【究極のデトックス】砂浴リトリート沖ヨガ的な排毒体験

シェアする

宗教法人求道実行会三島責任役員・NPO法人法沖ヨガ協会・ブラーフマンヨガセンター・北山佐和子連載コラム

パワースポットの三保の松原の海岸で、地熱のある夏の暑い時期に私達ブラーフマンヨガセンターでは毎年一回、砂浴合宿をしてます。

参加者が少ない年の場合でも、ブラーフマンヨガの私達の身体が砂浴をしたいと望むので(笑)

合宿は毎年の夏10数年続いてます。砂浴入る前と砂浴終了後では各自のオーラの色が確実に変わっています(笑)。

例えば、身体の毒を外にだす方法として、古来からふぐの毒にあたったりした場合、蛇にかまれた場合とかには、顔だけをだして身体全体を一日中、土に埋めて毒をだすと言われてました。

私はふぐの毒や蛇にかまれたりした体験はありませんが、通常の砂浴の場合の横になった状態とは違って、排毒効果を高めるために、地球の地核に向かって、縦に穴を掘って顔だけだして、多分一日、土に埋まる方法だと思います。

顔だけだして立った状態で縦に埋まった場合では、通常の砂浴のように横になった状態より、地球の中心に吸い込まれるような感覚がとても強く、途中でなんとなく恐くなり五分ほどで中止して縦に掘った穴から、私は穴を掘った仲間に出してもらいました(笑)。

通常の一回目砂浴をして各自の身体の毒がでたその場所では、二回目に同じ場所では砂浴はしません。

砂浴終了時には、各自合掌し土に感謝をしてから掘った穴を埋め平らの状態に海岸を戻します。

それから別の場所に移動して二回目砂浴する穴を再度掘り準備します。

身体の毒を出す究極のデトックス方法として土に埋める砂浴効果として、ブラーフマンヨガの皆様の以下のような驚きの体験などがあります。

砂浴体験

術後とか病後数日後に家族の方と一緒に参加され、一日砂浴された翌日の朝に、排毒効果として、色の黒いオシッコが出たりして、驚かれた方々が多くみえます。

その方々は参加当初とはうってかわって、術後の病後とは思えないほど皆様、顔色もよくなり元気になられて帰られます。

砂浴参加され旅館のお食事をいただきながら、なんと宿便(黒いのり状の便)がでたママ達の体験もあります。

そのママは妊娠前から北山のヨガのアシスタントをされてました。

出産され産後五ヶ月の授乳中の赤ちゃんとおばあちゃまと家族で砂浴に参加されました。

赤ちゃんを抱っこしながら砂浴されたり、授乳したり、おばあちゃまと交代したりして三時間ほどその日は砂浴体験されてました。

夜旅館のお食事をされて次の日の早朝、そのママが私達の部屋にやって来ました。

【先生、宿便がでました!】

【エッ!?宿便がでた?】

→北山自身が断食後かなり時間をかけてやっと宿便を出した体験が過去に一度あるので、断食もしてない状態で食事をとりながら、砂浴中とはいえ、宿便がでたとは、私には信じられない!のです。

【宿便ってどういう状態の便か、あなた知ってるの?~】
ママに尋ねました。

【先生が前、話してくださった断食後にでたという、普通の便とは全く違う真っ黒いのり状の便でした。】

その時私はどうして宿便がでたのか最初は理解できませんでした(笑)

沖ヨガ道場での修行生活の中、断食する目的の1つとして、私は心身浄化法・宿便だしに挑戦してました。

各自6mから7mある長さの腸の内側の腸壁に、こびりついた古い便・宿便を剥がし出す浄化法=心身生活のこびりついた執着を手放す作業・自己開発法、

→この排毒作用の宿便だしが断食者の大事な目的の1つと沖ヨガでは考えています。

宿便は多い人で5、6㎏は保持してる方がいるといわれてます。

例えば絶食後、腸を洗浄して内視鏡で確認し「綺麗な腸の状態ですよ」と、言われた腸の状態の方でも、その方がもし亡くなられた場合にも宿便が数㎏もでると言われてます。

北山自身も数回断食したり、副食で失敗したり、断食後たいへん苦労してやっと宿便がでたことが過去に一回あります。

何回も断食してやっとでた宿便だしの体験です。

それが、砂浴一日され、産後で授乳中のママが旅館の食事をされながら翌日、宿便がでたのは、信じられない砂浴の効果の素晴らしい排毒効果の驚きの1つです。

出産という大役をされ、授乳中のママが赤ちゃんと砂浴して、出産後の授乳中のママに限り、出産という骨盤開閉運動としての生命を産み出す大仕事に対して、自然の地球からのご褒美としてのプレゼントとして、排毒作用として宿便がたのではないかと北山は解釈してます。

