歯医者が虫歯を作ってる 長尾 周格 (著)

シェアする


歯医者が虫歯を作ってる

なぜ日本人の95%に虫歯があるの?歯医者が虫歯を作ってる

――歯科医だから知っている、危ない話
皆さんは毎日歯磨きをしていますか?
日本人は真面目ですから、ほとんどの人が毎日歯磨きをしているようです。

歯科疾患実態調査によれば、日本人の9割以上は毎日歯磨きをしており、7割以上は一日に2回以上歯磨きをするそうです。

こんなにも勤勉に歯磨きをしてるにもかかわらず、95%もの人に虫歯(治療済み含む)があるという事実を冷静に考えれば、歯磨きによる虫歯予防効果に疑いの目が向けられるのは当然ではないでしょうか。

一生懸命毎日歯磨きされている方には残念なお知らせですが、歯磨きは虫歯を予防しません。

歯磨き以外に虫歯を予防する方法は、ちゃんと別にあります。
虫歯はどうしてできるのか、、、 正しい虫歯の予防法とは何か、、、

フッ素は虫歯予防に効果的

虫歯予防にはフッ素が有効であるとし、日本歯科医師会や厚生労働省はフッ素の使用を推奨しています。

その反面、フッ素のむし歯予防効果には疑問が持たれ続けています。そもそもフッ素がむし歯を予防するという、明白な科学的根拠などありません。

フッ素は実はたいへんな猛毒なのです。高濃度で摂取すると急性毒性反応を起こし、死亡することさえありますし、低濃度でも人体に蓄積してさまざまな悪影響を示すことが分かっています。

特に低濃度のフッ素の長期的な摂取は骨や歯などの形成を阻害し、全身の骨にフッ素が蓄積し骨が脆くなる「骨フッ素症」や、歯のエナメル質の形成が障害される「歯牙フッ素症」を起こすことはよく知られています。

このためWHOでは、フッ素を多量に摂取してしまう恐れがあるため、6歳未満の子どものフッ素洗口を禁止しています。

またアメリカでは1997年から、フッ素が入っている歯磨き粉は、「毒性」を警告表示することが義務づけられました。このように世界ではフッ素は毒物であると認識されています。

儲けのテクニック

まず古典的な方法として、むし歯の治療の際、むし歯に侵されている歯質(感染歯質)を全部取りきらず、少し残しておくというのがあります。

むし歯が残ったままでその上から詰めたり被せたりすると、詰めものや被せものの下に残っているむし歯菌が徐々に大きく広がっています。

しかし詰めものや被せものの下で広がっていくむし歯というのは、なかなか発見できません。そうして詰めものや被せものが外れたり、歯が痛くなる頃には、すでに相当むし歯が進行してしまうのです。

多くの読者にとっては信じられないケースでしょう。しかし、残念ながら、僕のクリニックでの歯科臨床のうち、他のクリニックで治療した歯の再治療した歯のかなりの部分で、前回治療時のむし歯の取り残しが広がっているのが見受けられるのです。

特に詰めものや被せものが外れたという場合、9割方は中でむし歯が広がったことが理由だといえます。

むし歯が詰めものや被せものの中だけで広がっている場合には、原因は前の治療時の取り残し以外に考えられません。

患者の多くは歯医者がそんなことをするわけがないと信じていますし、もし前の治療の不備を疑われても、歯医者はこう言ってごまかすことができます。

「あなたの歯磨きの仕方が悪いから、(きちんとできてないから)、またむし歯になったのですよ」と。


第1章 間違いだらけの「歯の常識」

第2章 歯が悪くなるほど儲かるのは誰?――日本の歯科医療の実態

第3章 あなたがむし歯に罹るワケ

第4章 歯周病のホントの原因

第5章 歯並びは母親の栄養状態で決まる

第6章 むし歯も歯周病もない人たち

第7章 予防歯科の〝食〟改善法

第8章 治療後のメンテナンスを考える

歯医者が虫歯を作ってる
長尾 周格 三五館 2014-02-21
売り上げランキング : 24514
by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!