Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日本滅亡を容認するのか、まともな国への回帰を選択するのか?【目覚めよ、NIPPON 30】

シェアする

上部一馬連載コラム

◎金星人オムネク・オネクは、宇宙人が人類の祖と述べた!

金星からやってきたオムネクオネク女史と銀河司令長官ヴァリアントソー

前号では、金星人オムネク・オネク女史を登場させた。

「知的生命体が銀河系から太陽系に移住し、アトランティス、レムリアなど、地球人の祖になった」というのだ。

さあ、またもや考古学者や人類学のセンセイ方はお困りであろう。オムネク女史は、現在、3児の母。相手は地球人の夫。年齢は70代。

子供も大きくなったので、この事実を世界に公表、啓蒙活動を展開中だ。

ついでに言えば、アイゼンハワーの大統領の別邸で、銀河司令長官ヴァリアント・ソーらが政府要人と会談したことも公表されている。

もちろん、オムネク女史は金星人ソー長官の存在も知っていた。彼らが地球にやって来たのは、1950年代のことだ。

UFO事件では欠かせない、メキシコに2機のUFOが墜落、宇宙人が捕獲されたという“ロズウエル事件”が勃発したのは1947年のこと。

この頃からUFO事件が多発するのだが、それは人類が広島、長崎に原爆を起こしたことに起因する。

メキシコ州のロズウエル市には、核の貯蔵庫があった。宇宙人は、この監視が目的だったのだ。

ご存知、3.11東日本大地震が核によって引き起こされたことは多くのジャーナリスト、物理学者が暴露してきた。

私は、このことを『ハーモニー宇宙艦隊』(ヒカルランド)シリーズ、また、『地球外生命体が人類を創造した!』(ビジネス社)の中で、その科学的証拠を明らかにしてきた。

この暴挙が敢行されたことで、ハーモニー宇宙艦隊、及び銀河連盟が日本防衛に乗り出し、葉巻型UFO を最大で数千機、常時数十機が日本上空に布陣してくれているのだ。

3.11では福島原発上空で放射能の拡散を阻止、その2か月後、5月のゴールデンウイークに新宿上空で無数のUFOが出現した。この模様もYouTubeにアップ、新宿でパニックなっている市民の声が聴ける。

世界ではこれを報じ、日本だけがこれを報じなかった。海外では、「なぜ日本は福島上空に出現したUFOを報道しないのか!」と批判に曝されたのをご存知だろうか?

近年、篠崎崇氏が『【シリウスvsオリオン】混迷地球の極秘中の秘密の超暴露』(ヒカルランド)で、「2012年からシリウス星人が葉巻型UFOが日本上空に布陣、日本を防衛している」と書き著しておられ、強い見方の存在を知った。

3.11福島原発上空にUFO艦隊が出現、放射能拡散を削減してくれた

◎安倍総理が海外でばらまいた60兆円を使えば、被災地復興は可能だった!

何度も書くが、私の故郷、陸前高田はこの核を使った人工地震攻撃で町は滅んだ。私の兄、従妹らの親族50人中、30人ほどが亡くなった。

あれから8年、かつてあった街には8メートルほどの土砂で嵩上げされ、更地となった。ここに大型スーパーを交えた数件の商店ができた。これで復興したという。

確かに商店街ができたが、ここで買い物する人々は、高齢者が多く、若者、ましては子供の姿は数えるほどだ。更地に土砂を運び、区画整理し、電柱を立てる。たまにトラックが土煙を上げ、過ぎてゆく。

建設現場で働く私の一つ上の幼馴染と2、3年前出逢った。

「おれが現場では若手なのだよ」

当時、彼は63、4だった。ご理解できるだろうか。60過ぎの還暦で若手。つまり、現場で働く労働者は、みな高齢者。若者は現金収入を求め、他県に移住せざるを得なくなった。要するに働き場がまったくないのだ。

しかし、陸前高田には海がある。塩を被ったが、畑や田んぼがある。これを利用すれば、展望が開けないこともない。

過疎地が津波で破壊、ますます過疎地となったが、商店街をつくっただけで何が復興なのか。

運がいい人は、集合住宅に入れたが、今年3月補助金も切れた。

未だに仮設暮らしを強いられている人もいる。福島原発周辺の町に住む人々も同様、完全に村社会は崩壊した。彼らを見てると帰省する度に悲しい、憐れな気分に陥る。

4選を目指す、我らが安倍セーゴ(背後をセーゴと読んだ。小学生なみの語学力!)総理は、この6年間で海外にバラまいた金額は60兆円。

国防費は過去最高40兆円超。また、北朝鮮危機が去り、不要となった迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』2機購入で6000億円、ステルス戦闘機100機購入で1兆円の予算を追加した。海外渡航に使った費用は6兆円ほど。

北方領土は1㍉たりとも動かない。北朝鮮拉致問題も新展ゼロ。これで“外交の安倍”、“地球俯瞰外交”だと言う。

こんな浪費する資金があったら、東北沿岸に広大な海産物養殖基地など数か所以上作れるではないか。なぜ、これをしないのか。

この寂れた現況は、世界を牛耳るディープステートに破壊された結果なのだと憤るが、これをほとんどの市民が理解していない。

唯一、救いがあるのが、田舎の本家がようやく私の述べて来たことにようやく理解を示したことだ。市長、県会議員にも話したが、「ナーんも知らない!」。

私は田舎では、“くるくるパー扱い”、まったく呆れる。日本国民の1%もこのことを理解しているだろうか?

