目覚めよ日本人!今そこにある危機…

シェアする

池田 整治連載コラム

目覚めよ日本人!今そこにある危機…

◆地獄の釜が煮えたぎる時

この6月19日午前7時過ぎ、突然の「ドン!」と背中を持ち上げられる衝撃で起こされました。

引き続く家の揺れに、思わず『来たか!』と覚悟しました。そうです。南海トラフ大地震と伊方原発のメルトダウンによる第二のフクシマ化の惨劇です。

幸い、震源地の伊方町で震度4でしたので、被害もなく安心しました。もし、震度6だったら…。

今こうしてパソコンには向かっていられないでしょう。

伊方原発は、再稼働が高裁で認められて、10月の再稼働を目指しています。

今回の震度4は、南海トラフ大地震の危険が高まる中、大地震に襲われる前に一刻も早く廃炉・安全化しなさいという、大自然からの「警鐘」だと思います。

一方、運転開始から40年を超えた福井県にある関西電力の美浜原子力発電所3号機が23日午前、原子炉を起動して再稼働しました。

10年前の福島第一原発の事故のあと40年を超えた原発が再稼働するのは全国で初となります。

原発は、一度稼働すると、高濃度放射能のために原子炉等には入れません。

一炉あたり毎秒70tの冷却水を海から取り込んで流すパイプも時の経過とともに劣化摩耗しますが、交換はできません。

それゆえ、基本40年で廃炉・安全化しなければなりません。

それを最長60年までの再稼働を認めることは、「異常」としか思えません。

40年以上経過の原発の再稼働を認めた県には、国から250億円の交付金が受給されます。

「経済」というよりも、「今だけ・自分だけ・お金だけ」で、未来とこの国・地球を危うくするエゴの決定と言えます。

◆「情報力」がサバイバルの原点

日本には、原発の「安全神話」が根強くあります。かく言う私も1990年代の北朝鮮危機で、コマンドからの原発防衛の研究で、その脆さを知るまでずっと安全と信じてきました。

というのも、私にも彼らの巧妙な「洗脳工作」の「幼児体験」があります。

伊方原発建設当時、母は町の婦人会の会長をしていました。戦後の原爆の恐怖から原発への猜疑心を払拭して、積極的に原発支援が得られるように、彼らは地元の婦人会等を招いて大々的な「キャンペーン」を行ったのです。

