全ての判断基準を「お金」から「命」へ【原発の再稼働、マクガバンレポート】

シェアする

池田整治連載コラム

全ての判断基準を「命」に 喉元過ぎれば熱さを忘れる

3月14日午後5時、福井県おおい町の大飯原発3号機が再稼働しました。

僅か14kmしか離れていない同県高浜町の高浜3、4号機は昨年から再稼働しており、近接した複数の原発が同時に稼働するのは、フクシマ原発事故があった2011年以来はじめてのことです。

原発の新規制基準下での再稼働は、これで4原発6基目。フクシマの事故後、国内の全原発が停止する中、当時の民主党政権が定めた暫定基準によっていったん再稼働し、その後停止していた大飯原発3号機の運転は4年半ぶりです。

関西電力は、わざとらしく今夏にも「電気料金の値下げ」を実施するとしています。

その国を亡ぼすには、その民族の「神話(理想)」を消し、「歴史」を断ち、全ての判断基準を「お金」にする。

これは、戦後日本を植民地支配してきた世界金融支配体制の異民族支配の「鉄則」です。

そのように洗脳支配された国では、「今だけ・自分だけ・お金だけ」の典型的なエゴ社会となり、自滅の道を進みます。

そのシンボルが、世界唯一の地震列島にある54基の原発です。

しかも、日本丸が、フクシマと言う滅びの道から永久の道に舵を切るための、災い転じて福とすべき日本史上最大の人災を教訓とせず、今回のように再稼働させることは、未だ滅びの道をまっしぐらに突き進んでいることの象徴と言えます。

金日成二つの作戦

実は、高浜原発には思い入れがあります。

1993年5月、北朝鮮は皇太子殿下の結婚祝賀に湧く日本に向けてノドン1号を発射しました。

弾頭は、能登半島沖に落ち、一気に「第一次北朝鮮危機」となりました。

この時、警察から「北朝鮮問題プロジェクト」の勉強会を依頼され、現地研究の一環として高浜原発に行ったのです。

実はこの時期、日本にとって未曾有の危機だったのです。では、どんな危機だったのでしょうか?

戦後、日本の教育現場から「軍事学」がタブーとなり、戦略的思考が日本人の頭から消されました。

そして、お金だけの判断基準にして、コントロールしやすくしたのです。そこで、北朝鮮危機を戦略的思考で説明します。

簡単に言えば、鳥瞰図的観点で物事を見ることです。

まず、北朝鮮と韓国は未だ休戦という戦争状態にあるということです。

ただし正確に言えば、「北朝鮮」と「朝鮮国連軍/実態は米軍」との戦争です。

さらに過去に遡ります。1950年から53年の朝鮮戦争で、北朝鮮は武力統一を図り韓国に侵攻しました。

しかし、米軍の圧倒的な兵站力に、その意図を挫かれました。戦争は、大きくなるほど兵站支援、つまり「物流戦」で決まります。

朝鮮半島の米軍は、「日本という不沈空母の膨大な兵站基盤」のお蔭で韓国を守り切ることができたのです。

では、次に武力統一を図るときの北朝鮮はこの教訓をどのように生かすでしょう?

日本を兵站基地として使えないようにすればいいのです。その手段として金日成が考えた作戦は二つ。

一つは、オウムを使ったサリン攻撃で関東の中心を擾乱し、これに連携して漁船に分乗した特殊部隊が日本海から分散上陸、日本の中枢を破壊する。

二つ目は、隠密に潜入した特殊部隊に、若狭湾の原発を破壊させ、死の灰で列島を兵站基地として使えなくする。

戦略的思考から作られたシナリオ

若狭湾には、14基の原発が集中しています。

もし、1基でも北朝鮮コマンドに破壊されたら、日本は終わりです。

普通の国なら普段から軍が守ってもおかしくありませんが、有事法制の無かった当時は、事態が起こって県知事等からの要請があるか、または首相の命令があるまで自衛隊は対処できません。

いずれにせよ、第一義的には、つまり自衛隊が応援に来るまでは、22口径ピストルの警察官が、プロ中のプロの北朝鮮コマンドに対処しなくてはなりません。

ハッキリ言って、赤子の手をひねるように殺されるでしょう。

いずれにせよ、「シナリオ」をつくり、高浜原発に現地研究に行ったのです。

因みに、そのシナリオを警察から入手した麻生幾氏が、「宣戦布告」という小説にし、さらに映画化までされました。

法的準拠が無くて発砲できない自衛官が狙い撃ちされるリアルなシーンはセンセーショナルで、戦後日本でタブーとされた軍事的討論、特に有事法制論議解禁のきっかけとなりました。

