Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

水が燃える……石油文明は終焉に向かう

シェアする

船瀬俊介連載コラム

マスコミのタブー200連発〈107〉

「創生水」水が燃える……石油文明は終焉に向かう

石油王が絶対許さなかった近未来技術

「水が燃える……」

これは、石油文明では、絶対タブーであった。地球は「水の惑星」である。その水が燃える!なら、石油の出番はなくなる。

もはや、石油は、黒い〝泥水〟に過ぎなくなる。

現代、石油の主産地は中東である。そこでは、石油を大変な努力で採掘し、精製し、巨大タンカーに荷積みして、はるか彼方の消費国まで運んでいる。

延々、地球の裏側まで輸送し、それらの国々は、その石油エネルギー資源に依存している。

日本も、そのような消費国の一つである。

しかし――。

身の回りに無尽蔵にある〝水〟が燃える……。なら、もはや、このような労力は無意味である。

まさに、徒労となる。

私は、これまで本連載で2回〝燃える水〟を取り上げた。

「『水』を燃やす! 水エンジン車も登場」(2014年12月号)、「やはり『水』は燃える! 〝オオマサ・ガス〟の奇跡」(2015年2月号)。

20世紀の地球を支配してきたのは石油王ディビッド・ロックフェラーである。

彼の別称は〝地球皇帝〟……。それは、地球の真の支配者、という意味である。

「水を燃やす」技術――。それは、まさに〝地球皇帝〟に弓を引く行為であった。

〝闇の皇帝〟は、水を燃やす技術の存在を、絶対に認めなかった。許さなかった。

しかし、その意向に真っ向から逆らった勇敢なチャレンジャーたちがいたのだ。

水エンジン開発者は公衆の面前で毒殺

スタンリー・マイヤーこそ、その勇者の一人である。(写真A)

彼は痛快な発明家であった。まさに何事にも挑戦する。アメリカン・スピリッツの象徴的な男だった。彼は「水が燃える」事実を発見した。

それを応用した〝水エンジン〟まで発明した。そして、水で走る自動車(WATERPOWERED CAR)を製造し、その映像を公開している(写真B)

「80数リットルの〝水燃料〟で、走行可能だよ」と陽気な笑顔。

「水は水道水でも雪解け水でも、なんでもOK! 2000キロのアメリカ大陸横断も可能さ」とニヤリ。

しかし、このナイスガイの笑顔が〝魔王〟の逆鱗に触れたようだ(写真C)。

密かにヒットマンが放たれた。

マイヤーは、仲間と完成を祝うグラスで乾杯し、飲み干した瞬間、胸を押さえて苦悶した。

苦しみの中でしぼり出した一言……。

「〝やつら〟にやられた」

それが、石油を支配する〝闇の勢力〟であることは、言うまでもない。

公衆の面前で、グラスの中身をあおって、悶絶死した。誰が見ても毒殺である。

しかし、地元警察は、それを心臓マヒで処理した。〝闇の力〟にとって警察の検死など自由自在なのである。

マイヤーの処刑は、まさに世間への警告とみせしめである。

「水が燃える」事実に触れる者は、許さない……。

しかし、真実を求める探求者は、後に続く。

倉田大嗣氏も、その一人だ。彼こそは日本が世界に誇るべき研究者であり発明家だ。

私は、電話でその誠実なお声に接したこともある。著書『水を燃やす技術』(2008年、三和書籍)には、具体的な原理とノウハウが詳述されている。

倉田氏は電話でこう語っていた。

「水に重油をわずか一割加えただけでも、水は燃えるのです」

私は、電話機を握って、「マサカ……」と、絶句するのみだった。

周波数926kHzで水素と酸素に分解

倉田氏は、「水が燃える」原理を著書で、懇切に解説している。

「……水は、酸素と水素が『共有結合』によって、結び付いている物質である(図D)。その『共有結合』の電子が、共鳴するような周波数の電磁波を当てると、ほんの少しのエネルギーで、水素と酸素に分解する。その混合気体を燃やすと、電磁波発生に要した何倍ものエネルギーを得ることができる」

つまり……。

――特定周波数さえ当てれば、誰でも水からエネルギーを得られる――

倉田氏は、その周波数の一つが926kHz(キロヘルツ)であることも、証明している。共鳴作用さえ起こせればよい。

だから、整数倍または整数分の一の周波数でも、起こすことは可能という。

この共鳴現象を起こす電磁波は発生させるエネルギーは極小でよい。その共鳴で水は水素と酸素に、かんたんに分離される。

共鳴現象はニュートン力学を超えた現象である。

分かりやすい例をあげる。オペラ劇場で女性が熱唱する。すると、遠く離れたワイングラスが、突然、割れた!

ソプラノの波長とグラスの固有振動数が共鳴し、グラスは破壊されたのだ。

これは、ニュートン力学では説明できない。このように共鳴現象は、投入エネルギーより、はるかに大きな出力エネルギーを生み出す。

水分解に用いられるのが磁気波動の共鳴現象だ。

「これを突き詰めていくと、従来のエネルギーの数千分の一というわずかなエネルギーで、物質の分解が可能になる」(倉田氏)

それは、かのアインシュタインも見逃した磁気力と共鳴力の神秘である。

この事実に着目したのが天才物理学者ニコラ・テスラであった。

これこそフリーエネルギー原理そのものなのだ。

この水分解装置は、必要な周波数で電圧が変化し、特定電磁波を発生させるだけでよい。じつに、かんたんに「水素燃焼装置」は完成する!