その後、産後の授乳中のママ達には砂浴合宿の参加を勧めて宿便というご褒美のデトックス体験ををしてもらったママが多くいます。

毎年参加されてるママの中にはアレルギーやアトピーの子供達も一緒に砂浴してから、かなりいい状態にアレルギー、アトピーなどが変化してるようです。

砂浴場所としては、海水浴場でない海岸の方が砂が綺麗かと思います。

また海水浴場で、あとから盛り土をした海岸もあるので盛り土した海水浴場は砂浴には×ですね。

何千日も寄せて還しての浄化された波の海岸の砂が理想です。

準備としては*頭寒足熱の自然体の状態を作るため、髪の毛を天然植物性100%のヘナで染め、頭を冷やし排毒効果を高めるようにします。

顔は日焼け予防としてパックされる方もみえます。自然なオイルを全身に各自ぬります。

砂浴服装は、ポリエステル素材などの水着よりは、綿素材のタンクトップ、ショートパンツやパレオなど天然素材の生地で包まれる感覚の服装がいいでしょう。

ブラーフマンヨガのスタッフに掘って貰う穴は、例えばお風呂に入って座って軽く足曲げ、後ろに30°から45°倒したような姿勢、楽な姿勢の穴に横になります。

砂の穴の中に座ったら各自の両手で股、胸回り脇に砂をかけます。全身から最後、両手両肩に砂をかけてもらいます。

上半身に日除け傘を置いてもらいます。その日除け傘の下に各自飲み水とタオルを置きます。

足下には各自のサンダルなどの履き物を足、脚を間違って踏まれないように、目印として履き物を置きます。

砂浴に慣れない方やストレスの多い方は、最初は30分ぐらいで砂浴を、終了する方もいます。

長い方は二、三時間砂浴に埋まり爆睡する方も多くみえます。

今まで長時間入りつづけた方の中では、鬱ぎみでお仕事を長期休まれ色々と家庭内問題があるご主人とお子さま達と家族四人が参加されました。

そのご主人は最初から四時間から五時間、砂に入り続けてずっと海を見続けてらっしゃいました。次の日も五時間ずっ~と、砂浴入り続けられてました。

そのご主人、四時間~五時間砂浴を二日続けただけですが、かなり薬などの排毒効果があったようです。

名古屋に帰られてから、翌日、ご主人が仕事に復帰されたと、奥さまが嬉しそうにお話しして下さいました。

今年2017年のブラーフマンヨガの7月の砂浴リトリートには、病後の80歳の女性の方も名古屋から一緒に車に相乗りして初参加されました。

その80歳の女性の方は当初は海岸で見てるだけの希望との参加予定でした。

海岸のテントの下で髪の毛をヘナ染めしてから、砂に入ったら~、【気持ちいい~気持ちいい】と二時間続けて入ってました。

帰られる時には病後とは思えないほど元気になられ、皆さん驚いてました。

旅館で夕食後は参加自由ですが簡単な沖ヨガ的なほぐしたり懇親会をしたりします。

昼間、砂浴で爆睡した方々でも、ほとんどの方々は皆様、夜熟睡されます。翌朝は天気の場合、富士山を見ながら、朝~海岸ヨガを一緒にしたりする方もいます。

楽しく排毒効果の高い~ブラーフマンヨガセンターの沖ヨガ的砂浴リトリートに来年一緒に参加してみませんか~(笑)。

【こちらもオススメ】

沖ヨガ式【眼ヨガ】身体全体のバランスを整えながら眼の悩みも改善してゆく

現代医学でも解明された自律神経調整法「片鼻呼吸」の奥義

プチうつに効く沖ヨガ式脱力法&呼吸法

北山佐和子

1952年生まれ。18歳から沖ヨガ修道場を経て海外(フランス、ルーマニア、ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国、台湾etc) 指導体験を活かし、日本国内のヨガ指導員養成コース他、中部沖ヨガ指導員セミナーを定期的におこなう。

宗教法人求道実行協会三島責任役員、NPO法人沖ヨガ協会中部連合会事務局、ブラーフマンヨガセンター主宰メンタルヨガ、マタニティヨガ、妊活ヨガ、眼ヨガ、鼻ヨガなど集中セミナー開催。

妊婦、妊活夫婦、整体師、実業家、術後患者などの心身パーソナルトレーニングの予約制で受付。

自宅アシュラムでのプチ断食合宿(毎年5月連休)・妊活ヨガ合宿を定期的に実施。20代にミス・ワールド愛知代表となりミス・コンテスト審査委員も努めた。

主な著書に「ヨガの気持ちで自然流育児―年齢別・症例別詳解 (健康双書)」農文協出版

恋する女神になるヨガ―東洋医学のビューティ・レッスン」「ヨガ呼吸修正行法上下巻」日貿出版

電子書籍「赤ちゃんが欲しい二人のための妊活♡ファミリー 沖ヨガ Birth-Wanted OKI-Yoga!がある。

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め