健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵 鶴見隆史 (著)

シェアする


健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵

ガンの代替療法のエキスパートで、酵素栄養学の第一人者が、現代医療に警鐘を鳴らす!

 自分と家族の命を守るために知っておくべきこと

健康の新常識があなたの命を救う!

「健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵」

 全88項目

 ・降圧剤でアルツハイマーに

 ・抗ガン剤は毒物

 ・インフルエンザワクチンは不要

 ・副作用だらけの子宮頚ガンワクチン

 ・牛乳に含まれる発がん性物質

 ・海外では禁止されているマーガリン

 ・コーヒーフレッシュはプラスチック

 ・マクロビの罠

 ・圧力鍋での調理は毒物が発生

 ・低線量の放射線は体に良い。

 病気にならないために絶対厳禁!

悪いライフスタイル10カ条

悪い食事について などなど。

第1章 現代医療のウソ(世界有数の長寿国でありながら実は世界一の認知症患者数の日本 西洋医療だけに頼ってはいけない 入院はしてはいけない ほか

第2章 健康の常識のウソ(病気のときこそ栄養をつけてはいけない/睡眠は「質」より「量」眠ってる間に酵素がチャージ 夜型人間は病気になりやすい ほか)/

第3章 食に関するウソ(「生野菜は体を冷やす」はウソ 温野菜のほうが冷えの原因になる/牛乳には発ガン性物質がある 毎日飲むと骨もスカスカになる ほか)/

第4章 鶴見式健康法のすすめ(鶴見式酵素ファスティングは内臓を新品に生まれ変わらせる/小食こそ健康への近道 鶴見式で賢く小食生活を ほか)

 食べ物だけでなく、睡眠やストレス、住宅環境などのライフスタイル全般が健康に大きく影響していることを本書で説明してきました。

「つまずいたっていいじゃないか 人間だもの」。これはご存知のとおり、詩人の相田みつをさんの名言です。

「失敗したっていいじゃないか 人間だもの」とも言い換えることができるでしょう。

人生とは失敗だらけだからです。その失敗があったからこそ反省し、是正し、成長できるのです。

問題は、取り返しのつかない致命的な失敗もこの世にはあるということです。

もし手術室の前に「失敗したっていいじゃないか 人間だもの」という垂れ幕があったらどう思いますか?医療は決して万全とはいえません。何度も申し上げてきたように、医薬品の多くは体に毒です。

「病気をしたら病院に行けばいい」という考えはもう捨てましょう。病院に行かなくて済む体を自らつくりだすことが先決です。

本書がそのために皆様のお役に立てることを信じています。

健康常識のウソに騙されず長生きするための88の知恵
鶴見隆史 かざひの文庫 2014-07-26
売り上げランキング : 79446

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!