仮想通貨はこれから世の中に普及して行く【2018年も注目】

シェアする

宮城ジョージ連載コラム

日本の大手取引所の一つであるコインチェックからNEM と言う仮想通貨が580 億円分がハッキングされたニュースは世界中で注目された。

そのニュースを見て「仮想通貨は危ない」と思った人も少ないくないだろう。

それだけが原因と言うわけではないが、コインチェックからNEM ハッキング事件の影響もあって、仮想通貨相場は下落した。

ビットコインを見ると昨年12 月は230 万円まで高騰したのに先日は60 万円まで暴落し、現在80万円台~90 万円台の価格で取引されている。(執筆当時)

暴落しても1 年前の10 倍の価格!

しかし、昨年の1 月のビットコインの価格は10 万円前後だったため、相場が落ちたと言っても1 年前の10 倍近く保っている。

ビットコインは中央主権と言う概念がない上、マイニングでしか新規発行が出来ない仕組みになっているため、ロスチャイルド財閥を中心とする国際資本家達に取っては都合が悪い。

ビットコインは都合良くコントロール出来ないため、仮想通貨のイメージを壊すためにコインチェックチェックハッキング事件は彼らが仕掛けた可能性だってあるのだ。

値段が上がる前に仮想通貨を購入するべき

仮想通貨の相場は過去のデータから見ても今後は上がることが予想される。

過去には何度も価格が下落し、そしてしばらくすると回復していずれは前よりも高い価格になってる。

今回だけが例外的にそうならないとは思えない。

国際資本家達が抵抗しようと、仮想通貨はこれから確実に世の中に普及して行く。どうせ使うなら、安くなっている時に買うのが明確だ。

2018 年も仮想通貨は注目されることでしょう。

最後まで読んで下さってありがとうございました。

すでにビットコインを使い慣れている読者で僕の記事に共感していただけるなら以下のアドレスにビットコインでチップをいただけるとありがたいです。いくらでも構いません。

1iCM25PPpRXWFX4y89GSVg2Ho719jJa8g

また、ビットコインに興味あるけどの使い方がわからないから教えて欲しいと言う方はメールにて連絡下さい。

有料で個別相談を受け付けています。料金やその他の詳細ははメールにてお知らせします。

georgebrasileiro@hotmail.com

【新刊発売中】


こうしてロスチャイルドの金融支配は崩壊する 1%寡頭権力支配を撃ち砕くビットコインのすべて

【前回のコラム】

ロスチャイルドの通貨発行権を奪還するための仮想通貨に必要な条件

【ビットコイン】既存利権にしがみ付く連中に潰されたウィンクルボス兄弟の野望

ロスチャイルドの通貨発行権を奪還できる能力を備わっているビットコインの仕組み

71LvwkbVX2L._UX250_

宮城ジョージ

ブラジル・バイア州生まれ。千葉の高校を卒業後、職を転々とし2007年にはJリーグモンテディオ山形でブラジル人選手の通訳として勤務。

後に物流関連会社に転職。2011年秋頃から約1年間ワーキングホリデービザでオーストラリア留学を経験。

2012年秋に帰国し、しばらく旅をする生活を送る。2014年から作家、そして語学を生かして翻訳家として活動を開始

主な著書は「99%がバカに洗脳された国NIPPON!」「CODEX MAGICA フリーメーソン・イルミナティの洗脳魔術体系 」「戦争は奴らが作っている!」など。

宮城ジョージ 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!