実際に、高浜原発の保安基準等も確認するとともに、原発の「実態」をつぶさに見て、地震列島日本になぜこのような地獄の窯を海の原潜から引き揚げて置いてきたのか、唖然としました。

詳しくは、「マインドコントロール2」や「原発と陰謀」等拙著をご確認ください。

また、そのシナリオは、わたしの公式HPのサイト内検索「あれから7年…日本人は目覚めたか」でご笑覧ください。

宝の眠る国「日本」

今、世界が「永久の道」へ切り替えていく中で、なぜか日本だけは相変わらず「滅びの道」をまっしぐらに進んでいます。

DNAが壊されて三代で子孫がいなくなります。

その原因が、薬等石油化学物質、放射能、遺伝子組み換え食品、電磁波、ワクチン等予防接種等々の「人工汚染物質」です。

これらは、特に戦後に作られたものです。二人に一人がガンになっている原因は、これらを体内に取り込んでいるからです。

最近急増している脳と心臓の血管に起因する突然死も、これらと、本来の「栄養不足」が原因です。詳しくは、後ほど述べます。

日本は、アメリカの後追いをしていると言われていますが、実は1990年頃からその米国でもガン患者は減少に転換しました。

何が米国を変えたのでしょうか。それは、ズバリ「口養生」です。日本食が変えたのです。

その転換点となったのが、「マクガバンレポート」です。

当時のフォード大統領は、 ある時、疑問を持ちました。

「アメリカは医学が進歩している国であり、医療に莫大なお金をかけている。にも拘らず、こんなにガンや心臓病、生活習慣病、糖尿病が増加の一途を辿っているのはなぜだろう? 何かが間違っているのではないか?」 そして大統領は特別委員会を設置し、あらゆる分野の専門家を集結し、国家的な調査プロジェクトを始動させたのです。

その委員会の委員長がマクガバン上院議員でした。

その結論が病気の原因は「食源病」であり、「江戸時代の日本食」が理想の食事としたのです。

これ以降、日本食がヘルシーフードとして定着したのです。

そしてカロリー計算の栄養学から、今では7種の栄養素の栄養学に進化しました。

タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、ファイトケミカルの7種です。

この中で、人間の体内で作れないものを十分に毎日摂ることが強調されました。

つまり、60兆の細胞の原材料となる「必須アミノ酸」、「ビタミン」、「ミネラル」、「食物繊維」そして「ファイトケミカル」です。

50年前の野菜に比べ、化学肥料等慣行農業では微生物が激減し、現在の野菜は栄養価が十分の一程度です。

これらをすべてしっかり摂るには、天然由来の「サプリメント」が必須とされました。

いわゆる「健康補助食品」です。日本の巷に溢れている「健康食品」とは違います。

しっかりと不足栄養素があるもの、たとえば必須アミノ酸なら植物由来の「プロティンスコア100」のもので、世界基準で認定されたものです。

さらに口養生は、身体に摂り取り込む十分な安全でミネラルが適度でおいしい「水」、つまり本来の日本の「水」。そして汚染されてない「空気」が健康のために大切です。

判断基準は「命」に

ところで、世界が日本食で口養生し変わりつつある中で、なぜか先進諸国の中で日本だけがその流れに逆らって、マクガバンレポートの勧告を無視しているのです。

日本では、口養生と真反対の、戦後の化学物質、放射能、遺伝子組み換え食品等々「人工悪」が、水、空気、食品の中で増加の一途です。

冒頭の原発再稼働は、その典型です。

今や都内でも、フクシマの影響で、水、空気の放射能汚染は無視できないレベルで、しかも増加のうえ、しかも原発村は再稼働まっしぐらです。

もう保守とリベラルが政争を繰り返す時ではないと思います。

未来永劫、地球との一体感のもと、ともに生きていくためには、市民生活の中から、DNAを壊すこれらの「人工悪」を無くする政治、社会に再構築する時ではないでしょうか。

そうです。判断基準は、お金から「命」に…

そして、微生物から植物・動物・人類、地球、宇宙とともに共生し、利他愛で生きる社会。

未来永劫続く永久の道へ。


*テクノAOから「ミニバランサー」が新発売されました。

磁場が狂ってきている今、効果10mで携帯できるミニバランサーは健康の必需品です。

★スマートフォン時代に
★高周波から低周波まで 多岐にわたる電磁波を防御!
★網の目のように走る細かい電磁波に対応
★多方面に高性能なのにお手頃価格
★軽くて、女性でも持ち運びできる!

