寝相は日常の心身の各自の癖がでやすい【生活自己診断法の気付き】part2

シェアする

宗教法人求道実行会三島責任役員・NPO法人法沖ヨガ協会・ブラーフマンヨガセンター・北山佐和子連載コラム

寝相は日常の心身の各自の癖がでやすい【生活自己診断法の気付き】

↑前回のコラムに引き続き沖ヨガ式寝相自己診断法です。

仰向けに寝る習性があるのは動物界では人間だけのようです。

生まれたばかりの赤ん坊や幼児は、背骨が未発達で大人のようなSの字のカーブを緩やかに描いていない状態なので、赤ちゃんや幼児はうつ伏せに寝たりする場合があります。

●大人の場合でうつ伏せに寝る場合

背中側の腎臓や副腎の働きが弱り、下垂気味だったり、排泄機能や呼吸機能がオーバーワークを示します。

腰に無理がかかり、性ホルモンのバランスが良くなく、精神的に不完全状態で、欲求不満の場合が多いようです。

・修正法

上向きに両手万才・両足を大きく開き、口を大きくあけ、【あ~】とか発声しながら伸びをする。気持ちはヘソ下丹田を意識をおき+肛門は締めます。

+尾てい骨と会陰の真ん中(ムーラーダーラチャクラ)を引き上げるイメージを描きます→脱力。伸びたあとの・脱力を味わうのが目的です。

伸びをしながら右手息を吐きながら+肛門締める+ムーラーダーラを引き上げるイメージします→脱力。

左手を吐息で伸びる→脱力。

右足を吐息で伸ばす→脱力。

左足を吐息で伸ばす→脱力。

右手右足、吐息で伸ばす→脱力。

左手左足、吐息で伸ばす→脱力。

右手左足、吐息で伸ばす→脱力。

左手右足、吐息で伸ばす→脱力。

伸ばしづらい手足を、長い吐息で伸び伸びします→脱力。

伸ばして気持ちよい、手足を長く息を吐いて伸ばす→脱力します。

●うつ伏せで寝ることが毎日の癖になってる子供や大人の方。

→寝る前に、うつ伏せの(バッタのポーズ)片足ずつ少しあげて、静止し腹式呼吸法5呼吸深呼吸~するとよいでしょう。

+食事は柔らかい玄米や酵素玄米とか、小豆かぼちゃなどを常食されれるといいでしょう。

 

●腕枕、手を頭においたりして寝る場合。

手を頭に置いたり、手を頭の下に置いたりして寝るのは、肩や首がこってたりして、頭が疲れているようです。

・修正法

上向きにねます。両手上エル(L)字型に置きます。手首は床につけます。

両手の指を広げ小指も床につけます。あごをひきます。ウエストお尻は床につけます。

両足の両ひざをしっかり曲げ、少し持ち上げます。

両足のかかとで、交互にお尻を、吐息でたたきます。

・両手首が床に着きにくい場合には、肩首脇が強張って緊張してます。→両手首、両手の下にタオルなどしきましょう。

・両足のかかとでお尻を叩きにくい場合→肩の力、足膝の力をぬいて、

長く息を吐きながら、だらしなく~かかとでお尻を叩きましょう。

 

●両膝曲げて両手が胃や、お腹に置いて寝る場合。

胃腸の蠕動運動の働きが弱く、冷たいもの甘いものの食べ過ぎや、ストレスなどで下痢ぎみや便秘気味の方が多いようです。

・修正法

上向きに寝る。両足曲げお腹の方にひきよせる。両手を両膝におく。

息を吐きながら、両手をおいた両足を交互に胸にちかづける。

右手右足を胸にちかづけたら→右手を伸ばし右足を遠ざける。

左手左足を胸にちかづけたら→左手左足を遠ざける。

交互に素早く吐息で、できる人は100回ぐらい目安にします。

 

