足先を温めて心を癒してゆく【 「頭寒足熱」を各自でめざす】

シェアする

宗教法人求道実行会三島責任役員・NPO法人法沖ヨガ協会・ブラーフマンヨガセンター・北山佐和子連載コラム

ヨガでいう自然体【頭寒足熱】を各自でめざします。

心臓から遠い足の指先を刺激して、血行など流れを良くします。

右足指先の刺激は左脳、左足指先の刺激は右脳の刺激になります。

また足指先の刺激は内臓の刺激ともなり、内臓全体を活発にしてゆきます。 ヨガの自然体→上半身(首、肩、胸)がリラックスでき、息が深くなり、自律神経が穏やかになります。

写真1

壁などに両足を心臓より上に上げ伸ばし寝ます。

腹式呼吸法します。

意識的に息を吐いて、お腹をへこませます。

上半身の力をぬいてゆきます。

息を吸って腹をふくらませます。 意識的に、長く~息をゆっくり吐いてゆきます。

腹式呼吸法で上半身の力をぬき、下肚に気を静めます。

【上虚下実】ヨガの自然体を、腹式呼吸法で目指します。

写真2

左脚を右脚の上に乗せます。

左足の親指を右手で持つ。

左足の親指を、右手で回す、引っ張る、捻るを息を吐きながらします。

五本指~同様に回す、引っ張る、捻るを息を吐きながらしましょう。 右足も同様にします。

写真3

四つん這いになります。

左手で左足の小指から、上に引っ張りながら回す、捻るを息を吐きながら刺激し 薬指→中指→第二指→親指と、同様に上に引っ張る、回す、捻ります。

右足も同様にします。

足先の血行が良くないと、指を持つだけでかなり痛い指などが、あるでしょう。

息を吐きながら、各自の足の指先を、ご自分で丁寧に刺激してみましょう。

足の指先の血行がよくなると、上半身に力が入ってる方や、肩こりの方などは、 かなり楽になるでしょう~。

リラックスでき、息が深く落ち着き、心が穏やかになるのが実感できるでしょう。

写真1、2、3を一週間に一回じっくりするよりは、写真1、または2、または3を、10分でも、毎日続けられるやり方が、いいでしょう~。

日常生活に【頭寒足熱→上虚下実】を、 各自で取り入れ、各自でヨガの自然体をご自分で体得してゆきましょう~。

沖ヨガセミナー、プチ断食合宿などの詳細、お問い合わせはこちらから: NPO沖ヨガ協会中部連合会

【こちらもオススメ】 熟睡するための意識的な腹式呼吸法【心身の緊張を緩める】 手足の毛細血管の血行を良くして免疫力を高める運動【冷え性予防・身体を温めよう】 手の指への刺激で【不眠、頭部の緊張、疲労感】を軽減する

北山佐和子 1952年生まれ。18歳から沖ヨガ修道場を経て海外(フランス、ルーマニア、ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国、台湾etc) 指導体験を活かし、日本国内のヨガ指導員養成コース他、中部沖ヨガ指導員セミナーを定期的におこなう。 宗教法人求道実行協会三島責任役員、NPO法人沖ヨガ協会中部連合会事務局、ブラーフマンヨガセンター主宰メンタルヨガ、マタニティヨガ、妊活ヨガ、眼ヨガ、鼻ヨガなど集中セミナー開催。 妊婦、妊活夫婦、整体師、実業家、術後患者などの心身パーソナルトレーニングの予約制で受付。 自宅アシュラムでのプチ断食合宿(毎年5月連休)・妊活ヨガ合宿を定期的に実施。20代にミス・ワールド愛知代表となりミス・コンテスト審査委員も努めた。 主な著書に「ヨガの気持ちで自然流育児―年齢別・症例別詳解 (健康双書)」農文協出版 「恋する女神になるヨガ―東洋医学のビューティ・レッスン」「ヨガ呼吸修正行法上下巻」日貿出版 電子書籍「赤ちゃんが欲しい二人のための妊活♡ファミリー 沖ヨガ Birth-Wanted OKI-Yoga!がある。