高血圧を自分で治す最強極意

シェアする


高血圧を自分で治す最強極意 (減塩なし! 血圧を下げる食事 ポスター付録)

★「減塩」が高血圧を下げる答えではない!

医師が患者に指導し成果を上げている、減塩せずに「血圧を下げる」レシピを紹介。減塩しても血圧がなかなか下がらない人にぜひ読んでほしい1冊。

薬をやめて血圧が下がったケースや、医師が太鼓判を押すチョコレートやブドウジュースを使った降圧テクニックなど…

高血圧対策のこれまでの常識を覆すコンテンツを満載。

降圧剤をやめたら血圧が下がって正常化!幻覚が消え認知症まで改善し皆驚いた

東京都・56歳 Aさん

青黒かった手の指がキレイなピンク色に一変

現在89歳になる私の父は、昔から血圧が高く、40代から降圧剤を飲んでいました。それ以外はいたって元気で、80歳までテニスをしていたほどです。

そんな父も、83歳から認知症が始まり、週に2回ほどデイケアサービスを受けるようになりました。

そのころから、表情がかたくなって顔色は悪くなり、口数も減っていったのです。

また、薬を飲むことも嫌がるようになりました。そのころには、慢性膵炎や前立腺肥大症を患っていたので、5~6種類の薬を飲んでいたのです。

父は嫌がっても、介護する立場の母はきちんと飲ませようとして、いつも苦労していました。

ジュースに入れたり、あんこに包んだりして工夫しましたが、父は薬を探し当てて出してしまうのです。

その様子を見ていた私は、「もう高齢なんだし、好きにさせたほうがいいのでは」と思いました。

そして、母と相談し、かかりつけの医師に「薬を飲むのをやめます」とキッパリいったのです。

2年前、こうして父は、一切の薬を断ちました。すると意外にも、父の状態がいろいろと改善してきたのです。

まず、血色がよくなりました。手の指はいつも青黒く、爪の色も悪かったのですが、いつの間にかキレイなピンク色になりました。

手を触ってみると、「あれっ」と思わず声が出るほど温かく、驚きました。父はいつも手足が冷たかったのですが、血の巡りがよくなったようです。

体温も上がり、いつ測っても36.5~37度あります。

表情も変わりました。薬を飲んでいたときは、いつも顔をしかめて、イライラしていましたが、今は、上機嫌でニコニコと笑みがこぼれ、楽しそうです。

170mmHgもあった血圧が140mmHgで安定

断薬に際して、心配だったのは血圧でした。以前は、薬を飲んでいても、最大血圧が150~170mmHgもあったからです。

ところが、薬をやめたら、逆に血圧が下がったのです。今では、140mmHg前後で安定しています。

また、以前は、前立腺肥大症の薬を飲んでも尿の出が悪く、イライラしていました。それが薬をやめたら、尿がスムーズに出るようになったのです。

さらに、慢性膵炎の薬をやめても、痛みなどの症状は全く出ません。

なにより驚いたのは、薬をやめたら、認知症が改善してきたことです。以前は、あまりしゃべらず、たまに話す言業も単語だけでした。

それが、薬をやめてからは徐々に言葉が長くなり、今では短い文章を話せるようになったのです。

無理やり食べさせられていた食事も、自発的に楽しそうに食べるようになりました。

感情も豊かになって、「おいしい」「ありがとう」「キレイだね」という言葉を、頻繁に口にするのです。

幻覚もなくなったようです。

薬の影響だったのかはわかりませんが、以前は「屋根の上に誰かいる!」と叫んだり、同じ歌をくり返し歌ったりすることがありました。

そうした言動も、すっかりなくなっています。

思い切って薬をやめて、ほんとうによかったと思っています。父の健康状態が回復し、笑顔が戻ったことが、うれしくてたまりません。

脳への血流が復活し感情や言語機能が回復

サン松本クリニック院長 松本光正

私の患者さんにも、降圧剤をやめて健康になった人がたくさんいます。

高齢者が降圧剤を飲むと、血流の勢いが落ち、脳へ十分な血液が供給されなくなります。そのせいで、脳の機能低下が生じることがあるのです。

Aさんのお父様は、薬をやめたことで脳への血流が復活し、感情や言語機能が回復したのでしょう。

また、複数の化学薬品を飲むと体がストレスを感じ、体温が低下して、血流は悪くなります。

薬のストレスがなくなったことも、全身の血流を改善したと考えられます。

高血圧を自分で治す最強極意 (減塩なし! 血圧を下げる食事 ポスター付録)
マキノ出版 2017-01-06
売り上げランキング : 31453

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め