日本の真相! 知らないと「殺される!!」 政府・マスコミ・企業がひた隠す不都合な事実  船瀬 俊介 (著)

シェアする


日本の真相! 知らないと「殺される‼」 政府・マスコミ・企業がひた隠す不都合な事実

海上自衛隊・元幹部の言「ここまで書いたら危ないですよ。身辺に注意してください」脅迫・威嚇に屈しない船瀬俊介氏、『日本の真相! 』告発シリーズ最新刊!

まえがき

本書をきっかけに、立ち上がれ若きひとびと

日本国民は、あまりに正直すぎる。つまり、馬鹿正直だ。

かの大戦中でも、新聞、ラジオを心底信じていた。そして、「天皇ヘーカ万歳!」を叫んで敵陣へ突入していった。

今も、まったく変わらない。テレビや新聞が悪質な〝洗脳〟装置であるとは、夢にも思っていない。これを、極楽トンボという。

しかし、そうしているうちに、目の前のニッポンは、極楽ではなく地獄に墜ちていることに、いやでも気づかされる。

日本は、どんどん貧しくなっていく。

「このままでは、アジア最貧国になってしまう」と本気で心配する向きもある。

日本が地獄に向かって転がり始めたのが平成だ。

それから30年間、右肩下がりは止まらない。まさに、失われた30年……。

国際競争力は1位から30位に転落した。マレーシア、タイ、韓国にまで抜かれてしまった。

1年で5位も順位を落とし、さらに、日本は墜ちていく。

株価を見れば日本の凋落がはっきりする。

平成30年間で、アメリカ9.27倍、英国2.76倍、これに対して日本はなんと0.57倍。ほぼ半値に下落している。

世界トップ50に日本企業が36社も占めていた。それが、今やトヨタ1社のみ(35位)。いまや、日本企業は壊滅状態なのだ。

なのに、日本人の7割は平成を「いい時代だった……」と言う。信じられない呑気さ、鈍感さだ。ただただ、あきれ返る。

これぞ、まさにメディア、政府による愚民化の〝成果〟 である。

日本の「報道自由度」は世界72位。「言えない」「書けない」ことだらけ。

今や、それは、アフリカの独裁国家以下……。

大手マスコミは、近年、世論調査もやっていないはずだ。

そう確信するのは、地方紙・中小メディアとの信じがたい〝開き〟である。

たとえば、安倍政権「支持」「不支持」を問う調査で。大手マスコミは「支持」42~51%で「依然、高支持率」と公表している。

ところが「日本農業新聞」は「支持」7%、「不支持」93%。圧倒的大差だ。「埼玉新聞」は「支持」16%。地方紙での支持率もせいぜい10~20%台。

大手メディアの2分の1~3分の1。

同じ国民で、これだけ意見に大差が付くことは絶対にありえない。

結論をいおう。

正しいのは地方紙である。律義に調査を集計している。

だから10~20%台が正しい「安倍政権の支持率」なのだ。大手は談合して「世論調査」結果を捏造している。

この事実を告発する市民団体は「約3年前から、大手マスコミは世論調査そのものをやっていない」と指摘する。

どうせ、大手マスコミは安倍首相のオトモダチ。官邸からの圧力で都合のいい数字を出さざるをえない。なら数百~数千万円も経費のかかるムダな「世論調査」自体をやる意味がない。

日本は、本当に貧しく、不幸な国になってしまった。

国民の「幸福度」は過去最低の58位。若者の自殺率は世界ワーストワン。

かれらの口癖は「死にたい」だ。女性の自殺率も3位。

環境や健康面でも、日本は世界最悪レベルだ。

「単位面積当たりの農薬使用量」と「自閉症・発達障害」は、韓国と共にツートップだ。いずれもアメリカの奴隷国家。そのツケが大量の農薬押し売りであり、その結果としての神経•発達障害なのだ。

かつて、平成維新を日本人に託した経済評論家の大前研一氏は、こう記している。

「……さらば平成、何も変わらないこの国は、ただ沈んでいく」(『週刊ポスト」ビジネス新大陸の歩き方)

彼は平成の終わりにさいして振り返る。

「むなしさを抱えたまま、平成日本が幕を閉じようとしている」

日本は、底無しに貧しく、暗く、沈みつつある。

しかし、そんな日本の苦境を洪手傍観しているわけにはいかない。山があれば谷もある。谷を越えれば山がある。

下りがあれば上りもある。ピンチはチャンスというではないか!

下りでガツンと底を打てば、あとは反発して上に向かうだけだ。

わたしは、本書で日本の姿を赤裸々に描いた。これこそが、日本の真の姿である。手にとった方は、ガク然とするだろう。

ここに書いてあることは、どれ一つとっても大手テレビ、新聞では伝えることはできないはずだ。

マスコミ関係者は、本書のページを繰れば、恐怖で戦慄し、顔は引きつるだろう。

メディアで書いてはいけないことが満載されているからだ。

テレビ、新聞を素朴に信じてきたひとにとっても衝撃だろう。しかし、真実に眼を閉じる者は、未来を見ることもできない。国民の「幸福度」連続世界1位のフィンランド国民は、34歳の若き女性を新しい首相に選んだ。

かの国の教育を根底から変え、世界トップとしたのは、30歳で就任した若き男性文部大臣だ。

わたしは若者を信頼し、未来を託すフィンランドのひとびとを、心よりうらやましく思う。

わたしは、本書をできるだけ若いひとたちに、手にとっていただきたい。

若さこそ、輝ける財産である。

日本にも未来に向けて瞳を輝かせる若者たちが現れるはずだ。

そこから、かならずや新しい日本が始まるはずだ。

本書がそのための一助になることを願ってやまない。

さあ、日本の真相をしつかりと凝視していただきたい。


▼▼▼本書だけが暴露する真相のごく一部

★日本だけなぜ、ガン死者が増えているのか=?抗ガン剤で殺される
★リニア新幹線、JR社長「オレは乗らない」=事故で避難できずに全員死亡
★不正選挙でアベ長期政権は安泰=同じ筆跡の投票用紙を大量に発見
★テレビの世論操作は悪質・悪らつ=街の声インタビューに同一人物が続々
★トヨタが東芝になる日=電気自動車のワナにはまった日本の自動車業界

政府もマスコミもひた隠しに隠す、この国の不都合な真実。

第I部 闇の勢力に支配されているニッポン
第II部 殺人医療に有害食品、次々はげる化けの皮
第III部 魔王ロックフェラー死す、世界は激動期に突入
第IV部 未来を救う希望のグリーン・テクノロジー