買うな! 使うな! 身近に潜むアブナイものPART1 船瀬 俊介 (著)

シェアする


買うな! 使うな! 身近に潜むアブナイものPART1 (あなたの常識を疑え コマーシャルに騙されるな)

テレビは言わない! ! 新聞は書けない! !

身のまわりは猛毒だらけまさかこんなモノが! ?

いまや、テレビも、新聞も、ほんとうのことを教えてくれません。

なかには、必死でつたえようとしているひとたちもいます。でも、そんな記者やディレクターは、飛ばされてしまうのです。

だれに・・・・・?

スポンサーという”神様”にです。新聞もテレビも、広告費を払ってくれる企業がいるから番組を作れる。

放送を流せる。記事をかける。

これら制作経費は、ほとんどが企業からのおかねです。

だからマスコミは大企業という広告主に、アタマが上がらないのです。

news-1172463_640

テレビや、新聞が、ほんとうのことを伝えない。
だからわたしたちの残された手段は、クチコミしかありません。

ジャガイモ揚げたら発がん物質!

「ポテトフライを、よく食べる女性は乳がんになりやすい」 

子どもが大好物なのがポテトフライやチップスなどのスナック菓子。その人気商品から強い発がん物質が検出され、世界的な騒動になっています。

その物質名は”アクリルアミド(AA)”

2012年5月17日、イギリス食品基準局(FSA)が「ポテトや穀物を油で揚げた料理に、発がん物質が多量に含まれる」と発表したのです。

french-fries-1351067_640

「油で揚げる時間が長いほど、温度が高いほど含有量は増える」に、世界は騒然・・・・・・。

そもそもアクリルアミド(AA)とは、接着剤やプラスチックなどの工業原料。多量に吸い込むと目の粘膜炎症、手足のしびれ、意識障害などを起こす毒物。

ちなみにスウェーデンの調査では、市販のポテトチップスからはWHOの基準の500倍、ファーストフード店のフライドポテトからは100倍ものAAを検出しています。

虫も寄り付かないプラスチック食品

一部業界ではマーガリンのことを、”プラスチック食品”と呼んでいます。それは次のエピソードに由来します。

戦後アメリカの有名な自然派運動家フレッド・ロー氏は、1965年から1973年まで自然食品ショップを経営していました。

plastic-627919_640

そのとき彼は、知人の食品工業エンジニアから「マーガリンの主成分である水素添加した脂肪分子は、プラスチックそっくりだよ」と聞かされビックリ。

さらに科学者たちは、その水素添加を「オイルをプラスチック化する」と呼んでいることに興味を抱き、マーガリンの蓋を開けて放置しておきました。

すると、プラスチックさながらまったく虫も寄り付かず、変化もしませんでした。そこでロー氏は皮肉を込めてマーガリンを”プラスチック商品”と名づけたのです。

しかしこのプラスチック化は、食品業界にとって都合がよかったのです。

虫もつかなければ防虫効果になり、変化しなければ酸化防止効果になる・・・・。

マーガリンとは、そもそも液体の植物油に水素添加して固体化させたもの。

植物油の不飽和脂肪酸の水素の足りない場所に、強引に水素結合させてきた”人口油脂”です。

こうして完成したのが悪名高い”トランス脂肪酸”です。

buttered-18641_640

「水素添加して人工的に造られた”トランス脂肪酸”は、体内で代謝されにくい構造になっていて、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増大させるだけではなく、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を減少させてしまう働きがあることも、明らかになっています」

これは心臓病などの疾患を引き起こす原因になります。

「健康にいい」と信じてきたマーガリンが、心臓病や免疫低下の引き金になるとは・・・・・・。

ドイツをはじめフィンランド、デンマーク、スイスでも”トランス脂肪酸”含有量が、年々厳しく規制されています。

肥満大国アメリカでも対策がスタート、2006年から食品中の”トランス脂肪酸”の含有量表示が義務付けられ2015年に、全面禁止を発表。

日本は”危険レベル”がゾロゾロ!

butter-596296_640

市販マーガリンやショートニングは、デンマークの2003年度の含有基準値2%を超えるものがゾロゾロ・・・・・。

市民グループ・食品と暮らしの安全基金は、「スーパーなどの揚げ物は避けるべき」と注意。「使いやすい水素添加した油を使っている」可能性があるといっています。

「知らない」ことは罪です。

なぜならあなたの、あなたの家族の、健康と命が損なわれるからです。

愛しい家族の命すら、失われるからです。

あなたの家族が、笑顔で、すこやかに日々を暮らす。
——–そのことを祈って、この本をおとどけします。


【第1章】『まさか、こんなものが!』
 ジャガイモ揚げたら発がん物質 / マーガリンはすぐやめろ“トランス脂肪酸”のワナ
 ああ抜ける、ハゲる…シャンプーは毒物エキス / 虫除けスプレー“シュッ”で子供は中毒…他

【第2章】『現代人の脳があぶない』
 続発する凶悪事件-化学物質汚染で「発達異常」に / 合成着色料はアトピー原因、心を狂わせる
 精子激減!環境ホルモンで不妊症が激増…他

【第3章】『おっと、あぶない、農薬・殺虫剤』
 ミツバチ全滅…恐怖の農薬“ネオニコチノイド / 有機リン系殺虫剤-身のまわりに潜む神経毒ガス”…他

【第4章】『まだ、肉を食べているのですか?』
 「肉食」は、人類も地球も滅ぼす / 成長異常、発がん…狂牛病より怖い?“成長ホルモン”…他

【第5章】『甘いモノに気をつけろ!』
 白砂糖は猛毒だ!心も体も狂わせる / 甘いモノ好きは低血糖症から統合失調症へ…他

【第6章】『あふれるアブナイ薬、飲んではいけない!』
 怖い降圧剤-記憶喪失、心臓マヒ、尿失禁、インポ / 筋肉が溶ける!コレステロール降下剤の恐ろしさ…他

【第7章】『インフルエンザ治療薬で、わが子が自殺』
 効かない、怖い、ワクチンで死亡事故…他

【第8章】『おたくの水道水で、ガンになる』
 水道水を飲むと、発がん率三倍に / あぶない大手メーカー浄水器!有害銀イオンが溶けだす…他

【第9章】『あなたの住まいがあぶない』
 あなたも家族も殺す、猛毒ハウスの旋律 / 団地・マンション族は、コンクリートで9年早死に!…他

【第10章】『身近にあふれるアブナイ“毒”』
 毒物で“洗濯”!ドライクリーニングでガンになる / 「青汁」健康法に落とし穴―猛毒!硝酸塩汚染
 粉ミルクで子どもは早死に―過成長の悪夢…他

買うな! 使うな! 身近に潜むアブナイものPART1 (あなたの常識を疑え コマーシャルに騙されるな)
船瀬 俊介 共栄書房 2015-10-25
売り上げランキング : 3107

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!