目を温めれば 視力はよくなる!  中川和宏 (著)

シェアする


目を温めれば 視力はよくなる! (健康プレミアムシリーズ)

近視、老眼は、自分の力でよくすることができます!

モノが見にくくなったと感じたとき、多くの人は近視だとあきらめてしまいます。
また、歳をとれば老眼になるのは当然のことだと考え、視力を回復しようとは思いません。

でも、それは間違いです。視力はよくなるものなのです。

疲れを溜めているあなたの目は、いつも”冷え”ている

目に疲れが溜まると、どうなるのでしょうか。運動能力が低下しますさらに乳酸が溜まりやすくなり、目とその周辺の筋肉にコリが生じます。

固くなった筋肉は、なかにある血管や神経を締め付けます。血流が悪くなるのです。神経伝達も滞りやすくなります。とくに目やその周りの血管は、とても細いので、その影響はすぐに出るのです。

このように生じた血流障害は、目を”冷え”させます。そしてこの”冷え”が、視力低下の原因となるのです。

メガネやコンタクトは、何か作業をするときの手助けにはなります。でも、近視を補正する道具にすぎないのです。視力そのものを上げるものでは、決してありません。

また、最近、レーシック手術が話題になっています。

目の表面の角膜にレーザーを照射し、視力を矯正する手術のことです。この手術で視力が上がったという報告はたくさんあります。

でも、もともとあった「見る力」を上げるわけではありません。簡単便利な方法ですが、一時的に見えるようになるだけです。

「目を冷えたままにして、視力低下を放置し続けると、失明することもある」 これは決して、大げさなはなしではないのです。

目の冷えは、視力低下をもたらすだけではありません。さまざまな目のトラブル、病気を引き起こします。

よくいわれてるのが、緑内障や白内障、網膜剥離、黄斑変性症です。これらは近視の合併症なのです。

人間の身体は、使わないと衰えていきます。身体の筋肉と同じです。

筋肉は、使わないと衰えていきます。
運動不足が続くと、筋肉が落ちます。

筋肉は発電機と同じですから、筋肉は落ちると新陳代謝も悪くなり、発熱量も少なくなります。

冷えやすい身体になってしまうのです。
目の筋肉も同じです。

目の運動不足が続けば、目の筋肉が落ちます。筋肉が少なくなると発熱量が減るので、冷えやすくなるのです。

でも安心してください。身体の筋肉と同じということは、筋トレをして鍛えれば、また筋肉がつくということです。

目の筋トレが「目の体操」なのです。ですから、続ければ必ず成果は出ます。
視力もきっと回復します。ぜひ、目の体操を習慣化してください。

【主な項目】

◎3つの目の体操で視力はよくなる!

◎近眼、老眼は、「目の冷え」が原因だった!

◎この習慣を身につければ、視力はよくなる!

◎視力は、食べてよくする

◎目の体操には、こんな効果もある!

◎視力がよくなれば、脳も若返る

◎緑内障、加齢黄斑変性、網膜剥離、白内障、気になる「目の悩み」を解決

目を温めれば 視力はよくなる! (健康プレミアムシリーズ)
中川和宏 アスコム 2014-08-23
売り上げランキング : 62592

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!