問題の3.11東日本大震災でわが故郷は壊滅、日刊ゲンダイのみが安倍総理の嘘八百を暴く

このことはまったくタブーだ。真相を暴く人間の生命が危ぶまれる。私は少なくとも2度狙われた。

先月6月18日22時22分22秒、新潟・山形で震度6強の地震が発生した!
昨年大阪北部地震も6月18日である。被害は1800億円にのぼった。

18日。この数字は6・6・6で表される悪魔の数字だという。

東日本大震災は、2011年3月11日。2+0+1+1+3+11=18になる。

また、熊本地震は2016年4月14日。2+0+1+6+4+1+4は、これも18となる。

これは偶然だろうか。

私は今年2月21日、岐阜の関市で竹炭の奉納式を行った。場所は15社神社。

この神は以前、『里山資本主義が実践できる神谷スーパー微生物農法』(ヒカルランド)を著した、神木の周囲に木炭を埋設、微生物が活性したことで神木が蘇えった神社だった。

この夜半、私は伊勢に住む、私と同じDNAを持つ旧姓渡会さんという、女性に前述した奉納式の様子をメールした。

朝になって、メールした時間を確認したら、何と、2月22日2時22分だったのだ。彼女から返信がきたのを見て、またもや驚愕した。

2月22日22時22分だったからだ。こんなことが起こり得るだろうか。

この事実は、この日、奉納式典の主催者、一晩で有機物を炭化する世界初の装置を発明した“クマちゃん”らのグループが熟知している。

私は悟った。神々は新潟・山形地震の発生を事前に知らせたのではないろうか。

あるいは、私を護るハーモニー宇宙艦隊が知らせてくれたのではないだろうか。

過去の大地震には、6・6・6悪魔の数字がつきまとう。 右)Gミグハーモニー宇宙艦隊シリーズ

◎ロシアのメディアが6.18新潟・山形地震は人工地震だと報じた!

しかし、何故、安倍政権がピンチに陥ると大地震が起こるのか?

熊本地震では、増税延期や大企業の資産隠し問題などで追い詰められていた。

昨年の大阪北部地震では、関西豪雨で初動対応が60時間以上も遅れた上に、総裁選では石破候補との論戦が待っていた。

これを回避できる北海道胆振地震が発生した。

今回は、7月に参院選挙が控え、年金2000万円不足問題で、安倍自民はかなり追い詰められている。

そこで、新潟・山形を震源に大地震が起きた。4回目の陽動作戦が起きたとは考えられないだろうか。

ロシアのメディアは、「6.18新潟・山形地震を日本では震源10㌔㍍としたが、震源5㌔㍍、ガス田の二酸化炭素回収事業(CCS)ではないか」と報じた。

CCSとは、火力発電所からは二酸化炭素ガスが発生、温暖化に拍車がかかるこことから、このガスを液体化し、地中に戻す事業のことを言う。

『フラッキング工法』とも言う。これをやると、その1年後大地震が発生することが突き止められている。

液体二酸化炭素を地下に注入すると大地震が起こる! 右)22時22分22秒はオカシイ 引用/FB

安倍自民が負けると、米国は膨大な軍事費を日本から巻き上げることが困難になる。

したがって、安倍自公維政権には何としても存続して欲しいと思っているはずだ。

トランプは来年大統領選を控え、何としても民主党政権を上回り、国民の支持を集めたいはずだ。

そのためには、イエローモンキー、または、家畜同様の日本人がどうなろうと問題ではない。

その証拠に、安倍セーゴ総理が渡米した際、「リメンバーパールハーバー!」と何度も語ったことがリークされている。

この6月、北海道の北、千島列島火山が6月22日大噴火した。

この噴火は大規模で、成層圏に相当の火山灰を吹き上げた。その証拠にハーモニー宇宙艦隊が2日間に渡って数機出現した。この火山噴火を看過できなかったのだろう。

安倍自公維政権に目茶苦茶にされ、日本の財産である種と水、森、山、海を売り渡すほか、福島の汚染土壌を全国に搬入、日本全国放能汚染漬けにする政令および法令をがスタートし、日本は自滅寸前だ。

これに対し、朝日、読売、毎日、日経などの大マスコミは一切批判をしない。

イヌエッチケー(NHK)に至っては、安倍総理の広報機関と化して、ヨイショ報道に余念がない。これは民主主義の崩壊を意味する。野蛮国家及び独裁国家へまっしぐら。

したがって、国民は陸前高田市民同様、情報は隔離され、大した反対運動も起きない。正しく坂の上零さんが述べる“日本病”、“平和ボケ”状態だ。

千島列島火山を警戒するハーモニー宇宙艦隊 NASA提供/WorldView

◎『令和』は、「俺様が令を下すので、お前ら和せよ!」との意では?

