トヨタが、あぶない…!EV競争でガラパゴス化 ――イーロン・マスクvs豊田章男、もはや決定的敗北

シェアする

船瀬俊介連載コラム

トヨタが、あぶない…!EV競争でガラパゴス化 ――イーロン・マスクvs豊田章男、もはや決定的敗北

トヨタ没落は日本経済の死を意味する

トヨタが、あぶない。その未来危機は、もはや壊滅的だ。

破滅は、トヨタにとどまらない。

それは日本の自動車業界全体を巻き込みかねない。それほど、迫りくるクライシスの規模は凄
まじい。

危機の正体を、一言でいおう。

――EV開発――の致命的立ち遅れだ。

中でも、トヨタの出遅れは、目を覆わんばかりだ。

EVとは、いうまでもなく、電気自動車(ElectricVehicle)の略。世界EV開発は、猛速どころではなく〝爆速〟の勢いで進んでいる。

日本を代表する自動車メーカー、トヨタは、EV開発で周回遅れどころか、3周は出遅れている。

もはや世界の競合メーカーは、はるか地平線の彼方だ。

おのおの、未来に向かって爆速で猛進している。後ろ姿すらはるか、けし粒のようだ。後塵を拝するなどといった、生やさしいものではない。

日本勢は、はたして、追いつけるのか……。

中でもトヨタは日本最大企業だ。

トヨタが潰れたら、日本経済が潰れる。それほどまでに、同社の命運に、日本の未来がかかっている。

トヨタのトップは豊田章男社長(65歳)だ(写真1)。

そのトヨタと対照的なEVメーカーがある。

それがテスラだ。率いるのは若きCEOイーロン・マスク(50歳)(写真2)。

テスラは、2003年創設。まだ、創業以来18年という若い会社だ。

それでいて、EV開発と生産で世界トップの座を快走する。  

いまや、EV開発のカリスマ的存在であるイーロン・マスクは、2008年、CEOに就任。

同社の社名は、科学史における最大天才ニコラ・テスラ(写真3)へのリスペクトから命名された。

イーロン・マスクによれば、同社の目的も明快だ。

「…… E V やソーラー発電などによって、持続可能エネルギーへの移行を推進する」

トヨタvsテスラは、まさに、豊田章男vsイーロン・マスクの対決に帰結する。

両者のリーダーシップが勝敗を決する。それは、まちがいない。

〝水平展開・ピラミッド〟と〝垂直統合・直線ライン〟決定的違い

両者の企業風土と経営の違いを見てみよう。

トヨタは、水平展開・ピラミッド方式だ。

テスラは、垂直統合・直線ライン方式だ。

分かりやすくいえば、トヨタは傘下に膨大な下請け企業群を抱えている。そのピラミッド構造の頂点に立つのがトヨタ本社だ。これらを総称して、トヨタ・グループと呼ぶ。

まさに、運命共同体だ。トヨタの躍進を支えたものに、有名な〝カンバン方式〟がある。下請け企業が納期にピタリ合わせて部品を納入する。

まさに、一糸乱れぬサプライ・チェーンの奇跡がなしえた技だ。

さらに、トヨタ戦略は、水平展開である。

はやくいえば多方面に展開する。自動車でいえば、ガソリン車、ディーゼル、ハイブリッドさらには水素燃料電池車など、多面展開している。

さらには、トヨタホームなど住宅部門、スマート・シティ構想など、本業とは無関係な分野にも、積極的に投資、グループ会社総数は805社にも及ぶ。

この膨大な企業群が〝ピラミッド〟を構成している。

これに対して、テスラの経営は超シンプルだ。それは〝直線ライン〟で構成される。つまりは、タテ一直線だ。

トヨタは下請け企業に外注する。

つまり、アウト・ソーシング。テスラは、それを一切しない。すべて内注(イン・ソーシング)だ。

すべてはテスラ本社が取り仕切る。ということは、すべてイーロン・マスクが決裁する。

つまり、若きCEOが全権を掌握している。

これが、テスラ爆速スピードの根源にある。

垂直投合は、意思決定システムだけではない。資源調達から販売戦略まで、その垂直統合の思想は、貫かれている。

テスラ爆速を見せつけるのが、売り上げの凄さだ。超人気車種モデル3は、世界EV販売で、ぶっちぎりの1位だ。さらにテスラYも5位に付けている(図4)。

資源は自社調達、CM、ディーラー、営業ゼロ

ガソリン車からEVへ――。その切り換えの成否を分けるのがバッテリーの調達だ。

EVシフトが成功するか? 失敗するか?

