Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

リニアの正体は超高速の走る〝発ガン装置〟【電磁波の有害性はマスコミの最大タブー】

シェアする

船瀬俊介連載コラム

マスコミのタブー200連発〈105〉

リニアが日本を滅ぼす地獄へ道づれ10大暴走(前編)

マスコミが一切報じぬ亡国危機

『リニア亡国論』(ビジネス社)を書いた(写真A)。

副題は「これでもあなたは〝夢の超特急〟に乗る気になれるか!?」

リニアといっても、ピンとこない人も多いだろう。

なぜなら、この国のマスコミは、一切報じないからだ。いっとき、メディアはリニア談合疑惑を取り上げた。

しかし、それも束の間、その後リニアを報じる動きは、まったくない。

このクニのテレビ、新聞は、日大アメフトのタックル問題や、紀州のドンファンの死因などになると、異様なまでの〝調査能力〟を発揮する。

そしてレスリング、ボクシングから、最近は体操世界の黒幕叩きに躍起だ。

マスコミは〝洗脳〟装置だから、呆れるのも、ばかばかしい。

〝洗脳〟メディアの果たす三つの役割がある。

〝逸らす〟〝上げる〟〝落とす〟である。

まず、重大な出来事から、国民大衆の目を〝逸らす〟。特定人物をスターに祭り上げ、持ち〝上げる〟。

次にさんざん高い高いとやっておいて、突然〝落とす〟。地面に叩き落とし、唾を吐きかけ、石を投げ付ける。

あのSTAP細胞騒動の小保方晴子さんがいい例だ。

一言でいえば、現代の〝魔女狩り〟である。最初は憧れ、次に唾棄する大衆は、自分たちが巧妙に呷られ、操られていることに、ツユも気づかない。

こうして、国民大衆が目を逸らされている間に、とんでもない危機が深く静かに進行していた。

それが、リニア中央新幹線計画の狂気の暴走である(写真B)。

それは、日本を地獄に道連れにする巧みな謀略でもある。

巨大利権は50兆円まで爆発する…… !?

現在、今このときも、国民は誰も気づいていない。

テレビは言わない。新聞は書けない。しかし、超巨大な悪魔プロジェクトは、着々と進められている。

リニア中央新幹線――。

最高時速500キロ、2027年には、最速40分で品川と名古屋を結ぶ。

2037年頃には、東京・大阪間を1時間7分で結ぶ計画だ。

まさに、国民の希望をかきたてる〝夢の超特急〟……に思える。しかし、その正体を徹底的に調査して、愕然とした。

これは、まさに〝悪夢の超特急〟である。

それは、国民の健康を破壊し、経済を破綻させ、環境を壊滅させる。まさに、亡国のプロジェクトだった。

わたしは、この『リニア亡国論』執筆中に、なんともいえぬ恐怖を感じた。

このような本を書いている事が漏れると、〝消される〟かもしれない。

なにしろ、最低でも9兆円の超巨大利権なのだ。その伏魔殿の驚愕事実が露見すれば、水泡に帰すかもしれない。

〝闇の勢力〟は、真実の漏洩を許さないだろう。

メディアがリニアに触れないのも当然だ。

いったん、取材、調査すれば、すぐに目のくらむゴマカシ、ペテンが大岩のようにゴロゴロ出てくる。

そこには、はてしなく膨張を続け、最終的には50兆円にたっすると見られる巨大利権の山がある。

隠蔽された真実が暴露されれば、山体は大崩壊する……。

本書の目的は、目のくらむ亡国計画を阻止することである。

だから、執筆中は外部にはいっさい完黙を貫いた。

ようやく出版され、本の形になった。もはや、〝やつら〟に圧殺は不可能だ。

その〝亡国プロジェクト〟リニア10大欠陥を、ここに暴く――。

⑴「安全基準」の4万倍! 恐怖の〝発ガン〟超特急

リニアは磁力の反発力で車両を浮上させる。

N極あるいはS極の反発力で、車体を浮き上がらせる。

基本原理は、小学校の理科実験レベルなのだ。

しかし、1000人もの乗客を乗せた車両を浮上させ、それを時速500キロで疾走させる。

そのために投じる磁石の磁力は半端ではない。

理科の実験とケタが違う。

巨大磁力を電磁石で発揮するには、巨大電流を流さなければならない。

リニアは車体に超電動磁石を搭載している。

さらに、ガイドウェイにも電磁コイルを装備している。その反発力で浮上させ、牽引力で疾走させる(図C)。

このとき、ものすごい強度の電磁波が発生する。

それは、車内にいる乗客を直撃する。

「――あらゆる人工電磁波は有害である」

これは、電磁生態学の世界的権威ロバート・ベッカー博士(ニューヨーク州立大学、医学部教授)の警告だ。

私は1992年、博士の世界的名著『クロスカレント――電磁波〝複合〟被曝の恐怖』(新森書房)を翻訳した。

博士には、国際電話でも取材を重ねた。

ベッカー博士は、電磁波の10種類の有害性を列挙している。

①成長細胞を阻害 ②発ガン性がある ③ガンの成長促進 ④胎児の先天異常 ⑤神経ホルモン阻害 ⑥自殺など精神障害 ⑦生理リズムが狂う ⑧ストレス反応 ⑨免疫機能が衰弱 ⑩学習能力の低下