『令和』の年号にしても国民の8割が賛同しているという。

『令』とは、中央集権体制を固めた律令国家の令。『和』は、“俺様が令をだすので、お前らは和せよ!”との意であろう。

日本の正義、元文部事務次官・前川喜平氏も東京新聞で、令和は、安倍総理の意をくんだと私と同意見を述べた。彼は「令和を使わない」と宣言した。

私もまたサイン会では西暦を使っている。

これは恐ろしい、戦前と同じ、大政翼賛会の風土が醸成されてきた。彼はFBでこう公表した。

「日本の不正選挙安倍自民創価党政権は米旧勢力下で日本国民の事など考えない只の共犯犯罪集団なのです!」

まさしく、至言。これに連なり“長いものにまかれろ”との意識しかない自公維新の政治家とは、“犯罪テロリスト集団”と呼んでも過言ではないのではないか。

今、日本の財産が売られ、国民は、がん死及び放射能被爆死寸前、高齢者は生きてはゆけない社会がやって来る。世論調査では、安倍政権の支持率は未だに40%を超える。

若者に至っては50%の支持率だ。いったい、この国民はどうなってしまったのだろうか。まるで、“茹でガエル”、 ”奴隷”状態ではないか。

かつて、米国南部では、黒人を雇い、“生かさず、殺さず”にした。ご主人に従えば、家に住み、飯が食える。この飼い殺し策こそ、奴隷と呼べる。しかるにご主人様には逆らわない。

ご主人様、安倍セーゴ総理様には忠節を尽くす。今日のマスゴミとそっくりではないか。

日本を売る政令および法令の考案者はコレら!引用/FBより

◎日本滅亡を容認するのか、まともな国への回帰を選択するのか?大峠を迎えた!

新聞の世論調査は、嘘出鱈目、改ざん、捏造との海外のジャーナリストからの指摘もある。

そうであれば良いのだが、今年スタートした前述の日本を自滅させる政令及び法令に対し、元農林水産大臣・山田正彦氏らが『種子法廃止反対』の訴訟を起こした以外あまり聞こえて来ないのが、大変気になるのだ。

船瀬図書館ブログを読まれる読者諸兄、決起し、日本壊滅を狙う政治家どもに鉄槌を食わせる必要があるのではないか。黙して語らないのは、為政者と同罪ではないだろうか。

選挙にも行かないでは、どうして国政を変革できるのか。

私は“6.29目覚めよNIPPONⅡ”を代々木駅前で開催、このメッセージを坂の上零さん、池田整治さんとともに伝えた。これが、私にできる最後の闘いだ。

まもなく参議院選挙が来る。この国民は日本を売り、自滅に導く安倍自公維政権を容認するのだろうか。

オバサンは、「では安倍総理に代わる人がいるのですか?」と言う。

「我々は今、大型バスに乗っている状態。運転手が5歳のチンパンジーだったらどうすれば良いのですか? まずバスを止める。次に運転手を引きづり出す。そうしないと崖に転落する恐れがあるでしょう!」

私はこう応えることが度々あった。心配する必要はない。地位が人を育てるのだ。

まもなく、結果がでる。日本が自滅するのか、まともな国への回帰を選択するのか。まさしく大峠を迎えた。(ジャーナリスト・作家/上部一馬)

日本の正義・前川喜平氏、種子法廃止への訴訟を起こす山田正彦氏らが闘う 引用/FBより

【こちらもオススメ】

古代ユダヤ人と縄文人の謎を追え!【目覚めよ、NIPPON 28】

考古学の常識、進化論を覆す驚愕の真相【目覚めよ、NIPPON 27】

なぜ、日本人の命に係わる“食”と“水”を外資に売り渡すのか?【目覚めよ、NIPPON 23】

11889699_752942124816991_4414195662327244972_n

上部一馬

1954年岩手県陸前高田市生まれ。77年明治学院大学卒業。

学習研究社代理店勤務の後、92年(株)健康産業流通新聞社に入社。多くの健康食品をヒットさせた。

00年からフリーに。03年健康情報新聞編集長を兼任。ドキュメントをプロデュース。代替療法、精神世界、超常現象、超古代史に精通。

主な著書に「がん誘発の原因とその解決法を一挙公開! がん死ゼロの革命 第4の医療《高周波ハイパーサーミア》のすべて」「まもなく病気がなくなります! 超微小《知性体》ソマチッドの衝撃 」「糖尿病と合併症は自宅養生で癒える」「日本上空を《ハーモニー宇宙艦隊》が防衛していた! 」「やっぱり、やっぱりガンは治る!」など他多数。

※上部一馬 著作特集はこちらから