図解 世界「闇の支配者」 ベンジャミン・フルフォード (著)

シェアする


図解 世界「闇の支配者」

歴史の中で、「ユダヤ人」が突知として台頭した理由

「闇の支配者」の中核を成す「イルミナティ」は、表の歴史では、1776年にドイツ南部でアダム・ヴァイスハウプトが創設したとされている。

しかし、それとは別に、「裏の歴史」で存在するイルミナティがある。

「裏の」イルミナティの使者、レオ・ザガミ氏によると、彼らは古代アトランティスを起源にしているという。

また、イルミナティの研究家、フリッツ・スプリングマイヤーは、闇の支配者の一角のロスチャイルド家が、神に背き自らの力を誇るべくバベルの塔を建設したニムロデの末裔だと指摘している。

さらにこの系譜は7世紀頃にカスピ海の北に興ったハザール王国の民へと繋がる。

彼らは、ローマとの戦いで敗走するときに、エルサレムに宝を隠し、代々その在処を教え継いできた。

jerusalem-1262789_640

後世、イスラムによってエルサレムが支配されたときに、テンプル騎士団などを結成していた彼らが、聖戦に紛れて祖先の埋めた宝を掘り起こした。

これが、ロスチャイルド家などが、突如として歴史の中に金持ちとして登場した要因である。

以上が、「ニュー・ワールド・オーダー」という、血統支配による世界構築を目論む闇の支配者に繋がる系諮である。

欧州統合の象徴であるEU議会のピルが、彼らの祖先が神に背いて建てたバベルの塔と瓜二つなのは、欧州が彼らの手にあることの証に他ならない。

さらに、私が入手した最新情報によると、冒頭で触れた「表の」イルミナティは、ドイツ系プロテスタントの一派やトゥーレ協会の反血統主義派と共闘。

MJ12という組織を中心に「真のイルミナティ」を自称し、彼らが「オールド・ワード・オーダー」と位置つける血統支配派の打倒を目指しているのだ。

闇の支配者の頂点に立つ、5つの「ファミリー」

イルミナティの中でも、最も権力を有するのは5つの血族だ。


ロックフェラー回顧録(上) (新潮文庫)

まずはロックフェラー家。石油メジャー「セブンシスターズ」の長女として石油利権を握り、現在は、米系投資銀行を通じて原油マーケットを支配している。

そして、ドルを石油兌換券とすることで、世界経済をもその手中に収めた。

デビッド・ロックフェラーは、ビルダーバーグ会議や300人委員会など附の支配者傘下組織の多くに顔を効かせる世界皇帝だったが、最近勢力が弱まりつつある。

そして、そのロックフェラーと共に、現在の世界を牛耳る尖兵となったのが第41代アメリカ合衆国大統領ジョージ・H.W・ブッシュのブッシュ家である。

ロックフェラーとともに石油利権を握るべく世界最強のアメリカ軍を動かし、紛争を誘導。

ただ、不肖の息子ベビーブッシュの大統領就任によって、間の支配者の支配関係が揺らぎつつある。

イルミナティの中でも最古の歴史を誇り、欧州金融界を支配するのがロスチャイルド家。


ザ・ロスチャイルド

本家の当主はジェイコブ。18世紀から戦乱に乗じて各国政府や王朝に出資。「敵味方関係なく利益が得られるところに投貿する」哲学を貫く。

そしてエリザベス女王のウィンザー朝。元はドイツ系であるハノーヴァー朝の系譜。親族が穀物貿易会社を経営しており、裏で世界の食糧事情を牛耳る。


エリザベス2世 知られざる女王の素顔 [DVD]

最後にローマ法王。現在のペネディクト16世は本当はカトリックではなく、他の一神教信者。人心を採る宗教を司る。


ローマ法王 ヨハネ・パウロ2世 平和の架け橋 [DVD]

2代前のヨハネ・パウロ1世は本物のキリスト教徒だったために暗殺された。

この5人を頂点に据えた、闇の支配者=イルミナティは、現在の支配に飽き足らず、恐ろしい計画を持っているのだ。

闊の支配者が目指す彼らの理想郷とは?

彼ら闇の支配者は何をH指しているのか?その答えは「ニュー・ワールド・オーダー(NewWorld Order)」=「新世界秩序」という言葉に集約されている。

一言で言うと、国家の枠組みを超えた少数のエリートで富を独占し、その他の人類はすべて家畜化することだ。

そのために、彼らはすでに石油利権を掌握し、軍産複合体を暗躍させ、国際金融資本を操っているのだ。

しかし、より問題なのは、家畜化する人類が増えすぎているという持論を彼らエリート層が持っていることだ。

1970年代くらいから、デビッド・ロックフェラーなどを筆頭に闇の支配者勢力が「環境問題」を訴え始めた。

聞こえはいいが、この思想の背最にあるのは、自然や地球の行く末を危惧しているわけではなく、増えすぎた貧乏人の無駄飯食いどものせいで「自分たちの」資源を浪費されたり割を食いたくないという考えなのだ。

clown-1651872_640 

そこで彼らが考えていることが、40億人にも及ぶ有色人種の「間引き」だ。

強烈な白人優位の思想を持つ彼らにとって、有色人種は人口ばかり増えて環境を悪化させる「ガン細胞」くらいの存在。

そこで、人為的に自然災害を起こしたり、生物兵器を使い疫病を流行らせたり、戦争を起こして人口削減を目論んでいるのだ。

現に、昨今のSARSなどの疫病や、ハリケーンや地震災害、各地の紛争地帯を見てみるといい。ほとんどが有色人種が多く住む地域である。

驚くべきことに、彼らは超常現象や宇宙人襲来を演出しようとすら考えている。

現代の大衆が、現物的な娯楽に溺れ、思考力を失いつつある現状を見ると、そんな荒唐無稽なプランもあながち笑って済ますことはできないように思えてくる。

図解 世界「闇の支配者」
ベンジャミン・フルフォード 扶桑社 2010-08-04
売り上げランキング : 65125

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!