それは、一にも二にもバッテリーの確保にかかっている。

テスラは、EV全車種の搭載バッテリーをすべて内製化している。その垂直統合システムを象徴するエピソードがある。

高性能リチウムイオン・バッテリーにニッケルは不可欠だ。そして、世界最大生産国はインドネシア。

しかし、同国はニッケル輸出に厳しい制限をかけている。すると、イーロンの提案は大胆だ。

同国に、ニッケル鉱山経営を申請したのだ。部品調達に必要なら鉱山も自前で所有する。

まさに、垂直統合戦略の真骨頂だ。

さらに刮目すべきは、テスラは一切CMを制作しない。これは、トヨタなど日本の自動車メーカーにとっては仰天だろう。

彼らは、クルマは――CMで売るもの――という固定観念がある。

しかし、イーロンは違う。

「いいものはSNSで拡散される」。

つまり、ネットのクチコミで十分という自信。だからディーラーもゼロ。セールス営業部員もゼロ……。

つまり、CM、ディーラー、営業無し。

それでは、テスラのEVを買いたい人は、どうしたらいいのか? 

ネットで購入を申し込む。まさに、アマゾン通販で買うのとまったく同じ。オンラインで〝ポチッ〟とすれば、それで商談成立……!

セールス来訪もなければ、ディーラーに出向くこともない。

トヨタをはじめ、既存メーカーは、これら間接経費に膨大なコストをかけている。

それが、テスラはゼロ……! 

まさに――高性能、低コスト、低価格――という同社独自の企業戦略を、爆速で加速している。

テスラ・ショック!年に150万円も値引き

この革命的な企業風土だけを見ても、同業他社がテスラに追いつくことが、極めて困難なことが分かる。

それだけではない。テスラは大胆不敵な値引きを突然行った。

2021年初頭、世界の自動車業界に衝撃が走った。それが、テスラ・ショック。同社は、EV価格を、最大約150万円もの大幅値引きを断行したのだ。
 
これだけの大胆な値引きを行える体力は他社にはない。さらに、テスラの競争力を支えている戦略の一つに、EV車種の圧倒的な少なさがある。

開発に当たってイーロン・マスクの頭には〝SEXY〟の四文字があった。

だから、テスラS、テスラX……Yなど、これら文字を冠する計画だ。

しかし、同社ベストセラーEVは〝テスラ3〟。これは訳ありだ。イーロンは〝テスラE〟と命名する予定だった。

しかし、ダイムラー社がすでに商標登録済み。そこで、仕方なく、〝E〟をひっくり返して〝3〟とした。〝SEXY〟が〝S3XY〟となった。

少し、ニヤリとする話。これだけでも、車種の少なさが際立つ。

販売するのは四車種のみという圧倒的少数精鋭――。それだけで、同社は世界最大EVメーカーに昇り詰めたのだ。

2021年、上四半期(二期目)で、30万6421台を達成。年産で約80万台だ。前年比1・6倍!まさに爆速成長ぶり。

100万、200万台も時間の問題だ(図5)。

これら四車種のデザインは、ほとんど同じ。そこには、見かけではなく、性能で売る……というイーロンの自信が伝わってくる。

他メーカーは、数十もの車種ごとに、外観、デザインに、凝りに凝りまくっている。

それだけ、さらにコストはかさむ。逆にテスラのシンプル主義は、さらなるコスト・ダウンを可能にしている。

そのEV性能も凄まじい。

テスラSは、わずか2・7秒で時速100㎞まで加速。F1レーサーですらついていけない加速力だ。

一充電の航続距離は630㎞以上。そして、高速道路は、ほぼ自動運転を可能にしている!(写真6)

