きました。

thermometer-833085_640

*一切の薬を止めること。

*低体温を改善すること。

*朝の人参りんごジュース、昼の生姜紅茶、夕食は、軽い和食「一日一食」にすること。

気の抜けるほど簡単なアドバイスを、忠実に守ること、一三カ月……。

肝臓のガン腫瘍も、血液ドロドロだったガン腫瘍マーカーも、跡形もなく消え失せてしまったのです。

ガン宣告を受けて、六年。『ガンは自宅で治す!』を出版して五年の月日が流れました。

この間、ガンと向き合う多くの方と出会いました。

私も含め、ガン患者の方々の共通点に気づきました。

plumber-1160822_640

「冷え症」と「便秘」です。

「冷え症」だから「便秘」なのか?

「便秘」だから「冷え症」なのか?

気づいた頃は、どちらが原因なのか、わからずにいました。ところが、根深く治り難いのが「冷え症」であることがわかりました。

「便秘」に対しては、いくつかのアプローチ法を見つけております。

まずは、「便秘」を改善し、願わくば、「宿便」をもデトックスして、「冷え症」を克服して頂きたい。血液浄化への最短のアプローチになります。

腸が汚れていることで、美しい血液を自らが作れていないのです
腸を美しくしないと!

”腸のトラブルは、煮あずきで宿便をとること”

red-beans-587592_640

食物繊維をたくさん含む食材の中でも、豆類は多い事で知られ、あずきは100グラム中に、17.8グラムも含まれます。

なんと、白米の22倍です。食物繊維の代名詞のゴボウでさえ、5.7グラムですから、いかにあずきが食物繊維をたっぷり含むことか!

あずきの皮には、赤ワインよりも豊富なポリフェノールが含まれています。ポリフェノールには、活性炭素を除去する働きがあります。

またあずきの持つ抗腫瘍活性機構として、ガン細胞のアポトーシス(自然死)を誘導し、その結果、ガン予防に効果を上げることも、確かめられています。

あずきは、ガンを予防する機能性食材なのです。

問題は体の内側です。

ご一緒に体内神秘の力が働く体を作ってまいりましょう。

腸をきれいにする 奇跡の「煮あずき」 (余命3カ月のガンが消えた1日1食奇跡のレシピ2)
ムラキテルミ ロングセラーズ 2015-05-28
売り上げランキング : 8054

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!