人とのつながりが免疫力をあげる

シェアする

ガンの克服・支援活動で、生還実績をあげる NPO 法人いずみの会発行の会報より許可をいただき一部抜粋、転載させていただいています。

人とのつながりが免疫力をあげる

副代表 斉藤 康夫

昨年の秋、名古屋での肺がんホーラムに参加した折、名古屋大学病院の医師が話された事に、思わずうなずきました。

名古屋大学病院である調査をしました。がん患者さんが一人で来院される方と二人(家族や友人)で来院される方の生存率を調べました。

二人で来院される方の生存率は単純に一人の方より1.5倍長かったそうです。

いろいろな原因が考えられますが、私がすぐ感じたのは、家族や友人とのつながりが強い方ほど免疫力が上がっているからではないのか?

免疫力が上がり、がんを押さえつける力が増したのではないのか、治療に対しても前向きの力が働いたのではないかと。その結果として、生存率が上がったのではないかと考えました。

100年以上生きている方をセンテナリアンと言います。

この方達を対象に世界的な調査をしました。考えかた、食事の内容、何をしているのか、などなどです。その抽出した中で多いうちの一つが「ボランティア」でした。

ボランティア活動では人や社会とのつながりが必然的に深くなります。人とのつながりが強い方ほど免疫力が強くなっているという事でしょうか。

免疫力が高いから100年以上生きてきたと言えるかもしれません。

人類は社会的な集団生活をして生き延びてきました。神経は社会につながり、お互いに助け合うよう生物学的にプログラムされているとも言われています。

最近の研究によって人と人とのつながりが深くなるにつれ長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が目覚めることが分かりました。

長寿遺伝子はすべての人が持っている遺伝子です。普段はスイッチがオフになっていますが、人や社会とのつながりが深くなった時、スイッチがオンになり遺伝子が突然目覚めるのです。

そうであるならば、がん患者は家に閉じこもるのではなく、人と人との「きずな」「つながり」を求めて患者会などに積極的に参加すべきと考えます。

共に話し、聞き、自分の意見を述べ、学び、励まし合い、支え合って行くことが生存率を高めていくのです。

私は人とのつながりを最も重要視しています。がん患者同士のつながりの必要性と重要性は私の経験からも学んだ事です。

いずみの会は新事務所で「おしゃべりサロン」を定期的に、どんどん開催していきます。皆さまの参加をお待ちしています。

おしゃべりサロンに参加したら長寿遺伝子(サーチュイン遺伝子)が目覚めたぞ!と常にイメージし、私は良くなっていく!と思いましょう。

NPO法人いずみの会  会報164号(2017年7月発行)より

【こちらもオススメ】

病気治しは生き方直し【がんの原因は生き方】

「自分を認め、許し、愛してみよう!」~ が ん の 治 癒 か ら 得 た 智 慧 ~

「がん直し」を日常生活から見つめて~食べる、出す、眠る、そして楽しむ~

 
NPO法人 いずみの会
 
ご入会は、原則として、がん患者さん、その家族、体験者、その他 医療関係者、勉強をしたい方、ボランティアとして参加したい方とさせていただいております。

当会は、体験者が主体となってがん患者さんの克服支援をする非営利団体として活動をしています。お申込みいただきますと、資料と共に入会申込書と振込票を送付いたします。

折り返しご返送ください。両者がそろい、登録処理が終了した時点から、会員とさせていただきます。

NPO法人いずみの会は、がんの克服を目的とした非営利の団体であり、政治や宗教団体とは一切無関係です。

また、強制的に商品を販売する事もございません。尚、営業、興味本位による入会は、固くお断りしております。

入会金・年会費は理由のいかんに関わらず返金は致しかねますのでご了承ください。

ご入会のお申込みに先立ち、中山 武の著書をお読みいただき、がんに対する考え方をご理解ください。

また、ご自身でがんに打ち勝つ決心を固めていただきますようにお願いいたします。

いずみの会サイトはこちらから⇒いずみの会

入会金 10,000円
年会費 3,000円(ただし、10月1日から3月までのご入会は下半期として半額) 当会は、製薬会社・公的機関からの寄付・支援を受けていません。 入会金・会費によって運営されております。
お問合せ TEL.052-768-7311 FAX.052-768-7312
〒465-0095 名古屋市名東区高社2-80 佐藤ビル308号
受付時間 月曜・水曜・金曜 10:30~15:00(祝祭日は休み)
その他 事務局への飛び込み相談は一切対応しておりませんのでご了承ください。 電話・ファックス・郵送・メールフォームにて受け付けております。

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め