Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「人は生まれながらに、一〇〇人の名医を持っている」医聖ヒポクラテス

シェアする

船瀬俊介連載コラム

医療大崩壊 もう、クスリはのめない 医者にはいけない 船瀬俊介(著)より

第1章 医療は、死神にハイジャックされた

1 病気を治すのは自然治癒力ーー医聖ヒポクラテス

●人は誰でも一〇〇人の名医を持つ

▼人は生まれながらに、一〇〇人の名医を持っている。

これは、ヒポクラテスの言葉です。彼は、古代ギリシャ(紀元前四六〇~約三五七)の医者で、その箴言は今に伝えられ、医聖として今も称えられています。

「一〇〇人の名医」とは、いったい何でしょう?

一言でいえば自然治癒力のことです。彼はさらに次のように医師たちを戒めます。

▼病気とは自らの治癒力で自然に治すものである。

▼医者は〝一〇〇人の名医〟の手助けにすぎない。

つまり、医師の仕事は、患者の自然治癒力を助けることである、と諭しているのです。

まさに医療の、永遠の真理です。だから、医師、看護師たちは、その職責につくとき、必ず「医聖ヒポクラテスの誓い」を唱和します。

その真理に満ちたけ言葉の教々を紹介しましょう。それは、現代医学が、いかに誤った道に迷い込んでいるかを静かに正しているのです。

● 「食べまちがい」は万病の元である

ーーまず。人はどうして病気になり、どうして治るのでしょう?

▼賢者は健康が最大の人間の喜びと考えるべきである。(人生で最高の喜びは、富や名誉でなく健康である)

▼病気は神が治し、恩恵は人が授かる。(病気を治すのは神の恵み、自然治癒力である)

▼人は自然から遠ざかるほど、病気に近づく。(病気の原因は、不自然な生活である)

▼病人の概念は存在しても、病気の概念は存在しない。(病気など存在しない。存在するのは病んだ人間である)

ーー医聖は、病気の原因は不自然な生活にある、と喝破しています。不自然な生活とは、大自然(大宇宙)が与えてくれた生命の真理から、離れた生き方です。そのさいたるものが「食べまちがい」です。その最悪が「過食」(満腹)なのです。

だから、万病の治し方も明解です。それは「少食」(空腹)で治ります。「食」を「薬」とすればよいのです。

▼食べ物で治せない病気は医者もこれを治せない。(食事こそは万病を治す最善の方法である)

▼食事に無知な人が、どうして病気を理解できるだろう。(万病は食から起こる。無知で病気は理解できない)

2 汝の食を薬とし、汝の薬は食とせよ

「日々の『食事』こそ、病気を癒す『医薬』である」と医聖は諭しています。

ヒポクラテスは、人間がおちいる文明のあやまちにも批判を加えています。たとえば、火をつかった加熱調理をつぎのように戒めているのです。

▼火食は、過食に通じる。(調理で加熱した料理は、食べすぎをまねく)

加熱した食物を食べている野生動物はいません。地球上で加熱食を食べているのは人間だけです。

それは、まず必要以上に食べてしまう飽食をもたらします。さらに、加熱調理は、食物ほんらいの生命力(酵素)を熱で破壊することもわかってきました。

加熱しない料理ローフードが、近年見なおされています。それは、できるだけ食生活を自然に近づけることです。

真の理想的な食スタイルも、二〇〇〇年以上も昔の医聖の教えに回帰しているのですね。

さらに、その教訓は五〇〇〇年以上の歴史をもつ古代ヨガの教えと完全に重なります。

●「過食」こそ「万病」のもとである

ファスティング(少食・断食)は、万病を治す妙法であるーー(ヨガ奥義)

▼満腹が原因の病気は、空腹によって治る。(飽食が病気を作り、空腹が病気を治す)

▼月に一度断食をすれば、病気にならない。(これぞ、まさにファスティングのすすめ!)

▼病人に食べさせることは、病気を養うことである。(病人に食べさせると、病気は重くなる)

▼完全なる身体を目指すなら、完全なる排泄を心がけなければならない。(万病は〝体毒〟で生じる。〝体毒〟は完全排泄で除かれる)

▼病気は食事と運動により治療できる。(食事療法と運動療法で病気は治る!)

●自然体なら一二〇歳まで生きられる

医聖ヒポクラテスは、最後に素晴らしい希望の言葉を残しています。

▼人間がありのままの自然体で、自然の中で生活をすれば一二〇歳まで生きられる。人類は自然の恩寵と智愁にしたがって生きれば、理想の長寿を得られるのです。

ーーさて、あなたは現代医学を見まわして、背筋が凍るはずです。今の医療は、ことごとく医型の格言を黙殺しています。

医療大崩壊 もう、クスリはのめない 医者にはいけない 船瀬俊介(著)へ続く

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから