病院で殺される 船瀬 俊介 (著)

シェアする


病院で殺される

現代医療の大崩壊が始まった

「病院ストで、死亡率半減……!」
2人に1人は病院で〝殺されて〟いた。あなたは信じられるだろうか?

イスラエルで起こった現代医療の奇妙な〝副作用〟。

1973年、同国全土で医師たちによるストライキが強行された。

ストは1カ月間続いた。その期間中に、国内の死亡率が半減した(エルサレム埋葬協会調べ)。

これほど死亡率が激減したのは、20年前、やはり医者がストをしたとき以来。そして、病院が再開すると死亡率はもとに戻った!

「医者はストを続けるべきだ。それも、永遠に……」

皮肉なコメントは、アメリカのロバート・メンデルソン医師(小児科医)。

ワクチン:「劇薬」で子どもを殺す。

予防接種:有害無益、病人狩り仕掛け罠。

輸血:昭和天皇も殺した近代医学の最大失敗。

血液製剤:副作用まみれの吸血ビジネス。 

白血病:ガンではなかった! 団十郎も虐殺された。

抗ガン剤:ガン死亡率41倍の毒ガス兵器が化けた。

クスリ:飲むのは動物以下の愚行。

臨床試験:3分の2はねつ造、科学誌データの半分以上は無効。

風邪薬:絶対飲むな! 治す薬はない。寝てれば治る。

ガン治療:拒否した人は4倍以上長生きする。

三大療法:抗ガン剤・放射線・手術で年28万人を殺戮。

うつ病薬:自殺リスクが10倍増! 暴力衝動で犯罪多発。

老人病棟:最後は裏の〝薬殺マニュアル〟で「処分」。

平均寿命:長寿神話の嘘。ペテン数値にだまされた?

──年間40兆円医療費の9割は不要だ。

36兆円分が地上から消えれば、もはや「病院で殺される」ことはない。

わたしたちは、健康で幸福で長寿の人生を心から満喫できる。

三た主義を検証する「使った!」「治った!」「効いた!」

●ー00人の名医こそ自然治癒力

「このクスリは効くよ」と自慢する人がいる。

「使ったら、すぐに治ったんだよ。だから効いたんだナァ」だれでも「ナルホド……」と、うなずいてしまう。素人のオジさんの自慢話ならほほえましい。

ところが、大手の製薬会社ですら、このペテン論法で医薬品の効能・効果を高々とうたっている。

——「使った!」「治った!」「効いた!」の三段論法。

これを俗に三た主義と呼ぶ。一見、筋が通っているようで、まったく非論理的なのだ。

「人間は、生まれながらに100人の名医をみずからの内に持っている」

これは古代ギリシャの医聖ヒポクラテスの歳言である。その哲学は、いまだに引き継がれている。ここでいう100人の名医とは、なんだろう。

それは、自然治癒力にほかならない。自然治癒力とは何か?

それを理解するには、まず「ホメオスターシス」(恒常性維持機能)を知らねばならない。

読んで字のごとく、いかなる生物体も、その内に「恒常性」を「維持」する「機能」を有している。

これぞまさに大自然の驚異。神の恩寵。仏の加護……。

人体でいえば「体温」が典型的だ。体温が変動すれば身体はあらゆる機能を駆使して平熱(約36度)に安定させる。

体温が上昇すれば汗をかいて、その蒸発による気化熱で身体を冷まそうとする。

逆に、体温が下がると全身の筋肉を震えさせて、血行を促進し、体温を上げようとする。寒くなるとガタガタ震えるのはそのためだ。

その他、体液濃度、電解質バランスなどなど、この恒常性をあげていたらキリがない。

●自然治癒力を教えない!医学狂育

西洋医学にとっては「発熱」自体が「病気」なのだ。

だから、発熱という「症状」をクスリで止めれば「病気」は治ったコトになる。よって「対症療法」と呼ばれる。

西洋医学は、この薬物療法に完全制圧されて今日に至る。だから、発熱したら「解熱剤」をあたりまえのように処方する。

発熱は東洋医学では、治ろうとするあらわれ、つまり「治癒反応」なのだ。それを、クスリで止める。

よって「逆症療法」ともいう。発熱は止まっても「治癒反応」はストップされ振り子は斜めに傾いだまま。

「病気」は治らず固定化つまり「慢性化」される。よって、薬物療法は自然治癒力を真っ向から阻害する、きわめて非科学的な狂った医学なのだ。しかし、

このことに医学教育(狂育)は一切触れない。

ーー実際、大学医学部の講座は「自然治癒力」を一切教えない。

わたしは大学医学部の教育カリキュラムに「自然治癒力」の講座が1時間も存在しないこと
に心底驚いた。

●「治った」は薬でなく治癒力のおかげ

しかし、想像してみてほしい。自然治癒力を教えない医学は、ニュートンカ学を教えない物理学のようなもの。

これでは製薬メーカーのロボットのようなバカ医者が大量生産されても当然だ。

このように現代医学は、古代ギリシャの医聖から、はるか遠くの奇妙で凶悪な世界で繁栄している。

そこは、おびただしい死神と悪魔の棲む世界だ。

さてー。

ここまで論証して、冒頭の三一た主義クを検証してみよう。

 クスリを「使った!」「治った!」「効いた!」の三段論法は、オカシイことがすぐにわかるはずだ。

人間の身体だけでなく、自然界のあらゆる生物には、すべて「恒常性維持機能」(ホメオスターシス)が生来より備わっている。

だから、あるクスリを使って、治ったとしても、それはクスリで治ったことの証明にはならない。

なぜなら、人体にも自然治癒力が備わっており、自然治癒力で治った可能性がきわめて高いからだ。

抗ガン剤・放射線・手術などのガン治療を受けた人は平均3年で死に、拒否した人は12年6カ月も生きた(米、ハーディン・ジェームス博士)。

この有名なエピソードがすべてを物語る。現代医療を拒否した人たちを4倍も長く生かしたのは自然治癒力のなせる業だ。

ガン治療を受けた人が、受けなかった人の4分の1しか生きなかったのも、ガン治療で自然治癒力を殺いだためだ。

病院で殺される
船瀬 俊介 三五館 2013-07-23
売り上げランキング : 127777

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め