生きる力とは「自分の鼓動( リズム)を感じる」こと

シェアする

リズムのレッスンエクササイズを行った感想

直感とは、「センス」とも言い換えることができると思います。よく「センスがない」「センスがよい」等という表現を聞きますが、センスがないことは「ない」と思います。

おそらくセンスが「ズレている」だけなのでしょう。

センスがズレていると物事がうまく進みません。「気が合わない」と、場を共有できないのと同じです。

大切なのはセンスを「合わせる」こと「チューニング」です。

音で言えば「ラ」の音、色( として認識している波)でいえば緑、食物でいえば全粒穀類( 玄米)でしょう。

「気の利く人」「気が回る人」「気持ちの良い人」などと仕事をすると物事がスマートに進みます。リマ・クッキングスクールでも、大事なのは「万事スマート」です。

英語のスマートは「利口」という知性の意味もありますが、日本語のスマートは「整えること」つまり「秩序」で非常に感性的です。

社会で生きている限り、人との交流があります。周囲と自分を「同調させること」に長けている人は長生きし、社会に貢献できます。

長生きの秘訣は「気の交換」でしょう。

感性教育

桜沢如一資料室の活動の中で、勝又会長がよく説明される「感性vs知性」の話があります。無限の見えない世界から来た我々は、感性が勝利者だと知っています。

感性を磨き、直感力を養う感性教育が必要とされています。

小難しく万人ができない知的な教育ではなく、多様性と各人の陰陽和合を認め、生きる力が目覚める誰もが簡単にできる感性教育のひとつに「自分の鼓動( リズム)を感じる」ことがあると思います。

誰もが生きている限り感じることができる自分のリズム。それらを感じることで感性を磨くことができます。

「教育の基本は自分を感じること」と、このレッスンは教えてくれます。

Lesson 6-2 リズム

充実したスケジュールを立て秩序を創造する

日々のスケジュールを考え、時間の使い方を学びましょう。仕事と活動のスケジュールを把握することと、食事のスケジュールを把握するためのエクササイズの2部構成です。

エクササイズ① ライフ・テンプレート

下のテンプレートは日々の決まりきったこと、生活で何が規則的に起こっているのかを反映しています。

週ごとに仕事、余暇、学校、他の活動を整理する人が多いはずです。

翌週の活動を、以下の表のように書き込んでみましょう。

(違ったスケジュールの場合、状況に合った表を作成し、自分に一番合った表を作成してください。)

では、各スケジュールを決めましょう。

● 仕事はいつからですか?
● 朝早くからですか?
● 夜の勤務ですか?
● フレックス制ですか?
● 規則的に運動をしていますか?
● 習い事はどうですか?
● 子どもの送り迎えはありますか?
● 年ごと、週ごとにスケジュールは変わりますか?

エクササイズ② メニュー・テンプレート

メニュー・テンプレートは、ライフ・テンプレートと実際の生活上、整合を持たせるようにします。

下のテンプレートは特定の食物についてではなく、スケジュールのひとつになります。

翌週の食事を摂る時間を以下の表のように書き込んでみましょう。

(多くの人は、週ごとのリズムで日中に規則的なスケジュールで食事を摂ります。異なるパターンの場合は、自分の食事時間を反映した表を作成してください。)

では、食事のパターンがどうか見てみましょう。

①食事はいつ食べていますか? 毎日同じ時間でしょうか?
②何回食べていますか?
③食事の量はどうでしょう? 大量ですか? 少量ですか? 適量ですか? 一番多く食べるのは一日のいつでしょうか?

このテンプレートは、自分の食事パターンを反映しています。

時間の使い方やメニューを決める上での個々人の方法によります。

エクササイズの目的は、自分の習慣を見直し、食事を計画的に摂るために人生のスケジュールを直感的に立てることにあります。

規則正しい食事、睡眠、仕事のパターンを伴うスケジュールは、秩序と調和の土台となるリズムを創り出します。

構造化された秩序が直感を創造し、取り戻すフレームワーク(枠組み)となるのです。

【こちらもオススメ】

乳がんになる方は総じて乳製品の摂取が多い【乳がんと手当て法】

食物をしっかり噛むことで、血、神経、筋肉、内臓、脳の機能にプラスの効果

私たちの身近な場所に「ドラッグ」的作用を体にもたらすもの・・それは白砂糖

月刊マクロビオティック 2017年1月号より

マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。

あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。

サイトの方はこちらからどうぞ⇒マクロビオティック日本CI協会

Julia Ferré

北カリフォルニア在住。夫のCarl Ferréと共にGOMFを運営。

GOMF発行「Macrobiotics Today」誌への原稿執筆、毎年のサマーキャンプの運営を行う。

新刊「Food and Intuition 101」に加え、「Basic Macrobiotic Cooking」「French Meadows Cookbook」の著者。

HP:www.JuliaFerre.com

foodandintuition-jp.jimdo.com

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め