米朝のキッチンレースに騙されるな。目覚めよNIPPON!Ⅴ

シェアする

上部一馬連載コラム

最大出現したUFO艦隊がNASA衛星画像から消えた!

2012.10.19のUFO艦隊が大量した出現したNASAの衛星写真が消去された!

問題の2017年4月18日が無事何事もなく、終わった。否、この前日、私は東京を離れ、中央高速道路を突っ走っていた。

それというのも昨年5月9日、ハーモニー宇宙艦隊の講演会を行った際、出版社の会場に大きな花束が届いたのだ。

宛名は、某有名フリーメーソンの日本代表、白某氏。この人物を知らないユダヤ研究家は皆無。

この日付が2017年4月18日だったのだ。

この3日前の4月15日、NASAの衛星画像サイトWorldviewに葉巻型UFO数千機が房総半島から東北沖合、北海道、アリューシャン列島、北極にかけ、雲霞のように大量出現した2012年10月19日の決定的な画像が消去されていたのだ。

この画像こそ、人類開闢以来の大スクープだ。北極上空までNASAの電子作業員に全部消去されてしまったのだ。

さあ、読者諸兄よ。これが何を意味しているか、おわかりだろうか? 

拙書「日本上空をハーモニー宇宙艦隊が防衛していた」(ヒカルランド)が、NASAにとっていかに都合が悪い本だったか。

早い話、この本がNASAを本気で動かしたということだ。

幸い消去された画像は、この日のみであることだ。

大丈夫、2015年12月25日、東京湾アクアライン五連続地震の前日、この震源地上空に巨大葉巻型UFOが出現した画像も、昨年8月29日、迷走台風10が関東に接近した際、ハーモニー艦隊が10数機台風の目に突入、台風の進路を岩手、北海道に押し上げた画像も消去されていなかった。

さて、NASAは次に何を考えるだろうか?

次の手は、「これを書いた人間の消去かもしれません。上部さん、気をつけて下さい」と連絡が入った。

2012.10.19数千機のUFO艦隊がNASA衛星画像Worldviewから全機消えた!

狂人ビルゲイツが浅間山山腹に要塞を築いている!

こうして危険を察した私は、中央高速の人となったわけだ。17日は石和温泉に泊まった。翌早朝、浅間山山麓に向かった。

実は、この山麓周辺に私の住む武蔵関で、喫茶店を営んでいたA夫妻が移住し、喫茶店をオープンしたという話を聞いていたからだ。

北国街道から清里を通り、軽井沢へ国道をまっしぐら。新緑が輝き、眩しい。

桜が満開だ。一年中で一番美しい季節ではないだろうか。

やがて、メールで住まいを案内してもらい、三時間ほど経って後、ロマンス街道に入った。信州の追分を過ぎ、ようやく着いた。

このご夫妻とは4、5年ぶりの再会だろうか。

流石にお互い50歳を超えているので、数年、合わないと黒髪に白髪が目立ってくる。

A女史には少し白髪がある程度だが、相変わらずの美貌だ。

「ところで、ビル・ゲイツが軽井沢に要塞作ってるって話ですけど、何処なのでしょうね」と私。

「あ、すぐそこ、山道を10分ほど登ったところ、地下5階位あって、地上は2階位とかって噂です。しかし、全部塀で覆われ、中身は全然わかりません。警備が厳重なので、近づくことすらできません」と彼女の旦那。

驚いた。すぐまじかではないか。「マジっか?」

何ということか。「地下五階とは?」私は唸った。いったい、こやつらは浅間山中に何を作っているのだろうか?

狂人ビル・ゲイツは浅間山中腹に要塞を作っている!

戦勝国米に毎年裏金200兆円を上納している!?

ビル・ゲイツ。もうご存知だろう。

世界人口7億人削減計画NWO(新世界統一秩序)に躍起となっている狂人の一人だ。少女に子宮頸がんワクチン接種を有色人種に摂取させ、不妊人口を増やすことに情熱をかけた。