操作パネル、PCアップグレード、車体一体成型

テスラの奇跡は、まだまだ続く‥‥‥。

テスラの運転席を見たら、だれでも呆気にとられるだろう。

おなじみの計器パネルがゼロ! ただ縦長ディスプレイしかない。つまり、すべての表示と操作は、このパネルで行う。テスラは〝走るコンピュータ〟なのだ。

そして、驚嘆すべきは、その電子制御の集中力だ。

あらゆる機能を一つのソフトで制御する。

これは、既成ガソリン車では絶対に不可能だ。EVだからこそ全機能をコンピュータ制御できる。

さらに、凄いのは、購入後も搭載ソフトが逐次アップデートされること。

各オーナーの走行記録がビッグデータで蓄積される。その走りの個性に応じて、EV性能がカスタマイズされる。

それも、ディーラーなどに出向く手間は一切不要。無料で、またたくまに、性能はアップする。

これは、PCアップグレードと同じ。販売後カスタマーサービスが、あなたの所有するテスラを、刻々、性能向上させる。

だから、買った後も、航続距離延長も可能だ。

既成の自動車技術者……クルマ屋、エンジン屋には、想像すらつかないだろう。

さらに、1年で一気に150万円値引き……。

それができた理由がある。それが、リチウム電池価格の下落だ。巷間では「電気自動車は高い」が常識だった。

価格のほとんどが電池コストで占められていたからだ。

しかし、その電池価格は、年々、下落傾向にある。

10年前に比べて10分の1近い値下がり率だ。だから、テスラは大胆不敵に大幅値引きに打って出たのだ。

さらに、価格は下がり続ける。すると、EVとガソリン車の優位性は、完全に逆転する。

内燃機関のクルマは、すべてガラパゴスに取り残される。

加えて、業界を震撼させるテスラの技術革新がある。それが、車体一体成型だ。ボディのアルミを鋳造して一気プレス……で完成! アッという間の早技だ。

⑴スピード、⑵精度、⑶強度、⑷少部品、⑸低コスト、⑹高リサイクル。

精度も強度も増して、従来比で部品数は約100分の1に激減。それで超低コストが可能に。

加えて、ほぼ100%車体リサイクルも可能になった。

イーロン・マスクは、これら超高性能の超ギ ガ・ファクトリー巨大工場を、中国、上海を皮切りに北米(テキサス)、ベルリン……など世界5か所に爆速で建設を進めている(写真7)。

これらは、おのおの、年間100万台生産を可能にする。

工場内を見ると、ほとんど従業員の姿が見受けられない。つまり、あらゆる工程を行うのはロボットだ。それが、もの凄い速さで、もの凄い数のテスラ車を生み出している(写真8)。

深夜料金でEV電費は約10倍優れる

以上――。テスラが他社の追随を許さないほど先行していることが、よく分かる。

しかし、それだけではない。さらに、テスラが誇るのが〝自動運転(オートドライビング)〟だ。

それは、まさに自動車業界では、見果てぬ夢だった。テスラはこの分野でも他社を引き離している。

最新リポートによれば、高速道路で、テスラ車はほとんどハンズフリーで走行可能という。

さらに、テスラはワン・ペダルで運転可能だ。

つまり、アクセルだけで操作できる。アクセルを離せば、自動ブレーキがかかり、ストップ。これは、EV独特の〝回生ブレーキ〟のなせる技だ。

この〝ブレーキング〟エネルギーを、モーターが回収して、発電し、バッテリーに蓄電する。

他方、ガソリン車などはブレーキ・シューを摩擦で発熱させて無駄に消えていく。

ここでも、EVの省エネ性能に軍配が上がる。さらに、特筆すべきは、EVの燃費の安さだ。

たとえば、ガソリン車はガソリン1リットル、150円で約15㎞走る。つまり、1㎞当たり10円。

ところが、高性能EVは電気代換算で1㎞当たり1円で走る。概算でEV燃費(電費)はガソリン車より約10倍も優れる。

その理由の一つが安い深夜料金で充電するからだ。

つまり、EVは各家庭でフル充電する。

それが、一般的な使用法だ。

これは、ガソリン車に比べて、はるかに長所となる。ガソリン車は、わざわざガソリンスタンドまで行かないと給油できない。

そして、少子化で、給油スタンドの数は急速に減っている。

EVは帰宅して、プラグを差し込んで終わり。スマホとまったく同じ。翌朝は、フル充電で目いっぱい走れる。

一充電1000㎞! 中国製EVの衝撃・・・

詳しくはこちらより購読をお願いしますザ・フナイ 2021年10月号

ザ・フナイ 2021年10月号  マスコミのタブー200連発〈139〉 より

月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。

舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

【マス・メディアには載らない本当の情報がここにはある】

月刊誌『ザ・フナイ』: http://evavision.shop-pro.jp/

月刊誌『ザ・フナイ』年間購読: http://evavision.shop-pro.jp/?pid=112414187

【アマゾン・リンク】

バックナンバー一覧はこちらから: 月刊 ザ・フナイ

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから