うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ 内海 聡 (著), 小鹿 俊郎 (著), 松野 雅樹 (著)

シェアする


うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ

水素は究極の抗酸化物質=還元剤か?

今流行っている治療法?健康水?として水素水というものがあるのはご存じでしょう。

まがいものや薄くて効果が期待できないもの(一般的な大企業の水素水、イオン水など)も流布しているので、ここでは基本を皆さんに考えてもらいたいと思います。

水素水は単一的な物質なので考え方が西洋医学的であり、そのせいか医学界の中でも注
目されています。

美容などで使われることも多いようです。私はしょせん対症療法であるとの認識なので、一道具であるとしか思っていませんが、これに過剰な期待をかけている人もたくさんいるようです。

〈酸化〉とは電子や水素を失い酸素と化合することであり、〈還元〉とは水素と化合するとか酸素を失うことであり、電子をもらうことでもあります。

元素や物質は絶えず酸化や還元によって安定しようとしており、酸化が進むと老化や病気になっていくわけです。

活性酸素を還元するのに、これまではさまざまな抗酸化物質が注目されていましたが、水素はある意味究極の抗酸化物質=還元剤なので、これを利用しようと人間は考えたわけですね。

活性酸素は中間物質として、老化や炎症反応やがん化などに関係していると言われています。

活性酸素はミトコンドリアから発生します。

酸素は人体において必要な元素でもあるのですが、場合によっては強力な毒になります。

水素の1番の作用は還元作用であり、活性酸素の活性を奪い還元するために用いられています。

活性酸素を除去するだけでは実は問題解決にはならないのですが、それでも治療や予防として意味はあります。

というのは、酸化する原因を除去できないからです。

食べ物が悪かったり放射能や電磁波に無頓着であれば、水素など何の意味も持ちませんからね。

電子と水素は酸化ストレスを還元する

活性酸素は現代病において非常に注目されている物質です。

電離放射線により、活性酸素の最終形であるピドロキシルラジカルが発生します。

他の要因(喫煙、飲酒、ストレス、肥満、野菜不足、紫外線、排気ガス、過労など)は、活性酸素の中間系を創り出しますので、サプリメントなどが効く可能性はありますが、放射能および放射線に関しては特に問題です。

放射能以外でこれが発生するには、強い紫外線あるいは重金属の存在が必須となります。

生体の大部分は水でできているので、電離放射線の照射によって反応性の高いOHラジカルをはじめとするいくつかの活性種が生成し、これらがDNAと化学反応を起こし損傷を引き起こす。

これが間接作用です。

体内で取り込まれた酸素から発生する活性酸素以外に、外的な要因で発生する活性酸素もあります。

放射線が直接生体分子を傷つける場合もありますが、間接的な影響のほうが一般的には大きいと言います。

だから放射能の問題は内部被曝を考慮しないと意味がありません。

放射能安全派は外部線量しか考慮しませんので、バカと言ってさしつかえないわけです。

抗酸化物質は、抗酸化剤とも呼ばれ、生体内、食品、日用品、工業原料において酸素が関与する有害な反応を減弱もしくは除去する物質の総称です。

有名な抗酸化物質としてはチオール、アスコルビン酸(ビタミンC)、ポリフェノール類などがあり、しばしば還元剤として使われますが、最も有効かつ強力なのは電子そのものであり水素です。

そのような生体反応は酸化ストレスを還元し、細胞損傷や細胞死やがんの発生を防ぎますが、市販の水素水の多くは水素がちょっとしか含まれていません。

水素水サーバーの是非

実はほとんど知られていませんが、昨今の安い水素水にはいくつかの問題があります。

まずはPHが高く中性でないこと、水素が抜けやすい、そして電気分解型の水素水の場合、その水素水にフリーラジカル(活性酸素)が発生するという、本末転倒なことが起こるのが問題になっています。

これはガス注入式では起こりませんが、海外では安価で過剰広告の場合、訴訟問題にもなっているくらいなのです。

そういういきさつがあってこの本の中身になっているわけですが、他によく聞かれるのが水素水サーバーです。

基本的に水素水サーバーは値段が高いことが多く、水素が抜けていくものがほとんどなのであまりお勧めしていません。

しかし水素水サーバにも利点があります。

まず水でも使えるのは大きな利点です。「ありがとうボトル」は水ではできませんから。そして共有ができます。

だから医療機関、スポーツ施設、サロンなどで使われたりするわけです。

この本はマイナスイオン発生器と「ありがとうボトル」の紹介なので、オススメのサーバーは出さないでおきますが、いちおううつみんのセレクトショップにバナー紹介があるので、見たい人は見てください。

こちらをオススメする理由はいくつかあり、セディメントフィルター、プリカーボンフィルター、ROメンブレーンフィルター(逆浸透膜)で臭いと95%以上不純物を取り除き、天然鉱物からつくられたスーパーオールフィルターでミネラル成分を約70種類を添加、メンテナンスはすべて自動で、約1.8ppmの高濃度水素水をつくり上げるからです。