また、マイクロソフト社は、悪のバイオ企業モンサント社を買収、テロ国家ISのスポンサーとなった偽ユダヤ系巨大企業の一つだ。

ビル・ゲイツは、本名ではない。暗号だ。ビルとは何らかの創造、ゲイツとは文字通りゲートの意だ。この漢が軽井沢に乗り込んで来た。

ここで何を企むのだろうか。軽井沢には偽ユダヤ系米国人がどんどん流入しているという噂だ。

もう一人の巨魁、デービッド・ロックフェラーが春分の日、101歳で亡くなったことは前号で記した。

何度でも書く。この漢も散々、日本を苦しめた。3.11&東京壊滅計画を立案、命じた狂人だ。

おそらく阪神淡路も、鬼怒川堤防決壊&東京湾アクアライン地震、4.14熊地震を仕組んだのもこの漢だろう。

日本政府はこの20年間で2000兆円を米国に献上したと言われる。

″安倍でんでん″は、今年2月、トランプ大統領に50兆円を手土産に訪米したと噂される。

FBには「毎年裏金200兆円ほど、戦勝国米国に上納させられている」との国際情勢に明るい人物の書き込みがある。

この金額が妥当かは不明だが、ヒラリーが″トモダチ作戦″で来日し、60兆円を持って行った。

その後″安倍でんでん″が訪米し、手土産に50兆円を持参したらしい。

昨年春オバマが被爆地広島を訪れ、その代償が100兆円だった。むろんのこと、米国債を購入させられるのだ。こんなもの、紙屑同然だ。

この200兆円上納説が真実なら、日本の国家予算が100兆円なのだから、政府公表の予算はまったく嘘・出鱈目となる。

オバマ広島来訪の代償が100兆円の米国送金だった!

日本殲滅を狙う偽ユダヤに尾っぽを振る売国奴日本人がいる!

数年前、小泉純一郎元首相&竹中平蔵元蔵相も郵便局を解体、郵貯200兆円を献上したことが暴かれている!こう書いてくると、「それは陰謀論! ロックフェラーは実に親日家で有名だった」と反論する日本人がいる。

日本の中に日本殲滅を狙っている偽ユダヤ秘密結社に尾っぽを振る売国奴日本人がいるのだ。

『新自由主義だ』と髪を振り乱し、日本のセフテイー社会を破壊した前述の小泉―竹中コンビがそうだ。

相当、懐に金が流れたに違いない。

この売国奴を「純ちゃーん」とオバサンたちは持て囃した。

北朝鮮の核テロの脅威をマスゴミが煽るこの春。「北朝鮮は弾頭にサリンを詰め込むかもしれない」とか言って戦争の脅威を、″安倍でんでん″が煽った。

“安倍でんでん″とは、予算委員会の質疑応答で、秘書が答弁書に″対話云々″と書いてあったのを、安倍ソーリは、″対話でんでん″と自信を持って答弁したのだ。

以来、″安倍でんでん″と揶揄する。

これを「安倍ちゃーん!」と言って支持する日本人も少なくない。支持率は60%を超える。

米国と肩を並べ、戦争加担に突き進む″安倍でんでん″をこのまま放置してよいのか?

稲田国防相は護衛艦いずみを米国艦船防護のために派遣を決定!

私にはさっぱり、ワカラナイ。トランプのデモンストレーションに乗って、今、まさに米国とともに北朝鮮を攻撃しようと目論んでいるような、″安倍でんでん″を「安倍ちゃーん!」と呼ぶ心理が″でんでん″、わからぬ。

この田布施システムを代行する″安倍でんでん″は、秘密保護法、集団的自衛権の行使容認、安保関連法を強行採決し、このほど、共謀罪の立法化を推進している。

明らかに自衛隊を米軍と肩を並べ、戦争に加担させることを目論んでいることが明白ではないか。

5月1日、森友学園の籠池理事長を表彰した稲田明美防衛相が護衛艦いずもを米海軍の補給艦の防護を目的に横須賀港を放れたことを東京新聞が一面トップとした。

米国は軍需産業が30%以上超える。戦争をしないと経済が破綻する国なのだ。

したがって、「核兵器を保有している」「独裁テロ国家、新型兵器を有している」「化学兵器を認めない」とかでっち上げ、イラク、リビア、そしてシリアを破壊して来た。

実は、その裏にはここで列挙した国々はアフガニスタン、イラク、リビア、シリア、北朝鮮といい、ロスチャイルド系中央銀行を持ってないのだ。早い話。

これらの国から通貨発行の際、ロスチャイルドは上納金を奪取できないのだ。

リビア・カダフィー政権を倒した米国&NAT0軍は、リビアに乗り込み、第一にしたことはロスチャ系中央銀行の設立だった。

イラク・フセイン政権を倒した米国軍産複合体がイラクに乗り込み、第一にモンサント社のF1種を販売、農家に売り込み、契約させたことが暴かれた。

これで米国のスポンサーがモンサント社であることが裏付けられるというものだ。

こんなテロリスト米国と組んで何が良いものか。

朝鮮半島に向かいつつある米国原子力船空母

プーチン大統領をプレアデス星人指揮官がサポートしている!

