Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『黄柳の櫛』で頭の緊張・疲れを癒し睡眠トラブルも改善【かんたんセルフヘッドマッサージ】

シェアする

宗教法人求道実行会三島責任役員・NPO法人法沖ヨガ協会・ブラーフマンヨガセンター・北山佐和子連載コラム

秋の夜長、寝つきが悪い・眠りが浅い・朝目覚めが気持ちよくない方々は、ご自分で頭、頭皮の心地よい簡単な方法な刺激で解消しましょう。

以下の『黄柳の櫛』使用での、心地よい頭部刺激は、睡眠トラブル改善などもかなり効果的かと思います。

黄柳の櫛

写真1

古来から黄柳の櫛は魔除け・邪気払いにも使用されてました。

40数年前当時の三島の沖ヨガ道場で、私が大学生だった奉仕生時代に『黄柳の櫛』の使い方などを知りました。

その頃の道場で、ある女性の方が目にものもらいができて、目の瞼の上側が赤く腫れて目があけずらそうにした方が、いらっしゃいました。

その女性の持っていた『黄柳の櫛』を借りて、当時の鍼灸師の研修生の男性が、『黄柳の櫛』の手で持つ箇所を畳みに、かなり強く擦り付けました。

その畳みに強く擦り付けた『黄柳の櫛』の部分を、ものもらいの目の瞼の赤く腫れてる箇所に、素早く、当てました。

女性の方は、少し熱かったのでしょうか「アッ、熱~」と、小さな声を出されました。

そのままで1、2分してから、鍼灸師の研修生の方が、『黄柳の櫛』を瞼から離しましたら、、ビックリ!目の瞼の上の赤く腫れがほとんどひいてました!

女性の方の瞼が開けやすくなってました。

その頃の道場で、『黄柳の櫛』は、髪をとくだけではなく、熱を吸収し放熱すると私は知りました。

眼を酷使したり、頭に血液が集まり過ぎて疲れてたり、頭がスッキリしてない時、ストレスで頭、頭皮が固かったりと、睡眠トラブルのある方々には、ご自分でできる簡単なヘッドマッサージ!→『黄柳の櫛』使用での頭皮頭部刺激をお勧めします。

写真2

女性、髪が多い長い方など、髪をとく場合には、『黄柳の櫛のブラシタイプ』お勧めします。

ブラシタイプの他には、昔、私が名古屋の北区で購入した、お相撲さんの髷を結う用の『黄柳の櫛』は頭皮、地肌を刺激しやすいかと思います。

お子さま、髪の少ない方でしたら、『黄柳の櫛』とく部分が細いタイプでも心地よいかと思います。

沖ヨガでは、頭も身体全体を表すと捉える

写真3

両手で頭を全体に撫でます。

気になる部分、例えば熱い、固い、ブヨブヨしてる、ヒリヒリしてるなど、チェックします。

ブヨブヨ、ヒリヒリと気になる箇所などは、白髪が多かったり、10円玉ぐらい小さく剥げてるところがあったりしてるようです。

沖ヨガでは、頭も身体全体を表すと捉えています。

後頭部は腎臓

右側頭部は肝臓

左側頭部は胃

生え際は腸

と関係してると沖ヨガでは捉えています。

写真4

『黄柳の櫛』ブラシタイプで、髪をときます。

写真5

頭皮、頭部地肌を刺激するために、『黄柳の櫛』で、髪をとく方向とは、逆らって逆方向に色々動かします。

写真6

頭皮、頭部地肌でとくに心地よい+痛快の部分を探しながら『黄柳の櫛』で刺激します。

写真7

最後は両手で頭を撫でます。

最初気になるブヨブヨ、ヒリヒリ部分がなくなり、かなり頭がスッキリ~頭部の思い淀んだストレスがぬけ、結果、眼もハッキリした感じを体験できるでしょう。

ヨガの自然体=頭寒足熱を、『黄柳の櫛』で頭皮、頭地肌を刺激する方法。

簡単・セルフヘッドマッサージで、ヨガの自然体を実践しましょう。

就寝前に『黄柳の櫛』で頭皮、頭地肌刺激をおこなえば、熟睡でき目覚めも爽快でしょう。

頭部トラブルも解消しやすいでしょう。

黄柳の櫛は、プラスチックの櫛よりは、かなり高価ですが、一生モノ、上手に椿油などで手入れすれば、孫の代まで『黄柳の櫛』は使えますよ。

ネットや、各地の物産展などで『黄柳の櫛』は購入できるかと思います。

沖ヨガセミナー、プチ断食合宿などの詳細、お問い合わせはこちらから: NPO沖ヨガ協会中部連合会

【こちらもオススメ】

手足の毛細血管の血行を良くして免疫力を高める運動【冷え性予防・身体を温めよう】

眼の疲れを自分の手で癒す【ストレス解消、自律神経が安定しリラックス】

手の指への刺激で【不眠、頭部の緊張、疲労感】を軽減する

北山佐和子

1952年生まれ。18歳から沖ヨガ修道場を経て海外(フランス、ルーマニア、ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国、台湾etc) 指導体験を活かし、日本国内のヨガ指導員養成コース他、中部沖ヨガ指導員セミナーを定期的におこなう。

宗教法人求道実行協会三島責任役員、NPO法人沖ヨガ協会中部連合会事務局、ブラーフマンヨガセンター主宰メンタルヨガ、マタニティヨガ、妊活ヨガ、眼ヨガ、鼻ヨガなど集中セミナー開催。

妊婦、妊活夫婦、整体師、実業家、術後患者などの心身パーソナルトレーニングの予約制で受付。

自宅アシュラムでのプチ断食合宿(毎年5月連休)・妊活ヨガ合宿を定期的に実施。20代にミス・ワールド愛知代表となりミス・コンテスト審査委員も努めた。

主な著書に「ヨガの気持ちで自然流育児―年齢別・症例別詳解 (健康双書)」農文協出版

恋する女神になるヨガ―東洋医学のビューティ・レッスン」「ヨガ呼吸修正行法上下巻」日貿出版

電子書籍「赤ちゃんが欲しい二人のための妊活♡ファミリー 沖ヨガ Birth-Wanted OKI-Yoga!がある。

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!