温泉は最高の天然クリニック

シェアする

船瀬俊介連載コラム

「ガンを治すには3つの原則がある」

わたしの尊敬する安保徹教授(新潟大学大学院医学部)の名言です。

「・・・それは、①笑うこと、②食事を改めること、③体を温めること」

これを聞いて、はたと膝を打ちました。

①笑いは大自然が与えてくれた最大のクスリ。(『笑いの免疫学』花伝社、拙著) ②食も「人」を「良」くする…と書く。食べまちがいもガンの原因、③「冷え」は万病のもと。とくにガン細胞は、体が「冷える」と急速に増殖を始めます。

安保先生の「ガンを治す三原則」を聞いて「なら、温泉にいけばいいじゃないか!」と思いました。仲間と温泉に浸かる。実に楽しい。会話もはずむ、冗談がでる、笑いがお湯に、はじけます。

①笑い、は温泉湯治にはつきもの。気持ちがいいから当然です。②食事を改める。四季折々の山菜など、温泉郷の自然食をいただけば、それはまさに食事療法そのもの。

日本古来の食事は、ほとんどベジタリズム(菜食主義)、最適のガン治療食なのです。

③体を温める、は文字通り、温泉の独壇場ですね。

病院に行くな、温泉に行け!

「医者と薬とファーストフードを、今すぐやめろ!」

これは全米900万部べストセラー『病気にならない人は知っている』の著者、ケヴィン・トルドー氏の呼びかけ。


病気にならない人は知っている

病気の原因は、これら三要素なのです。だから、病院に行くほど病気はひどくなる……という恐ろしい現実があります。

「自然治癒力にまさる治療はない」(安保教授)

ならば、自然治癒力を最大限にする①笑う②食事③温めるーの3点セットを実行するほうがはるかにかしこい。想像してください。

クスリ臭くて陰気で、毒(薬)を盛り、体を斬る、穴を開ける、有害放射線を当てる、そんな病院と、四季の風が心地好く露天風呂を渡り、山海の珍味が味わえ、友や家族と笑い合う…温泉。

どっちが、自然治癒力を高めるか、いうまでもありません。

それだけではない。温泉療法には、さまざまな効能、薬効がある。

近代医学ですらハッキリ認めています。だから温泉(スパ)療法は世界中で、科学的療法「温泉医学」として、きちんと確立しているのです。

よくテレビなどの温泉リポーターが「効能は… …?」と看板を掲げます。これらは「療養泉」として「効能」(治療効果).が認められています。

それは「神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節こわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、疲労回復……」などなど。

さらに「飲用泉」としての薬効もあります。温泉は”飲用薬“なのです。温泉も、各々特徴があり、症状に合わせて選びたいものです。

▼食塩泉:入浴後も皮膚に塩分が付着して汗の蒸発を防ぎ、保温効果が得られる。「暖まる温泉」「熱の湯」ともいわれる。

リューマチ、冷え性、不妊症、婦人病など。飲用すれば胃酸分泌や胃腸運動を正常にするため「胃腸の湯」とも呼ばれる。慢性気管支炎などには蒸気吸入も効く。

▼炭酸水素塩泉:別名「重曹泉」。いろいろな塩分を含み種類も多い。入浴すると皮膚表面が軟化し、皮膚病に効能あり。

汗の蒸発が盛んになるため「冷の湯」の別名も。皮膚を滑らかにするため「美人泉」ともいわれる。

火傷、切り傷にも効く。飲めば胃酸を中和する。慢性胃炎‘胃かいようなどにも効果がある。胆汁分泌をうながし、胆石、胆のう炎、糖尿病、通風、尿酸結石などにも効能がある。

▼硫酸塩泉:3種ある。

①ナトリウム系=慢性便秘や肥満症の治療に。飲泉は胆道疾患などに効能あり。

②カルシウム系=高血圧症、動脈硬化症、脳卒中、慢性リューマチ、打ち身、切り傷、火傷、ねんざ。

皮膚病ではニキビ、皮膚のかゆみ。飲用は、じんましん(アレルギー)に効能あり。

③マグネシウム系=高血圧を下げるので、昔から「脳卒中の湯」と呼ばれている。麻痺も軽減させる。

▼単純二酸化炭素泉:炭酸ガスが溶け込んでいる温泉。「ビールの温泉」「泡の湯」とも言われる。

血液の循環を良くし、血圧を下げる。ヨーロッパでは「心臓の湯」と呼ばれる。

飲むとサイダーのようで食欲増進、胃弱、便秘に効果がある。

どうです!温泉の底カ・・・・。今度の休みは温泉に行こう。

2007年10月 月刊社会民主 「船瀬俊介の躰にいいコラムVOL . 38」より転載

【こちらもオススメ】


笑いの免疫学―笑いの「治療革命」最前線

魔法の言葉「ありがとう」を口癖に

タブーとされた化粧品の真実をハッキリと書いた「あぶない化粧品」

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め