朝鮮半島に緊張が走る4月下旬、森友学園・加計学園問題も解決せぬまま、″安倍でんでん″は、ロシアを訪れ、英・メイ首相とも会談したようだ。

ロシアのプーチンには散々だったらしい。

プーチンにすれば、謀略国家米トランプに50兆円を献上、忠犬ハチ公ずらを下げ尾っぽを振る″安倍でんでん″に疑念を抱くのが当然であろう。

「お前はどのツラ下げて、ロシアにやって来たのか」とプーチンは思ったに違いない。

北朝鮮との国境付近に軍隊を派遣させたロシアの軍備は米国をはるかに上まわっていることは明白だ。

以前にも書いたが、-プーチンをサポートしているのは、我らが銀河連盟、プレアデス星人の指揮官だからだ。

プーチンが彼らから入手したのは、『電子爆弾』だ。

これを一回炸裂するだけで、米国のミサイルやロケット、軍艦、空母までが一瞬のうちに固まってしまうことは以前書いた。

2014年4月10日、クリミア半島併合で黒海に浸入、ロシア威嚇に乗り出した米国最強のイージス艦ドナルト・クックがこの原子爆弾をくらい、制御不能に陥ったことがあった。

その上空をロシアの戦闘機スホイ24に12回も旋回されたのだが、ドナルドクックのイージス機能はフリーズ、何の示威行動もとることができず、米国は赤っ恥をかいた。

プーチンは余裕を見せ、この米国が誇るイージス艦を攻撃することなく、大人の対応を見せたのだ。

電子機能をストップする機能を搭載のスホイ24

赤っ恥をかいた米国のイージス艦 ドナルド・クック

トランプをカザールマフィアの娘婿ジャレット・クシュナーが操っている! 

したがって、米国の巨大原子力空母「カールビンソン」だか「ロナルド・レーガン」やら、戦艦「ニミッツ」が朝鮮半島に終結しようとも、ロシアの電子爆弾を喰らったら、またも制御不能、鉄の藻屑になるだけなのだ。

実は、北朝鮮とトランプのキッチンマッチレースをでっち上げたのが、トランプの娘イバンカの旦那ジャレット・クシュナーらしい。

この輩こそ、偽ユダヤ・カザールマフィアの一員。

未だにNWOを諦めない、懲りないタルムードの狂人思想を持った漢のようだ。

朝鮮半島で第三次世界大戦を目論み、日本と韓国をこれに引きずり込み、これまで通り、上納金をせしめる謀略のようだ。

トランプの顧問に就任、北朝鮮問題を仕組んだ黒幕と噂されるジャレット・クシュナー/引用YAHOOニュースより

悪魔の総帥デービッド・ロックフェラー亡き今、日本はロシア・プーチンに近づき、カザールマフィアに操られる米国トランプに距離を置き、上納金200兆円強奪から逃れられる千載一遇のチャンスが到来していると言える。

ここにこそ、二強を競わせ、その間隙を縫って巴蜀を建国、『天下3分の計』を実現した諸葛孔明の才略が要るところだ。

この大戦でロシアが北朝鮮を支援したら、米国の最強海上部隊は、単なる鉄屑になることが必至なことは前述した。

しかし、″安倍でんでん″自公民政権には、米国に擦り寄って、旧態依然の″甘い汁″を吸うことしか頭にはないはずだ。

こんなことでは戦後70年、米国の殖民から逃れられることは不可能だ。

「え?殖民。日本は独立国家なはず」と思うのだったら、あなたは全く情報不足。ダマスゴミにまんまと洗脳されている。

この森友事件を騒ぎ立てる裏で、自公民は密かに「主要穀物種子の廃止」を閣議決定した。

これこそ、日本伝統の種子を海外に売り渡し、悪魔の巨大企業モンサント社のF1種を国内に流通させる悪法だ。

おそらくこのニュースも多くの国民は知らないだろう。何という無関心、平和ボケぶり!

この兆候はかなり深刻だ。電車でスマホ弄りか、若者は合コンで悪ふざけすることしか頭にないのではないのか。

日本の敵は、残念ながら平和ボケ日本人だったのだ。藤原正彦が嘆くはずだ。

船瀬図書館の愛読者の皆様は、眠っていないはず。次は″安倍でんでん″及び自公民の追放でずぜ。

(ジャーナリスト・作家/上部一馬)

【こちらもオススメ】

日本はこのままでは沈没する! 目覚めよ、NIPPONⅣ

UFO実在はコペルニクス的発想の転換を迫っている!目覚めよ、NIPPONⅡ

【人工地震】闇の政府が売国奴を操っている! 目覚めよ、NIPPONⅢ

11889699_752942124816991_4414195662327244972_n

上部一馬

1954年岩手県陸前高田市生まれ。77年明治学院大学卒業。

学習研究社代理店勤務の後、92年(株)健康産業流通新聞社に入社。多くの健康食品をヒットさせた。

00年からフリーに。03年健康情報新聞編集長を兼任。ドキュメントをプロデュース。代替療法、精神世界、超常現象、超古代史に精通。

主な著書に「まもなく病気がなくなります! 超微小《知性体》ソマチッドの衝撃 」「糖尿病と合併症は自宅養生で癒える」「日本上空を《ハーモニー宇宙艦隊》が防衛していた! 」「やっぱり、やっぱりガンは治る!」など他多数。

※上部一馬 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め