史上最凶レベルの言論弾圧に抗して諸悪すべてを暴く 日本の真相! 3  船瀬 俊介 (著)

シェアする


史上最凶レベルの言論弾圧に抗して諸悪すべてを暴く 日本の真相! 3

※有形無形の圧力が強くなっていますが、船瀬俊介氏はひるむことなく告発情報の発信を続けています。

警察捜在費4分の3は”裏金“に盗まれる

1aa271b579738d65cddf06967b80e64e_s

日本の司法権力にはびこる裏金作りシステムなどは、まさに悪魔の戦略そのもの。

いったん毒まんじゅうを食った者は、永久に弱みを握られ、脅しと甘言に屈することになる。

ではーー。

どのような手口で、裏金は作られているのだろうか?

● 800万円の捜査費が出ても県警の幹部の段階で400万円が抜かれて、警察署に回ってくるときには400万円になっている。

それを、署長や幹部が抜くから、じっさいに刑車が現場で使える捜査費は200万円ぐらいしかない」(仙波敏郎・元警察官の証言)

●「実態は、捜査費から裏金作りが行われている、というより、むしろ、裏金から捜査費を捻出しているようなものだった」(原田宏ニ・元警察官の証言)

●「警察の捜査費は、じっさいに出ている予算の4分の1程度であり、4分の3はカタチだけ書類が偽造されて、裏金になっている」(古川利明氏の証言)

これら告発から、堕落した警察の驚くべき実態が浮き彫りになる。

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

「……捜査本部が作られても、じっさいには捜査費がたいして出ないから、まともに自分で考えて捜査しようとすれば、自前捜査になるので、アホらしくてやっておられず、

聞き込みなどは早々に終えて、捜査本部の刑事たちがパチンコ店で時間をつぶしている、という実態があちこちで告発されている。これでは事件が解決するはずがない」(徳永氏)

これら捜査費の裏金化は、明らかに公金横領の犯罪事件である。

関係者は、即、逮捕されて当然である。ところが、犯人検挙すべき警察機構が犯人なのだ。彼らは、自分で、自分を逮捕するような、間の抜けたことをやるはずもない。

こうして警察機構の上から下までもが、平然と、長年にわたって公金を横領して、ポケットに入れて、そ知らぬ顔をしてきたのだ。

地震、気象、洗脳から地下資源まで究極兵器HAARP(ハープ)

lava-656827_640

HAARPとは、ひと言でいうと、高層大気の電離層を操作するものだ。電離層とは、地球の上空約80kmから数百kmにわたって広がる電荷を帯びた層だ。

それは電離放射線からできている。

それを浴びれば人間などすぐに亡くなってしまう。この電離層と、下の成層圏が、有害な過剰な太陽放射線から私たちを保護している。

さらにオゾン層が紫外線の大半を吸収して、地表の生物たちを紫外線の害から守っている。

さて、このオーロラ観察施設は、いつ完成したのだろう?

それはアラスカの地で、1991年に建設が始まり、2007年に完成した(と、されている)。

建設資金は、アメリカ空軍と海軍さらにアラスカ大学、そして米国防総省(ペンタゴン)の技術開発部門DARPA(国防高等研究計画局)が、共同で提供している。

south-pole-60597_640

この事実からも、アラスカ大学の出資などは、オーロラ観察を偽装するダミーであり、その正体は、まるごと巨大軍事プロジェクトであることは歴然である。

「オーロラ観察施設が地震を引き起こす!?」

素人には、まった<想像もつかないだろうHAARP施設には、賂しいアンテナ群がある。

そこから、想像を絶する強力電磁波を連続的に脈動させて、電離層の特定ポイントに照射する。

そして、そこを振動させ、膨張させる。それで、どうして地震が発生するのだろう?

「地震を起こす場合には、電離層を衝撃ポイントで振動させる」

「その振動が地球表面の関連ポイントに伝わる」

「その地点が電離層で発生した振動と同調する」こうして「電離層ターゲット領域と地上ターゲット領域とのあいだで電磁気の『レーザー』ビームが共鳴し、それによって大地が動いて、地震が発生する」

まるでSF小説を読んでいるような気分になってくる。

demonstration-1466472_640

「地震が電離層と磁気圏を変化させることは科学的にわかっている。HAARPはそれと逆のことをする」

「いわば電離層を電磁波の送信機に、地上のターゲットポイントを受信機にしてしまうのだ」

さらに、HAARPが放射する電磁波の周波数域は、地震の起こる周波数域と、ぴたり重なる。つまり、大地が電離層から反射した電磁波に共振するのだ。

さらに恐ろしいのは、電離層には増幅作用があることだ。

「HAARPの電磁波ビームと電離層が相互作用すると、そのパワーは1000倍に増強されて36億ワット以上の電力を作り出すほどになる」(アイク)

つまり、HAARP施設から放射される電磁波パワーを1000倍に増強させることが可能になるのだ。なんという「発明」だろう!

その底知れぬ増強エネルギーは、大地を振動させ、地震を起こすだけではない。

「今もHAARPは、電離層を操作し、加熱させている。そのエネルギー波が地球に跳ね返ってくれば、それはさまざまな波動の歪みを引き起こす。

その歪みは、地震や火山活動、気象パターンの変化、極端な気象事象として現れてくるだろう」とアイクは、HAARPが地震兵器であると同時に、気象兵器であることを指摘する。

さらに……「HAARPは人間の思考や知覚にも影響を及ぼすだろう」。

それでも人類の99%は、この究極兵器の存在すら知らない。


[目次]

【はじめに】人類「家畜化」計画・・・新世界秩序(NWO)を許すな!

PART1:報道されない真実―マスコミ100の超タブー最新版
PART2:新聞テレビが絶対に報じない日本の秘密
PART3:日本人には知らせれていない世界の秘密
PART4:あなたの生命を支配する医療マフィア
PART5:知らずに食べさせられている戦慄の食品群

史上最凶レベルの言論弾圧に抗して諸悪すべてを暴く 日本の真相! 3
船瀬 俊介 成甲書房 2016-06-18
売り上げランキング : 1594

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!