これら10項目にわたる電磁波の有害性に「初めて聞いた!」とあぜんとする人が、ほとんどだろう。

それも当然だ。電磁波の有害性は、マスコミの最大タブーなのだ。

朝日新聞のI記者は「うちは電磁波書けないんですよね」とサラッと言った。

これは、あらゆるメディア全体に言える。だから、国民は、「電磁波の有害性」と聞いてもキョトンとするだけだ。

そして「本当のことは書けない」と記者たちは肩をすくめる。そんな〝洗脳〟装置の新聞にカネを払い、テレビにハマり、NHKに受信料をセッセと納めている。

自らの知的(痴的)レベルの低さを反省するときだ。

さて――。

電磁波の有害性で、もっとも恐ろしいのが発ガン性だ。

ベッカー博士は、電気器具などから出る電磁波の「安全基準」を1ミリガウスとしている。そして、高圧線など居住地域は0・1ミリガウスを提唱している。

「これ以下で、安全というわけではない。あくまで目安の数値である」(同博士)

ノルデック報告(グラフD)は、電磁波の発ガン性を証明する決定的な証拠である。

4ミリガウスを超えると、子どもの白血病、神経腫瘍(脳腫瘍)6倍、悪性リンパ腫が5倍と急増している。

日本でも0・5ミリガウス未満にくらべて、4ミリガウス以上では、脳腫瘍10・6倍、悪性リンパ腫4・73倍と激増している(グラフE)。

電磁波の害は、胎児に激しく作用する。

(グラフF)は、IH調理器を使用する妊婦の流産リスクだ。初期流産が5・7倍にはねあがっている。

(グラフG)は、妊婦が電気毛布を使用したときの先天異常の発生率だ。妊娠初期に電気毛布からの電磁波を浴びると異常出産は10倍とケタ外れになる。

送電線や家電製品から出る電磁波は、せいぜい数ミリガウスから数10ミリガウスレベルだ。それでも、これほどの悲劇を発生させている。

では、巨大車両を浮き上がらせるリニアモーターカーの乗客は、どれほど有害電磁波を被ばくするのか?

推進側は、この被ばく量を徹底的に極秘としてきた。

業を煮やした市民グループは野党政治家による「質問趣意書」を政府に突き付けた。

こうして、シブシブ提出されたデータには愕然とする。

国立環境研究所の測定データによれば「車両の床上で4万ミリガウス、モーター直下で70万ミリガウス」……という驚倒する数値だ。

なんと、「安全基準」の4万倍!しかし、これも甘すぎる数値だろう。宮崎実験線では、車両床上で20万ミリガウスを測定している。

そして――強い電磁波を浴びると、その後、発ガンリスクが跳ね上がるのだ。

「……ガン細胞に低周波の電磁波をまる1日照射すると、増殖スピードが24倍と驚くほど早まった」

「それは、ガン細胞を攻撃する免疫細胞に、より強い耐性を獲得した」「それらは、照射を止めたあとも数百世代後の細胞に受け継がれた」(米、ジュリー・フィリップス博士)

つまり、いったん発ガン超特急リニアに乗ると、下車したあとも長い間、強烈な発ガンリスクは後遺症で続くのだ。

リニアの正体は、超高速の走る〝発ガン装置〟だった。

この事実を知れば、だれも乗るバカはいない。海外ではあらゆる国がリニア開発を断念している。

この驚愕の発ガン電磁波から、乗客を防護することが不可能と判断したからだ。

暴走しているのはニッポンだけだ。バカ正直な日本人なら、どこまでも騙せると〝やつら〟は踏んでいるのだ。

⑵「絶対ペイしない」JR東海社長が爆弾発言・・・

続きはこちらより購読をお願いします: ザ・フナイ 2018年12月号 

ザ・フナイ 2018年12月号  マスコミのタブー200連発〈105〉 より

月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。

舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

【マス・メディアには載らない本当の情報がここにはある】

月刊誌『ザ・フナイ』: http://evavision.shop-pro.jp/

月刊誌『ザ・フナイ』年間購読: http://evavision.shop-pro.jp/?pid=112414187

【アマゾン・リンク】

⇒ ザ・フナイ vol.134

⇒ ザ・フナイ vol.133 

バックナンバー一覧はこちらから: 月刊 ザ・フナイ

【好評発売中】


リニア亡国論

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!