必要な方には、「5%オフのファクス用紙」送ります。メール等でご請求ください。

お問い合わせ先: DQL04771@nifty.ne.jp

*テクノAOの原理等
http://ikedaseiji.info/tecnoao/


・・・ともに真実を学びませんか?…本当の事を知れば、生き方が変わる

*【真実を知る原典・目覚めの原点…】
「マインドコントロール1、2」(ビジネス社)
http://ikedaseiji.info/books.html

*【勉強会等】

●7月14日 本当のことを知れば生き方が変わる…ヤマトごころ復活in広島
http://ikedaseiji.info/2018/07/inin.html

●7月15日 日本の未来と奇跡の人生の処方箋in大阪
http://ikedaseiji.info/2018/07/in-84.html

●7月16日 日本の未来と奇跡の人生の処方箋in名古屋
http://ikedaseiji.info/2018/07/in-85.html

●7月18日 7月西宮勉強会(第24回)
http://ikedaseiji.info/2018/07/74.html

●7月26日 オープンハウスセミナー:ランチ
http://ikedaseiji.info/2018/07/post-625.html

●8月3日  オープンハウスセミナー:ティ
http://ikedaseiji.info/2018/08/post-631.html

●8月11日 本当のことを知れば生き方が変わる…ヤマトごころ復活in姫路
http://ikedaseiji.info/2018/08/in-87.html

*【池田農園新米発売のお知らせ】

三男悠人が単身愛媛の実家に移り住んで4回目の米作りとなりました。年々土壌もお米も育っています。土壌にも一切化学物質のない完全無農薬・無化学肥料のお米です。

その為、多生小粒で虫食いの黒点も少しはあるかもしれませんが、是非安全そして滋養の高いお米で口養生に役立てて頂ければと思います。

残り少なくなりました。お買い求めはおはやめに・・

秋に収穫できてから申し受けします(9月下旬になるかと思います)

以下、三男悠人からの連絡です。

(悠人から)

微生物自然農を始めて4年目今年も、一切化学物質がない土壌でとれた安全なお米が獲れました。是非、お買い求めください

玄米…・30キログラム 22500円

     ・10キログラム  8000円

    *いずれも送料込み

連絡先   yu_to.21.10_03@icloud.com

注文される方は氏名 種類 住所 電話番号をお願いします。折り返し振込先等連絡致します。

【こちらもオススメ】

第一次北朝鮮危機/日本壊滅のシナリオ【彼らの略奪から守る「最後の砦」】

未来の子供たちのために「滅びの道」から「永久の道」へ

そろそろ真実に目覚めよう!【何故日本にはタブーが多いのか】

5554545

池田 整治 

1955年3月22 日、愛媛県愛南町生まれ。作家。元全日本実業団空手道連盟理事長。東藝術倶楽部顧問。空手8段。

1973年、陸上自衛隊少年工科学校前期課程修了。防衛大学校入学。2008年、陸上自衛隊小平学校人事教育部長。2010年退官。最終階級は陸将補。

オウム真理教が山梨県上九一色村に作ったサティアンへの強制捜査に自衛官として唯一人同行支援した体験などから、「真実とは何か?」を独自に研究。

自衛官在任中時代に『マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実』(ビジネス社)を出版、ロングセラーとなる。

北海道での単身赴任時代、万が一の場合、4人の子どもたちへ父の想いを残し伝えるためメルマガ『心のビタミン』を開始。

退官後、〝真実の語り部〟として情報発信を始める。現在もブログ、書籍、講演会などを通じて精力的に活動を続けている。

著書に『1000年先の地球のために―「滅びの道」から「永久の道」へ』(ナチュラルスピリット)『マインドコントロール2 今そこにある情報汚染』『離間工作の罠 ~日本を分断する支配者の手口~』(以上、ビジネス社)、

今、知らなければいけない 重大な真実を語るメジャーな人々 東京・日比谷公会堂での講演からVol.1』(ヒカルランド)など共著も含めて20点以上。

※池田整治 著作特集はこちらから

メルマガ、講演などはこちらから→ 公式HP: http://ikedaseiji.info/

美し国 副代表

http://umashikuni.co.jp/index.html

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!