帰宅した母は、行く前の不安気な母とは豹変、原発が安全で綺麗なことを笑顔で話してくれました。

また、周辺の学校や役場、町並みも綺麗に整備されていることを聞き、幼心の私も、我が町にも原発が来て欲しいと思ったものです。

つまり、メディアと現地・会場キャンペーンを使った見事な「洗脳」だったわけです。

しかし、警察から依頼され対コマンド対処研究のため原発の実態を知ったときは愕然としました。

詳しくは拙著「マインドコントロール」や「原発と陰謀」等に譲りますが、「水」と「電源」を止めるだけで簡単に暴走・メルトダウンが始まることが分かりました。

しかもわざわざ人の手を使うこともありません。

震度6あるいは5強の揺れで、原子炉の下のパイプが壊れ冷却水がやがてなくなりメルトダウンが始まるのです。

しかも摩訶不思議なことに、「安全基準」には、列島54基の原発設置地域には、未来永劫基準を超える地震はないことが「基本」なのです。

裁判所もこの大地震がない前提の判断です。それなら再稼働が認められるわけです。

しかし、3.11フクシマで我々は真実を知りました。津波の前の地震の揺れで冷却水のパイプが壊れたことも分かっています。

この「情報」がキチンと広まれば、再稼働どころか、すぐに全炉廃止・安全化しなければならないことが分かります。

地震列島日本で、震度5強の地震は、いつどこで起こっても不思議ではありません。

54基の原発に当たらないように、ロシアンルーレットを今も行っているのです。

速やかに地獄の釜を取り除かなければなりません。

◆地球の適正人口は5億人

一方、この2年間、世界は新型コロナウイルスの見えない脅威にさらされてきました。

しかし、身の危険を顧みず真実を追求してきた世界の医師たちの情報力により、その「真実」が明らかになってきました。

今回の新型コロナウイルスパンデミックは、彼ら・世界金融支配体制によるワクチンという「生物兵器」を使った「人口削減」の最終作戦だったのです。

「ジョージア・ガイドストーン」をご存じでしょうか。1981年、カーター大統領の時に、アメリカのジョージア州エルバート郡の小高い丘の上に建てられた高さ6メートルの花崗岩のモニュメントです。

10の戒律が、英語、スペイン語、ヒンズー語、スワヒリ語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語で刻まれています。

その最初に「世界を維持するためには人口を5億人にする必要がある」と刻まれています。これは、世界金融支配体制(DS:ディープステート)の近未来の新世界秩序への行動計画なのです。

古くはキッシンジャー、今ではビル・ゲイツなどが、彼らの実行機関である国連やWHOで、ワクチン接種が人口削減に効果的とスピーチしているのは、まさにこのガイドストーンが実行されている証拠です。

今回の新型コロナウイルスワクチンこそ、彼らの人口削減の切り札なのです。

◆遺伝子組み換え人間の恐怖

店頭で食品を買う場合、遺伝子組み換え食材の入ったものは、なるべく避けると思います。

本能的に健康によくないと考えるからです。

実際にフランスの研究機関で、ラットに遺伝子組み換え食品を与え続けたところ、2年間で100%癌になりました。

自然界にない遺伝子を食べるだけでも健康に影響を及ぼすわけです。

ところが今回の新型コロナウイルスワクチンは、接種者の遺伝子を組み換えてしまうのです。

今までのワクチンは、抗体をつくるために、病原体そのものを安全化したうえで、皮下接種していました。

ところが今回のワクチンは、体内で病原である「スパイクたんぱく質」を自己生産する細胞に、遺伝子を交換・組み替えて、史上初めて作り変えるのです。

作り変えられた細胞は、二度ともとには帰れません。言わば、「遺伝子組み換え人間」の誕生と言えます。

スパイクたんぱく質そのものも、血管を傷つけ、血栓など病気の原因となります。

そのスパイクたんぱく質を永久に作り続けたらどうなるでしょうか。

免疫機能の暴走も懸念されます。ある研究者によれば、接種した人は2年内に死亡するとあります。

そもそもワクチンは、接種後10年間ぐらいの治験期間を設けて安全確認するものです。

ところが今回のワクチンは、治験は1年後から1年半後に完了するとして、動物実験さえもしていないのです。もっとも、このワクチンの前に、同じような遺伝子ワクチンを開発し、猫20匹で実験したところ全て死んでしまったので、今回は動物実験さえも見送ったと言われています。

何のことはない、大々的に世界でワクチン接種という治験・人体実験を行っているのです。

副作用で死者が出て当たり前です。動物実験に参加しているのですから。

要するに、風邪の一種である新型コロナウイルスを、インチキPCR検査で感染者を「作りだして」恐怖を煽り、世界中の人にワクチン接種させる。

そのワクチンは、感染防止も予防効果も重症防止効果もない。逆に、接種者を癌等病気で 死にいたらせながら、スパイクたんぱく質を放出する「病原体」にしてしまうのです。悪魔の人口削減作戦です。

◆滅びの道から永久の道へ

6月23日時点で、ワクチン接種後356名の方が亡くなっています。

インフルエンザの予防接種の死者は年間3名弱。インフルエンザワクチン接種の100倍の致死率です。

罹ってもインフルエンザより軽い風邪。自然に罹れば、免疫力を獲得します。

こういう「情報」だけでも知れば、ワクチン接種を思いとどまるのが正常な判断です。

個人が原発を止めるのは困難です。しかし、新型コロナウィルスの「世界大戦」は、いとも簡単に個人の力で勝利します。

そうです。自由意思で「接種しない」だけです。そして、しっかりした口養生で免疫力を高めること。免疫力こそ勝利の源泉です。

一人でも多くの人が自ら情報をとって目覚め、「滅びの道から永久の道に」ともに進むことを祈ります。


●新刊発売中!

