大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事  南雲 吉則 (著)

シェアする


大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事

「食生活を変えること」命の食事をはじめましょう!

テロメアの長さが12O歳まで用意してあるとはいえ、実際にはそこまで生きられる人はほとんどいません。

なぜだと思いますか?不摂生をするからです。

私たちの体は、管でできています。口からおしりまでは「消化管」、鼻から肺までは「気管」といいます。

この管は栄養をとり込む入り口でありながら、外敵や毒の侵入を防ぐバリアでもあります。

その内側は粘膜でおおわれています。

cigarettes-83571_640

しかし、タバコを吸ったり、暴飲暴食をしたりすると、粘膜の表面に炎症が起こります。発赤、発熱、腫脹、疼痛が炎症の4徴候です。

この段階なら、病院に行かなくても4~5日不摂生をやめれば回復します。

でも、人間は愚かです。

回復するとまた不摂生を始めてしまいます。そして今度は粘膜に穴があきます。

これを潰瘍といって入院が必要です。

それでも、入院していると1週間くらいでよくなります。みなさん、それを医学のおかげと感謝しますが、医者は何もしていませんよ。

したのはみなさんを喫煙、暴飲暴食、夜ふかしのような不摂生から隔離しただけです。

食事や夕バコや感染によって傷ついた粘膜を修復するためにあらわれたのががん細胞です。

150711148887_TP_V

私たちが「狂った食事」や「狂った生活」をつづければ、どんな最新治療を受けても命は助かりません。

しかし私たちが、がんから命を救うための食事と生活術、すなわち「命の食事」と「命の生活」をつつければ、がんの増殖を止めることができるのです。

腸内環境をととのえる食品

腸の中にはさまざまな菌がお花畑のように広がっているために、その様相から「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれています。

「雑草が生えていない美しい花畑」とは「悪玉菌が生えていない善玉菌の花畑」ということです。

善玉菌の花畑をつくるには、「畑を耕す」「肥料を与える」「種をまく」の3条件が必要です。

flower-garden-250016_640

「畑を耕す」とは善玉菌が生育しやすい土壌をつくるということです。それが不溶性食物繊維をとるということです。

「肥料を与える」とは水溶性食物繊維をとるということです。

「種をまく」とは善玉菌をとるということです。

ごはんにかけて食べられる菌は善玉菌。たとえば、麹菌、酵栂菌、乳酸菌、納豆菌です。

一方で、大腸菌もウェルシュ菌も大腸の常在菌ですが、ごはんにかけられませんから悪玉菌です。

その善玉菌をとるのに最適なの、発酵食品。チーズやヨーグルト、みそ、納豆、漬け物などです。

N612_misotodaizu_TP_V

ただし善玉菌も悪玉菌も胃酸にとかされて、ほとんど殺菌されますから、よいものは毎日とらないといけません。

たとえ胃酸で殺菌されても「ワクチン効果」を発揮します。

完全栄養

完全栄養は、私たちの体を構成しているすべての栄養素を同じバランスでとる、ということです。

そこで私は生物が生きている姿のまま食べる、まるごと食をおすすめしています。

しかし大きな魚や牛や豚をまるごと食べることはできません。トロやヒレの部分だけ食べるので、偏った「部分栄養」になるのです。

小さな魚を皮ごと骨ごと頭ごと食べてください。いわしを筆頭にしらす干し、さくらえび、ししゃも、いかなどです。

sardines-1106190_640

魚の皮下脂肪にはオメガ3のオイルがふんだんに含まれていますので、皮を残してはいけません。

野菜は皮ごと葉ごと根っこごといただきます。

れんこんも、ごぼうもにんじんも、皮はむきません。かぶや大根は、葉っぱも皮も食べます。

ふろふき大根を作るなら、むいた皮はきんぴらに、大根の葉はみそ汁の実にして食べるといいでしょう。

ほうれんそうやせりの根っこは必ず食べましょう。

オメガ3のオイル

olive-oil-507129_640

植物油に含まれるオメガ3 オイルを「a —リノレン酸」といいます。

これは動物の体内で「EPA(エイコサペンタ塩酸)」に変化し、さらに「DHA(ドコサヘキ
サ塩酸)」に変化します。

EPAには抗炎症作用があり、アレルギー、膠原病、糖尿病、肺炎、胃潰瘍などの炎症を抑えてくれます。

また炎症部位にあらわれるがんの発症率を下げてくれます。

EPAはさらに血液をサラサラにしてくれて、心筋梗塞や脳梗塞を予防してくれます。

DHAは脳細胞、目の網膜細胞、精液をつくりますので、お子さんがとれば「学力アップ」「視カアップ」、シニアがとれば「認知症予防」「老眼予防」「精カアップ」になります。

オメガ3は寒い地方の植物の池ですので、固まりにくく、一方で熱に弱く酸化しやすいという特徴があります。

次のような油があります。

えこま油、亜麻仁油、カメリアオイル、サチャインチオイル(アマゾン原産だがビタミンEが多い)。

大切な人をがんから守るため 今できること 命の食事
南雲 吉則 主婦の友社 2016-05-25
売り上げランキング : 6878
by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!