じっさいに、この原理で手作り装置を完成された人もいる。

それは、1個20円のICチップ。1個20円のオペアンプ(増幅器)、1個1~20円程度の抵抗、コンデンサーなどを組み合わせ、電源はアルカリ電池2~4個。信じられないほど、あっけない装置である。

この装置を作成したNさんは、こう述べている。

「……水が100℃で沸騰するのと同じような物理的な事実として、『水は×× ヘルツの電磁波で燃料になる』と世界中に広めることで、支配構造の前提は崩壊し、(〝闇の勢力〟が企む)『新世界秩序(NWO)』の構造は永久に不可能となります」

キャンプ・台所用から巨大発電所まで

「……水(H2O)は、約104度の角度で『共有結合』しています。(図D 左)

同時に、このHは、近くの、他の水分子と『水素結合』によって、おだやかにつながっています。(図D 右)

このことが、水のさまざまな特徴を作り上げているのです」(倉田氏)

なにはともあれ、「水を燃やす」装置が、かんたんにできることに、あなたは驚かれたはずだ。

じっさい、倉田氏が作成した「実験装置」は、バッグに入れて持ち運びできた、という。

「それだけ、手軽な装置で水を燃やせる、ということは、実用プラントになってもお金がかからず、それだけ安全で、なおかつ経済的ということです」(倉田氏)

(図E)は、倉田氏の作成した「水素燃焼実験装置」である。

それは、入力の4・6倍の熱出力が得られた!バッグに入れて持ち運べるなら「キャンプ用」「災害用」「台所用」まで応用可能である。

巨大化すれば「水素燃焼」による発電所を建設すればよい。

燃料は〝水〟だから、まさに無尽蔵にある……!

スタンリー・マイヤーも倉田氏も、まったく、別のアプローチから「水が燃える!」という真理に、到達している。

その他、さまざまな研究者たちが、その謎に挑んでいる。そして、〝燃える水〟に到達しているのだ。

〝オオマサ・ガス〟もその成功例だ。

大政龍晋氏。名古屋工業大学大学院で工学博士の資格を取得。世界初の「振動撹拌器」の発明により科学技術長官賞を受賞。

さらに、150件もの特許を所有する屈指の発明王である。現在は、日本テクノ株式会社の社長を務める。

彼は、さまざまな発明人生の果てに、ついに〝燃える水〟の生成に到達した。

それが〝オオマサ・ガス〟である。その詳細は、著書『地球を変える男』(JDC出版)に詳しい。

その発想は……「水に振動を与えながら〝燃える〟酸水素ガスを取り出す」というもの。やはり、水を分解する要素は振動(波動)だった!

こうして、水から発生した可燃気体〝オオマサ・ガス〟は、燃やしてもCO2排出ゼロだった。(写真F)は、この燃焼ガス発生装置である。

大政氏は、その装置の国際特許を取得。

謳い文句は「水から生まれた究極の新エネルギー」「水から生まれ水にもどる」「プロパンガスとの混合ガスで、自動車や発電機の燃料となる」「混合比率は10~60%で燃焼する」(同)

すでに、混合燃料で自動車の走行試験も成功している。

また、二酸化炭素に〝オオマサ・ガス〟を混合すると……燃えた!

二酸化炭素すら燃やすことが可能なのだ。

公表前に関係者の一人が刺殺された

陽気な発明王スタンリー・マイヤーは公然と毒殺された。

この事実を知って、私は倉田氏の身の上を案じた。不安は的中した。

倉田氏は、忽然と姿を消していた。危険を感じて、身を潜めているのか?あるいは、〝闇の勢力〟に消されたのか?

それは、分からない。しかし、希代の発明家は、杳ようとして行方不明なのだ。

水が燃える原理を理論的に解明し、実証した彼こそ、世界に誇るべき傑物である。

ノーベル賞が真に優れた偉人らに授与されるものなら、倉田大嗣氏こそ、まさに最適である。

しかし、彼の功績を知る人こそ、彼の身の上を心から案じているのだ。

大政氏も、つぎのような忠告を耳打ちされている。

「アンタ、気をつけな、あきまへんで。『水が燃える』なんちゅうこつ言うたら、殺されまっせ」

大政氏がメディアに登場することは、ピタリとやんだ。

燃える水――にかかわる人々は、こうして、次々に姿を消している。

さらに、衝撃的な事実を知った。

続きはこちらより購読をお願いします: ザ・フナイ 2019年2月号 

ザ・フナイ 2019年2月号  マスコミのタブー200連発〈107〉より

月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。

舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

【マス・メディアには載らない本当の情報がここにはある】

月刊誌『ザ・フナイ』: http://evavision.shop-pro.jp/

月刊誌『ザ・フナイ』年間購読: http://evavision.shop-pro.jp/?pid=112414187

【アマゾン・リンク】

⇒ ザ・フナイ vol.136

⇒ ザ・フナイ vol.135

バックナンバー一覧はこちらから: 月刊 ザ・フナイ

【好評発売中】


リニア亡国論

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!