牛乳は子どもによくない  佐藤 章夫 (著)

シェアする


牛乳は子どもによくない (PHP新書)

牛乳はすばらしい飲み物である。ただし、仔ウシにとって。

「なぜあなたは牛乳の悪口ばかり言うのか」としばしば難詰される。

「何を飲もうと勝手であるが、牛乳は単なる飲み物ではない。ミルクという白い液体は小さく生まれた哺乳類の子どもを速く大きくするために母親が分泌する成長促進剤である。

しかも、最近の牛乳は妊娠しているウシから搾られていて、女性ホルモンの含有量が多い。たとえ愉しみのために口にするにしてもできるだけ少量にすべき代物である。

glass-1379877_640

それなのに日本政府は、法律で児童・生徒に牛乳という特定の食品を強要してきた」と答えることにしている。

文部省(現文部科学省)は1954年の学校給食法の制定から現在にいたるまで、給食の献立に牛乳を加えることを強制してきた(最近では牛乳を使わないとカルシウムの摂取基準に達しないという据め手を用いるようになった)。

古今東西、一国の政府がこれほどまでに特定の食品にこだわったためしがあっただろうか。

他の思惑もあったかもしれないが、牛乳飲用の法による強要は日本の将来を担う子どもためという純粋な動機で始まったと推察される。

アメリカに完膚なきまでに叩きのめされた日本。

flag-75047_640

「彼らはなんであんなに大きいのか。アメリカにあって日本にないものは何か。牛乳である。子どもに牛乳を飲ませよう」と役人が考えても不思議はない。

勝者たるアメリカ人に対する畏れと憧れから、一般の日本人が進んで「パンと牛乳」を受け入れた側面もあった。

学校給食で牛乳を強制するためにはそれなりの根拠を示さなければならない。強調されたのは「児童・生徒の体位の向上」であった。

体位の意味するところは体格(とりわけ身長)である。

「アメリカ人は牛乳を飲む。牛乳にはカルシウムが多い。アメリカ人のようになるにはカルシウムが必要だ。日本の子どもに牛乳を!」ということになった。

牛乳を飲めばアメリカ人のようになれるのか。答えはN0である。最終身長は遺伝で決まっている。

詳しくは本文で述べるが、どんな食事でも充分に食べれば遺伝の許す範囲で身長は伸びる。

milk-933106_640

児童が成長促進剤を飲めば早く背丈が伸びるだろうが、その分早く伸びが止まってしまう。

どんなにカルシウムを摂っても背丈が伸びないのは、設計図が平屋の建物にいくらセメントを運んでも2階建てにならないのと同じ理屈である。

「骨粗鬆症にならない」も牛乳のセールスポイントであった。

ほんとうに骨が丈夫になるのか。答えはNoである。

牛乳消費量の少ない日本人の骨は欧米人の骨より脆いのか。答えはNoである。

牛乳を飲むようになった現代日本人の骨は牛乳をほとんど口にしなかった戦前の日本人の骨に比べて丈夫なのか。答えはやはりN0である。

skeleton-778069_640

食育基本法(2005年)に沿って学校給食法が改訂されても(2009年4月)、牛乳の強要は続いている。

文部科学省は牛乳強制の事実を隠したがっているようだ。

「牛乳」という単語は学校給食法にも学校給食法施行令にもない。登場するのは下位法令の学校給食法施行規則である(ただしミルクという言葉になっている)。

施行規則によると、ミルクのつく給食のみが学校給食である。

学校給食の目的が栄養から食育になった現在でも、文部科学省は依然として牛乳のない献立を学校給食として認めていない。

c95bc854cf0a3e15c03d751cc8e7362e_s

文部科学省は2008年10月30日付けのスポーツ・青少年局長通達で、

「学校給食においてカルシウムの供給源としての牛乳が毎日供給されていること」

「学校給食がない日はカルシウム不足が顕著であり、カルシウム摂取に効果的である牛乳等についての使用に配慮すること」と念を入れている。

学校給食法制定からすでに半世紀も経過した。純粋な動機で始まったものでも50年も経てば錆びる。

もうそろそろ強制ではなく、飲みたい子どもだけが牛乳を飲むということにしてもよいのではないか。

牛乳は子どもによくない (PHP新書)
佐藤 章夫 PHP研究所 2014-12-16
売り上げランキング : 170932
by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!