1か月に12個以上のホットドッグ食べる子どもは白血病が9倍 

シェアする

船瀬俊介連載コラム

grill-438218_640

一か月ホットドッグ12個以上で白血病9倍!

私は『買ってはいけない』で「ウィンナー好きの子どもはご用心!」と以下、警告した。

カリフォルニア大学医学部のジョン・ピーターズ教授らの「1か月に12個以上のホットドッグを食べる子どもは、ほかの子どもたちに比べて白血病にかかるリスクが9倍」というショッキングな疫学研究が世界を駆け巡ったからだ。

博士らは「保存に使われる亜硝酸塩が関係しているのでは」と指摘している。

その他「肉の加工や保存に使われる化学物質(食品添加物)」と警告する研究者も。

さらに、かつてカリフォルニア大学で開催された「ガンと食事の会議」で「ガン促進食物」として「ソーセージ」「ベーコン」などがズラリあげられており

barbecue-1433018_640

「肉食自体もガンリスクを高めることは、いまや常識。無添加ハム、ソーセージを堪能するのも、たまの楽しみくらいにしておきたい」と書いた。

これにも『「買ってはいけない」は買ってはいけない』は、「戦後、欧米の肉食文化が、国民の食生活に広がるとともに、体格の向上と長寿化がもたらされた」と反論している。

著者の横山某氏は「一方的に肉食が悪いというのは、どうにも納得しかねる」と首をひねっている。

まさに勉強不足、情報不足……。この本は、あまりに嘘、デタラメ、勘違いが多すぎる。

ベジタリアンの死亡率は肉食者の50~55%

肉食自体が、健康に大きなダメージを与える。このことは、ベジタリアン(菜食主義者)なら、よく知っている。

ところが肉好きは、きわめて無頓着である。

肉食の弊害について、国際的データは数多い。イギリスのベジタリアン約四千人を七年間にわたり、死亡原因を追跡調査した結果がある。

vegetables-1363031_640

ベジタリアン男性の死亡率は、普通のひとの約50%。女性は約55%であった。

中国で六千五百人を対象にした大がかりな健康調査でも、次のことがわかった。

平均的な西洋食では、タンパク質の70%が牛やブタなどの動物性。これに対して中国食では、たった7%。つまり中国人は、西洋人の10分の1しか肉を食べていない。

だから中国人の大部分は、西洋でのガン、心臓病など致死的病気にほとんどかからない。

しかし、西洋人と同じように動物タンパクをとっている”裕福な”中国人は、心臓病、ガン、糖尿病に極めて高い率でかかっているのである。

この中国での研究は、こう結論づけている。「われわれ人間は、基本的にもともとベジタリアン種である」と。

”豊かな?“西洋人のほうが、貧しい食事をして命を縮めているーーーなんという皮肉であろううか。

肉と油はガンのもと

現代人の死亡原因の第一位はガンである。

[グラフA]は、肉食と大腸ガン(結腸ガン)のリスクを示す。

123

日本に住んでいる日本人(左端)に比べ、アメリカに住む白人(右端)は、結腸ガンで死ぬ率は4倍にも達する。

その日本人も、アメリカに移住すると、リスクは三倍にはねあがる。あきらかに肉食がガン死を激増させているのだ。

 [グラフB]は、肉を多く食べるほど腸ガン死亡率が高まっていることを示す。

124

腸ガンだけではない。

[グラフC]は、豚肉を食べる量と、乳ガンのリスクをあらわす。(カナダ、アルバート州調査)

125

[グラフD]は、ハワイでの研究。乳ガンを引き起こす危険因子は、食肉タンパク質、不飽和
脂肪酸、飽和脂肪酸、食肉脂肪、総脂肪…。

126

逆に複合炭水化物(デンプン質など)は、乳ガンを防ぐ効果があることも判明。

子宮ガンについても、同じ結果が出た。

つまり「肉とアブラは、ガンのもと」なのである。

(*グラフAーH『新版・ぼくが肉を食べないわけ』(邦訳、築地書館)参照)

月刊マクロビオティック 2000年7月号より

【関連記事】

「健康も環境も破壊するファストフード」

牛乳は何よりもアレルギー反応をおこさせやすい食品である。

食べなきゃ治る! 糖尿病


マクロビオティックとその料理法に関するホットな情報、健康と美を創り、生命をはぐくむための食と、その知識のご紹介、などなど・・・。

あなたの人生を豊かにする情報が毎号満載です。

サイトの方はこちらからどうぞ⇒マクロビオティック日本CI協会

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!