【日本を救うのは「ヤマトごころ」と「武士道」の復活】

http://ikedaseiji.info/books.html・池田整治HP「著書一覧」


2680年前、ふるさとの全てを捨てて、愛の国を再建するために、真のヤマトの国を創るために私達の先祖は、1万キロを超える厳しい旅を経てこの列島にきました。今こそ、その原点に帰る時です。

すべてはひとつ。音楽は、理屈を超えて、感性で心を拓き、目ざめさせてくれます。まず、完成した「マイナーライン東への道」をご試聴ください。

https://verse-oneworld.ssl-lolipop.jp/link/ikd2018/(マイナーライン東への道:池田整治HPから)

https://youtu.be/lj5inAeILug(世界の見本となる愛の国を創るために)


★ラストラ―がオンラインショッピング!★

●「Lastra HEALING ONLINE SHOP」

MARTH氏の本物坑酸化ヒーリングショップ ・世界中から電子が正しくまわっているもの ・自然栽培や天然力をつよく持ったもの ・本来大自然が持っていたとてつもない天然力を備えたこの星の奇跡のようなものたちを探し見つけセレクトして生みだしお届けします。

「Lastra HEALING ONLINE SHOP」はこちら:https://shop.lastramu.com/


*テクノAOから「ミニバランサー」が新発売されました。

磁場が狂ってきている今、効果10mで携帯できるミニバランサーは健康の必需品です。

★スマートフォン時代に ★高周波から低周波まで 多岐にわたる電磁波を防御! ★網の目のように走る細かい電磁波に対応 ★多方面に高性能なのにお手頃価格 ★軽くて、女性でも持ち運びできる!

必要な方には、「5%オフのファクス用紙」送ります。メール等でご請求ください。

お問い合わせ先: DQL04771@nifty.ne.jp

*テクノAOの原理等 http://ikedaseiji.info/tecnoao/


・・・ともに真実を学びませんか?…本当の事を知れば、生き方が変わる

*【真実を知る原典・目覚めの原点…】 「マインドコントロール1、2」(ビジネス社) http://ikedaseiji.info/books.html

*【勉強会等】

●HPからお申し込み下さい。

【こちらもオススメ】

 
 
 

5554545

池田 整治

1955年3月22 日、愛媛県愛南町生まれ。作家。元全日本実業団空手道連盟理事長。東藝術倶楽部顧問。空手8段。

1973年、陸上自衛隊少年工科学校前期課程修了。防衛大学校入学。2008年、陸上自衛隊小平学校人事教育部長。2010年退官。最終階級は陸将補。

オウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験などから、「真実とは何か?」を独自に研究。

自衛官在任中時代に『マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実』(ビジネス社)を出版、ロングセラーとなる。

北海道での単身赴任時代、万が一の場合、4人の子どもたちへ父の想いを残し伝えるためメルマガ『心のビタミン』を開始。

退官後、〝真実の語り部〟として情報発信を始める。現在もブログ、書籍、講演会などを通じて精力的に活動を続けている。

著書に『未だ占領下にある日本の是非を問う 日米地位協定を自衛隊元幹部が告発する』(コスモック出版)『1000年先の地球のために―「滅びの道」から「永久の道」へ』(ナチュラルスピリット)『マインドコントロール2 今そこにある情報汚染』『離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~』(以上、ビジネス社)、

今、知らなければいけない 重大な真実を語るメジャーな人々 東京・日比谷公会堂での講演からVol.1』(ヒカルランド)など共著も含めて20点以上。

※池田整治 著作特集はこちらから

メルマガ、講演などはこちらから→ 公式HP: http://ikedaseiji.info/

美し国 副代表

http://umashikuni.co.jp/index.html