眼の疲れを自分の手で癒す【ストレス解消、自律神経が安定しリラックス】  

シェアする

宗教法人求道実行会三島責任役員・NPO法人法沖ヨガ協会・ブラーフマンヨガセンター・北山佐和子連載コラム

【眼の疲れを自分の手で癒す~ご自分の手の気で~眼や身体の緊張をほぐします。】

スマホやパソコンなどでも眼を酷使する時間が多い毎日です。

ご自分の両手の気で、眼や身体や心の緊張をほぐしてゆきましょう。

ご自分の両手のひらで、撫でる・擦る・押す・揉む・緩めるなどしながら、手のひらの皮膚と、身体の皮膚を通して心の内側で会話する。

例えば、暖かい・冷たく感じる、硬い・柔らかい、ブヨブヨしてる・突っ張ってる、力が入ってる・力が抜けているヒリヒリしてるなどとか、触覚だけにまかせる、こころ静かな時間を造ってゆきましょう。

眼の疲れはもちろん、ストレスも解消し、自律神経が安定しリラックスするでしょう。

写真①

先ず、椅子か、床に座ります。

両方のお尻に身体の重みを乗せて床か椅子に座ります。背骨を無理やり伸ばすよりは、肩の力が抜けるような姿勢を探します。

沖ヨガ的には、肛門を締めると、肩などの力がスッとぬけやすいです。

写真②

両手の手の平を、こ擦り合わせます。両手の平の暖かみを感じながら、両手の平に気をあつめます。

次の各写真の動作をしながら、ご自分の身体の奧に耳を澄ませます。

例えばあくびしたり、伸びをしたり、またはゲップなどもします。

無意識な身体の訴えを受け入れます。身体の訴えなどを聞きながら~どんどん外側に、出すように導きます。

写真③

両手のひらを両眼の瞼の上にあてます。

両手の暖かみ気を感じながら、腹式呼吸法を数回します。

息を吐きながらお腹を凹まします。息を吸ってお腹を膨らませます。

③から⑭動作はできたら目を閉じて行いましょう。

ご自分の手の触覚だけに任せてしてみます。

写真④

片手のひらで額を撫で下ろします。右手→左手で交互に、息を吐きながら行います。

写真⑤

両手のひらで、息を吐きながら、両方の頬を撫で下ろします。

写真⑥

眼のツボのある顎→喉回りを両手で撫でます。

写真⑦

両手で鎖骨回りをつかみ刺激します。

写真⑧

両手で胸回りを擦ります。

写真⑨

両手で脇を掴んだりリンパの流れを刺激します。

写真⑩

片手でもう一方の腕を肩から撫で下ろしてゆきます。

写真⑪

両手の人指し指と親指で三角形をつくります。両手の親指をヘソに置きます。腹式呼吸法をします。

写真⑫

両手で頭全体を撫で下ろします。

写真⑬

両手で背中や腰を撫でます。

写真⑭

両手を下腹に置いて腹式呼吸法を数回長く息を吐きます。

無理に背骨を伸ばす形よりは、首や肩の力をぬけた姿勢をしてみましょう。

途中で座り方をゆっくり変えても構いません。途中で身体を小さく動かしても構いません。

途中で眠くなったりした場合でも深いストレス解消はでき~それなりに効果はあります。

心を池に例えた場合、池の表面上を四方に動く状態から池に小石を投げ入れて、ストーンと池の底に落ちた小石のように、心の奥深くを意識し、スピリチュアルな体験できる門をノックできるでしょう。

心を内側にむけることによって、リラックスした状態で集中力が高まります。

ストレス解消でき、癒された眼身体の存在を実感できるでしょう。

【講演情報】

【3回通し】ヨガの基本解釈を変え、 深く学ぶためのメソッド 講師:北山 佐和子

いつものヨガクラスで、どのような部分に注意をすれば、身体を痛めずにヨガを長く楽しんでいくことが出来るのでしょうか。自然体の意味や、各種実践指導法、体がかたい方、体に痛みをお持ちの方などへの手助けが必要な場合の、具体的なヨガの原則に合わせたサポート方法を学びます。

2018年 7/8, 9/9, 9/23 名古屋市中区栄3丁目4番5号 スカイル10階

お申し込みはこちら: ☎0120-86-1550 朝日カルチャーセンター 名古屋教室

沖ヨガセミナー、プチ断食合宿などの詳細、お問い合わせはこちらから: NPO沖ヨガ協会中部連合会

【こちらもオススメ】

膝痛を沖ヨガ式修正法で癒す簡単な方法

手の指への刺激で【不眠、頭部の緊張、疲労感】を軽減する

足の親指への刺激で安眠に誘う簡単な方法

北山佐和子

1952年生まれ。18歳から沖ヨガ修道場を経て海外(フランス、ルーマニア、ニューヨーク、ロサンゼルス、韓国、台湾etc) 指導体験を活かし、日本国内のヨガ指導員養成コース他、中部沖ヨガ指導員セミナーを定期的におこなう。

宗教法人求道実行協会三島責任役員、NPO法人沖ヨガ協会中部連合会事務局、ブラーフマンヨガセンター主宰メンタルヨガ、マタニティヨガ、妊活ヨガ、眼ヨガ、鼻ヨガなど集中セミナー開催。

妊婦、妊活夫婦、整体師、実業家、術後患者などの心身パーソナルトレーニングの予約制で受付。

自宅アシュラムでのプチ断食合宿(毎年5月連休)・妊活ヨガ合宿を定期的に実施。20代にミス・ワールド愛知代表となりミス・コンテスト審査委員も努めた。

主な著書に「ヨガの気持ちで自然流育児―年齢別・症例別詳解 (健康双書)」農文協出版

恋する女神になるヨガ―東洋医学のビューティ・レッスン」「ヨガ呼吸修正行法上下巻」日貿出版

電子書籍「赤ちゃんが欲しい二人のための妊活♡ファミリー 沖ヨガ Birth-Wanted OKI-Yoga!がある。

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!