飲料水と分離されたエレクトライザー(電解槽)で生成された水素を、独自のミキシングユニットでミネラルウォーターに溶け込ませるガス注入方式の水素水サーバーであり、しかも水素水が溶けた後に水素が抜けづらく、ペットボトルに封をするだけで何日も持つというのが利点です。

これがわかってくるといちいちパウチの水素水などを買う必要がなくなり、長期的に見るとかなりお安くなっているわけです。

水素を扱うときはどうしてもこの話になるので記載しておきます。参考にしてください。

マイナスイオン電子はソマチッドの工サか

食事、栄養、思想、生き方、いろんなものが健康というものに関わっていますが、それと同じように人体と健康に関わっているものが電子であり電気です。

しかしほとんどの医学者やセラピストが電子や電気については考慮していません。

もしくは考慮していてもマイナスボルトを計測することくらいしか頭にありません。

ここでは一歩進んで電子と電気と人間の関係について考察してみます。

電子還元作用が人体の健康や酸化にとって、重要な防御となるのは説明しました。するまでもあるまい。

問題はその電子や電気は本質的にどこを流れどこに行きつくのか、何が関連しているのかを考察することの重要さです。

そしてそのことは栄養学の限界や、水素および電子の意味不明な効果にも結びついているのですが、ほとんどの人にはオカルトで片付けられてしまっているようです。

マイナスイオン電子(e) の大きさは原子核の1兆分の1センチ(10のマイナス12乗cm) の超微粒子で、これは自然界で最も小さな粒子とされています。

ただ、私はもっと小さい存在があるのではないかと思っています(第2章もご参照ください)。

マイナスイオン電子はソマチッド(ガストン・ネサンが発見した微小生命体と仮説的に考えられているもの) のエサとなっているかもという説が存在します。

そしてそのソマチッドは細胞内のミトコンドリアに電子を供給してします。ミトコンドリアは電子を使って、ATPの合成を行い、エネルギーを生産します。

ミトコンドリアの大きさは約1μ(マイクロ) m=1000ナノm、ソマチッドの大きさは0.5ナノとされています。

ソマチッドはケイ素と炭素の重合体であり、ケイ素は複雑怪奇な治癒結果(たとえば放射能を著しく減弱する)を示すことがあるのですが、無関係ではないかもしれません。

ヒトの生体内に100兆個あり、遺伝子を持たない生命体とされるソマチッドは人の心理に左右されやすいと言われ続けてきましたが、脳が電気信号を主としていることと関係あるかもしれません。

電気は電子の流れでもあり、波は粒子で粒子は波となれば、量子力学的な発想に通じます。

経絡の乱れはソマチッドの乱れ?/ 今の科学で説明できないものを知ろう!

肉食が血液を酸性にするとよく言われていますが部分的には嘘です。

小鹿さんのお話にもありますが、たとえば取れたてのジビエを測定すると、電位測定はマイナスであり酸性に傾いてもいません。

このようなことも考慮せず生体濃縮と動物性食品についても考慮しない栄養学が、まかり通っているのが現実です。

代表格はマクガバンレポートでしょうが、確かにためになることも書いていますが、嘘もけっこう書かれてあるのです。

科学の単一系判断により弱点を晒しているのがレポートの問題といえるでしょう。

話を元に戻すと、とれたての肉は酸性作用がなく電子還元作用を持っていて、特にこれはジビエで顕著に見られます。

市販の肉は電子還元性が弱くアルカリよりも酸性にしやすいのは確かですが、古代民族が健康で長生きした理由を見つけることはそれではできないのです。

千島森下学説提唱者でソマチッドについても観察している森下敬一氏は、東洋医学の経絡はソマチッドの流れであると提唱しています。

これは東洋医学をやっていると非常にわかりやすいのです。


うつみんもビックリ!人体の無限の可能性を教えてくれる〈水素〉と〈電子〉の奥深い世界がここにある。 

・原子にもそれぞれ個性があり、情報が詰まっている 
・マイナスイオンが電磁波を軽減する 
・検査機関も驚いた、常識を覆す多量の溶存水素量 
・薄いほうが効く、漢方薬とホメオパシーに見る周波数と情報伝達のふしぎ 

「……東洋医学的観点において導かれる仮説は、多くの不健康な人々は経絡が乱れ、電子と電気の流れが乱れていて、それはソマチッドが乱れていることでもあり、食べ方と生き方が乱れていることでもあり、まさに水素や電子を欲している状態だということなのです。

……人体にも地球にも無限の可能性があるのであり、それを封じているものこそ人間であり人間の思考なのです。

この本を書いたときに、題名をどうするか迷いましたが、オカルト医学とつけることにしました。

……あえてこうつけるのは今の科学では説明できないものに思いをはせてほしいからです。そして思いをはせるだけでは意味ありません。

私がこれを採用するのは使ってみると効果が莫大だからなのです。」(内海聡/序章より)

うつみんの凄すぎるオカルト医学 まだ誰も知らない《水素と電子》のハナシ
内海 聡,小鹿 俊郎,松野 雅樹 ヒカルランド 2017-06-20
売り上げランキング : 3179

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め