抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ 船瀬 俊介 (著)

シェアする


抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ

ガンの3大療法「抗ガン剤」「放射線療法」「手術」により、毎年25万人近くのガン患者が「殺されて」いる!

その戦慄と衝撃の事実をガン専門医たちの証言を交えて伝えると共に、3大療法なしにガンと戦うヒントや希望を綴る。

現代の日本ではあなたや身内がガンと診断されたら、まちがいなく病院で①抗ガン剤、②放射線療法、③手術・・・・・の治療を強制的に施される。

これらをガンの三大療法と呼ぶ。

ところが、じつはガン患者の25万人近くが、ガンではなく、これら三大治療により”殺されている”・・・・・・・とは。

あなたは声をなくして立ち尽くすだろう。

doping-271622_640

「抗ガン剤でガンは治せない・・・・・・・・・」

これは厚労省担当の回答だ。あなたには大ショックのはずだ。さらには同省担当は認める。

「抗ガン剤には発がん性があります」ガン患者に投与すれば「他の場所にも発ガンする」。つまり抗ガン剤は”増ガン剤”であることも認める。

さらに「ガン細胞はすぐに抗がん剤に耐性を持ちそれを無力化する」・・・・・・・。

厚労省担当官は平然と言い切る。「それらは皆、周知の事実です」つまり”常識”だ、と平然と言い放つのだ。

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

「でも・・・・・・お医者さんは”効きます”と抗ガン剤を打ってくれているのですが・・・・・・・」たいていの人は、この医者の一言にすがっている。

だがこの”効く”とはつぎのような意味だ。ガン患者に抗がん剤を投与する。そして”4週間”以内に腫瘍が少しでも縮むと”効いた”と判定するのだ。

抗ガン剤の「医薬品添付文書」には”毒”とはっきり書いている。抗ガン剤はほとんど例外なく猛烈な”毒物”なのだ。

”猛毒”をガン患者に投与する。それじたい狂気の沙汰だ。その”毒”は患者の全身を襲う。

髪の毛は抜ける。激しい嘔吐、下痢・・・・・・。

凄まじい副作用の数々。”毒”を盛られたのだから、当然だ。

bones-1294357_640

体中の組織、器官が悲鳴をあげる。絶叫する。ガン腫瘍じたいも、その”毒”に驚いてビクンと少し縮むことがある。

ほぼ10人に一人くらいに起こる。すると、その抗ガン剤を”有効”と判定するのだ。

たった10人に一人。

放射線療法も同じ。厚労相側も「放射線療法にも恐ろしい発ガン、増ガン作用がある」と認める。

「肝心の免疫細胞を殲滅し、その副作用は抗がん剤より、激しく、罪は重い」・・・・・・・と専門医は警告する。

radiation-646215_640

放射線療法でさらにガン患者は疲弊し、死期を早める。そして良心的な医師たちは「手術も受けないほうがいい」・・・・・・・という。

ガンで助かるのは、医者から見放された人、医者を見放した人・・・・・・・・・。

ガン三大療法を拒絶して、ではどのようにガンと戦ったらいいのだろう?その驚くべきヒント、奇跡が本書にこめられている。

抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ
船瀬 俊介 花伝社 2005-03
売り上げランキング : 72934

by ヨメレバ

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!