●横向きに寝る場合。

下側にした臓器などに血液を集めたり、反対側を緩めたりしてます。

横向きで両膝を曲げてる場合には消化器系が弱っているようです。

いつも片方の横向きで寝る場合には、身体の左右の偏り、片噛みなどの癖があります。

・修正法

横向き(アナンタアーサナ)に寝ます。下側の手はのばします。

上側の手は五本の指をカップをふせた形で胸の前の床に置きます。肩の力をぬいて、上側の片足を息を吐きながら、片足上げた状態で5呼吸深呼吸します。

左右両方横向きになり上側の片足あげます。

左右バランスとりにくい横向き、肩に入ってしまう横向きで、肩の力をぬき+お尻、肛門締めます+尾てい骨と会陰の真ん中点(ムーラーダーラチャクラ)を引き上げるイメージします+5呼吸深呼吸します。

 

何気なく毎日の寝るスタイル~各自の寝相をチェックしました。

沖ヨガ式寝相は、寝相として現れる、身体からの各自のシグナルを謙虚に読みとり、各自身体からのシグナルに協力し、身体のシグナルを教えとして、利用して、活用します。

朝目覚めた時に、鼻炎、花粉症でもないのに、鼻がグシュグシュする方は、食べ過ぎの場合が多いです。

食事の量を減らし、食後三時間以上してから休まれるように気をつけましょう。

休まれる時、最終的には、ヨガの(シャバアーサナ)で~どこにも力が入ってない脱力した、リラックスポーズ=くつろぎのポーズ=死体のポーズ=おまかせのポーズ=放下体で、寝られる状態が、朝、気持ちよく目覚められるでしょう。

【2017年 11月5日 群馬ヨガ連盟「本庄」研修会のお知らせ】

「目からうろこのからだのお悩み解消法」 副題~体癖と沖ヨガ修正法~ 

北山佐和子

1、日時:11月5日 第1日曜日 9時開場 

2、所在地 埼玉県本庄市銀座1-5-16

参加費:3000円  

お問い合わせ先 木暮富美子 yikfumi@live.jp

今回の企画、来なければ損そん、盛りだくさんですよね。どうぞお友達にもお声を掛けお出掛け下さいますように。会場も重要文化財に指定された場所です。れんが倉庫のひんやりとした清浄な空気が会場を優しく包んでいます。とても落ち着く空間です。

詳しくはこちら 2017年 群馬ヨガ連盟研修会(11月五日)のお知らせ    

【こちらもオススメ】

寝相は日常の心身の各自の癖がでやすい【生活自己診断法の気付き】

【究極のデトックス】砂浴リトリート沖ヨガ的な排毒体験

沖ヨガ式【眼ヨガ】身体全体のバランスを整えながら眼の悩みも改善してゆく

北山佐和子

1952年生まれ。18歳から沖ヨガ修道場を経て海外(フランス、ルーマニア、ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国、台湾etc) 指導体験を活かし、日本国内のヨガ指導員養成コース他、中部沖ヨガ指導員セミナーを定期的におこなう。

宗教法人求道実行協会三島責任役員、NPO法人沖ヨガ協会中部連合会事務局、ブラーフマンヨガセンター主宰メンタルヨガ、マタニティヨガ、妊活ヨガ、眼ヨガ、鼻ヨガなど集中セミナー開催。

妊婦、妊活夫婦、整体師、実業家、術後患者などの心身パーソナルトレーニングの予約制で受付。

自宅アシュラムでのプチ断食合宿(毎年5月連休)・妊活ヨガ合宿を定期的に実施。20代にミス・ワールド愛知代表となりミス・コンテスト審査委員も努めた。

主な著書に「ヨガの気持ちで自然流育児―年齢別・症例別詳解 (健康双書)」農文協出版

恋する女神になるヨガ―東洋医学のビューティ・レッスン」「ヨガ呼吸修正行法上下巻」日貿出版

電子書籍「赤ちゃんが欲しい二人のための妊活♡ファミリー 沖ヨガ Birth-Wanted OKI-Yoga!がある。

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め