Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「免疫系」へのリフレクソロジー

シェアする

リフレクソロジーというと、臓器などの反射区が一般的です。

しかし、デンマークでは、神経や筋肉など、その他の反射区も足に存在します。

今回は、「免疫系」の反射区として、デンマークのリフレクソロジースクール「タッチポイント」の施術法を、荻野麻里さんが紹介します。

取材•文◎山村浩子

反射区は「臓器」だけではない免疫系への刺激で施術効果UP

20~30代の頃、テレビ番組制作やファッション業界のPRなど、多忙な日々を送っていた荻野さん。

「その後、アメリカに渡り、出合ったのがリフレクソロジーでした。1997年当時は、日本ではまだあまり知られておらず、足への施術で全身が癒されることに感激し、勉強を始めたのです」

そして翌年、全米の認定試験ARCBに合格。ニューヨークのホスピスでボランティア・リフレクソロジストなどの経験を積み、帰国後、2000年にセラピールームを開設。

その頃には日本でも認知度が高まっており、リフレクソロジー発祥の地である本場アメリカの技術と理論を伝えるセラピスト人生がスタートしたのです。

その後もさまざまなセミナーで勉強を続けるなかで、デンマークのドーテ&ピーター夫妻が実践する「タッチポイント・リフレクソロジー」を知ります。

これはアメリカ式のものと、どこが違うのでしょうか?

「一般的に、足には臓器や器官などの反射区があると知られています。このタッチポイント・リフレクソロジーではそれらに加え、免疫系(=リンパ系)や神経系、筋肉系の反射区もあるのが特徴です」

今回は、その一つである免疫系(リンパ系)を見てみましょう。

免疫系の働きは、体内で病原菌や異常な細胞などを認識し、それらを殺滅して、身体の健康を維持する働きをしています。

たとえば、ウイルスなどの外敵が体内に侵入し、炎症が起こると、そこにリンパ球が駆けつけて症状を鎮めます。

「実は多くの身体の不調は、こうした〝炎症〟から始まっていると言えます。筋肉痛や関節痛、胃痛などもその一つです。

また、最近ではアレルギー、リウマチ、子宮内膜症などの自己免疫疾患も増えています。

これは免疫系が自己組織を異物とみなし、過剰な免疫反応を起こす状態です。

免疫系リフレクソロジーはそれらの炎症を鎮め、免疫系に関係する臓器や器官の機能を正常に導いていきます」

免疫系の反射区は、各リンパ節や免疫に関与する部位へのアプローチになります。

たとえば、足裏の母指の付け根は頚部リンパ節、母指と第2指の股は静脈角の反射区です。

この部位は一般的なリフレクソロジーの、頭部や首、目、喉などの反射区とも重なる部分です。

ここをどう区別して刺激すると、免疫系に伝えることができるのでしょうか?

「セラピスト自身の意識を変えて施術することです。リンパの働きを正常に導くイメージをしながら行ってみてください。

また、クライアントに『これから頚部リンパ節を刺激しますよ』などとお声がけをすることもあります。

実は〝イメージをして、エネルギーを注ぐこと〟は、一般的なリフレクソロジーにおいても、とても大切です」

意識することで免疫系にもアプローチが可能!

これならいつもの施術にプラスすることができそうです。

主な免疫に関係する反射区を58頁にまとめたので、ご参考に!

「つまり免疫系リフレクソロジーとは、臓器にばかり注目していたものを、〝働き〟に視点を変えたものと捉えることもできます。2〜3分ほどの施術ですが、『とにかく気持ちが良い』と感想をいただいています」

セラピー大国デンマークだからこその実力!

タッチポイントのあるデンマークでは、医療費が無料です。しかしながら、セラピーもとても盛んだといいます。

「デンマークでは不調を感じたら、まずホームドクター兼カウンセラーに相談します。

そして、症状や重症度などによって、医療機関の受診が必要か、セラピーを受けるほうが得策かを判断します。

薬も多飲すれば、身体に負担がかかるので、必要がなければ飲まないに越したことはないですよね」

国としても無駄な医療費を使わなくて済み、国民も適切なケアが選択できる、非常に合理的なシステムです。

そのためか、国民のセラピーへの関心が高く、ドクターとセラピストの立ち位置はほぼ同等なのだとか。

そんなセラピー大国であるデンマークで高い評価を受けているのが、このタッチポイント・リフレクソロジーなのです。

「足は身体やメンタルを映す鏡。足からその人を観察する楽しみを、是非知っていただきたいですね」

セラピスト 2019年2月号より

隔月刊『セラピスト』は、アロマテラピー、ロミロミ、整体などのボディセラピーから、カウンセリングをはじめとする心理療法、スピリチュアルワークまで、さまざまなジャンルを扱っている専門誌です。

[雑誌公式サイト]
http://www.therapylife.jp/

[雑誌販売サイト]
http://therapist.fe.shopserve.jp/SHOP/THERBACK_90.html

FBページ: https://www.facebook.com/therapylife.jp


セラピスト 2019年 02月号