沖正弘がのこしてくれた治すヨガ! 船瀬 俊介 (著)

シェアする


沖正弘がのこしてくれた治すヨガ!

「いつでも感謝し、いつでも笑える心を持ちなさい」

このヨガの教えを体得できれば、あなたの命はいきいきとよみがえってくる。

沖ヨガの開祖であり、著者の哲学の師でもある沖正弘導師の珠玉の智慧を紹介。

――病だけでなく、暮らし・生活、さらには人生をなおすのがヨガの教えである――

ヨガは約5000年以上前にインド地方で生まれたと伝えられます。それは、心身の調和を理想とする哲学であり科学です。

その目的は「自分で自分の肉体や精神をコントロールする」ことです。言い換えれば「どんな過酷な環境に置かれた時でも、それに耐えられる肉体と精神をつくる」  

つまり「人間という生物の持つ能力を最大限に発揮する方法」なのです。

ヨガという言葉は、古代サンクリット語で「つなぐ」という意味です。「宇宙」「人間」をつなぐのです。

自分が大宇宙の一部であると体得する。そこから感謝と愛が沸き起こってきます。

功徳を求めるものは、ヨガをやるな。

沖先生はこう語っています。

「ヨガは、真実をつかみ実行するところに、本当の救いを求めています。ただし、ヨガをやっただけでは、なんの功徳もありません。

わたしは”功徳を求める者は、ヨガをやるな”とも言っています。それならば、功徳はないか、というと十分すぎるほどあるのです。

それは、それをやること自体が最高の功徳であるからです。ヨガでは、「仕事をやらしていただけること自体が最高の報酬である」と教えています」

つまり、金のため、名誉のため、地位のために仕事をするべきではないということです。

勉強の功徳は、勉強させていただけるそのことであり、仕事の報酬は、仕事をさせていただけることなのです。

ファスティング(小食・断食・一日一食)は、万病を治す妙法である。

私は、この真理を25歳の時、ある人物との出会いで知りました。

沖正弘導師 沖ヨガの開祖であり、ヨガの指導者として、国際的に有名です。

沖先生との出会いが、私のその後の人生を決定づけました。沖先生は、私の人生において、哲学の永遠の師です。
ヨガと出会えたことを「私は本当に幸運だった」と思います。それは私の生きる指針となったからです。

私の手元には、沖先生の著作の山があります。

沖先生が残してくださった言葉は、私たちの健康観、人生観に数多くの気づきを与えてくれる宝の山でもあります。

その中から、珠玉の智慧が凝縮した言葉を選び出し、解説させていただきます。

私が先生との出会いによって生きる指針を得たように、きっとあなたの心と身体を良い方向へと導く標となるはずです。

くつろいだ気持ちでページをめくるうち、あなたの”命”にスイッチがが入るその心地よさをゆったり体感していただけるでしょう。

あなたの健康観、人生観に気づきを与え、心と体を変える47のヒント

●丈夫になるのに重要なことは、いかに少なく食べるかの工夫である。

●断食はすべての動物にとって天の与えた心身改造法であり、もっとも効果ある手段である。

●あらゆる健康法はみなヨガの中にある。

●呼吸こそ、心身コントロールのカギである。呼吸法はヨガ行法の中心である。

●運命のつくり主は自分です。自分を励ますものは自分以外にありません。

●病気になるのは健康だからであり、治らないのは不健康だからである。

●台所を薬局にし、食物を薬とせよ。


[もくじ]

プロローグ――いま、このときを“よろこび”で生きる

第1章 食べない智慧――空腹を楽しみましょう

第2章 呼吸を変えれば、身体が変わる――ゆっくり、深く、吐いてみよう

第3章 沖ヨガの教えに学ぶ――神とは生命そのものである

第4章 病気を治すのは、あなた自身――クスリ、病院に頼らなくても大丈夫

第5章 仕事も勉強も超人レベルに! ――その秘訣はヨガが知っている

第6章 美しく豊かに長寿――“今”の至福が、ヨガの理想

エピローグ――もう一度、文明の原点に還ろう!

沖正弘がのこしてくれた治すヨガ!
船瀬 俊介 三五館 2015-09-11
売り上げランキング : 623

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!