トヨタがはまった罠【燃料電池車に未来はない】

シェアする

船瀬俊介連載コラム

マスコミのタブー100連発〈97〉

トヨタがはまった罠 燃料電池車に未来はない

地球環境評論家 船瀬俊介

欧州、インド、中国、米国までが怒濤のEV化

世界の自動車業界の、EV(電気自動車)化の動きがすごい。

EV(電気自動車)へのシフトは、もう誰にも止められない。

電気自動車(EV)を、〝殺した〟のは誰だ? ――失われた30年の痛恨――

月刊『ザ・フナイ』2017年12月号で指摘したように、それは一気に猛加速している。

そのスピードは、30年も昔からEV化を訴えかけてきた私ですら、眼を疑うほどだ。端
緒は、ノルウェー政府による突然の発表だった。

2016年、連合政権の中道右派と野党連合の合意として公表された。

それは「2025年から、ガソリン車、ディーゼル車、さらにハイブリッド車の国内での販売を〝禁止〟する」という衝撃的なものだった。

ここで注目してほしいのは〝規制〟ではなく〝禁止〟ということだ。

両者には天と地ほどの開きがある。

すると、それに示し合わせたかのように、欧州諸国は、次々に〝禁止〟政策を公表してきた。

まず、オランダ。与党、労働党が提議した〝禁止〟案が下院を通過。その内容はまったくノルウェーと同じ。2025年から全面禁止だ。

それに呼応して、スウェーデン、ドイツ両国が、やはり2030年から全面禁止。とくに自動車大国ドイツの政策は決定的だ。

すでに〝禁止〟議案はドイツ連邦参議院を通過している。なにしろ同国内の新車販売台数は約335万台(2016年度)と群を抜いている。これが「全車種をEVに換える」と宣言したのだ。

ドイツの決定はEUの決定とほとんど同義だ。

メルケル首相は2017年9月24日の選挙直前に、雑誌『SUPERillu』インタビューに「ガソリン車、ディーゼル車の販売禁止を指示した」と回答した。

首相本人は具体的時期としては2040年頃を念頭に置いている、という。しかし、公表された禁止時期は2030年だ。

他方の自動車大国スウェーデンもドイツと完全に足並みをそろえて同時発表。環境大臣であり、かつ与党、緑の党のスポークスマン、イザベラ・ロヴィーン氏は「スウェーデンだけでなく、EU全体で規制すべき」と明言している。

恐ろしいのは、これら劇的変化は、欧州にとどまらないことだ。

まるで、ヨーロッパ諸国の激変に呼応するかのように、インドが「2030年から禁止」を打ち出した。

人口10億人超の大国の禁止決断は、衝撃というしかない。

それだけではない。いずれ、世界最大の自動車大国になると予測される中国が「2019年以降、規制」を突然公表。こちらは〝禁止〟ではなく〝規制〟だが、来年から実施という。

まさに、焦眉の急。

共産党独裁だから、決定したら早い。

同国、工業情報化部の発表によれば、一充電300km走行可能のEVを、台数比で2019年2・3%、2020年2・7%と比率を高めていく。

次いで、英仏両国も足並みを揃え「2040年から禁止」を打ち出した。

この欧州勢さらにインド、中国の怒濤のEVシフトの変化を、さすがに無視できなくなったのか、遂に超大国アメリカも「2018年以降のガソリン、ディーゼル車規制」を公表した。

それは「560km以上走行できるEV台数比率を、2018年に約1・1%、2020年に約2・4%、2025年に5・5%……と漸次、高めていく」という。

この目標値は、中国よりも低く、まさに、世界EV化の巨大潮流(メガトレンド)に抗えず、押し切られ、呑みこまれた形だ。

魔王D・ロックフェラーの死で脱石油へ一斉加速

さて――。

この眼を疑うような世界自動車産業の激変に、唯一、取り残された〝自動車大国〟がある。

それが、わが日本である。

まさに、日本だけが蚊帳の外……。

上記の大激変は、ほとんど2017年という、わずか一年間で起こっている。

それは偶然では、絶対にありえない。つまり、欧州に端を発したEVシフトは、巧妙に仕組まれ、準備され、満を持して、一斉に公表されたのだ。

まさに、2017ショック……。

彼らは、いったい〝何〟を待っていたのか?

ズバリ言おう。ディビッド・ロックフェラーの死である(写真A)。

彼の渾名は〝悪の皇帝〟。さらに〝石油王〟として20世紀の地球に君臨してきた。

それだけではない。戦争から医療まで、命とカネを奪う超巨大利権を掌握して生き抜いてきた男だ。

まさに〝魔王〟の称号こそ、この男にはいちばん相応しい。

その〝魔王〟が、2017年3月に101歳の長寿で世を去った。

魔王死す。それに呼応して欧州諸国は、一斉に自動車産業の脱石油を打ち出したのだ。注目すべきは、ガソリン車のみならず、ディーゼルまで〝禁止〟としていることだ。

北欧やドイツなどの自動車産業は、ディーゼル車の燃費、排ガスなどで、高い技術を誇ってきた。

その技術を封印し、捨て去ってまで、EV化の道を、選択したのだ。

さらに、注目すべきは、プラグイン・ハイブリッド車まで〝禁止〟としていることだ。

つまり、エンジンとモーターの併存は、認めない。というより、私は、ここに欧州勢の底意地の悪い深謀を感じる。

はっきり言い切ってしまおう。これは、明らかにトヨタの〝プリウス〟潰しだ(写真B)。

世界では〝プリウス〟と言えば、〝エコ・カー〟の代名詞だった。

レオナルド・ディカプリオをはじめ、ハリウッドのセレブたちも〝プリウス〟に乗ることで、地球にやさしい、アース・フレンドリーなライフ・スタイルをアピールしてきた。

だから、〝プリウス〟は、ハイブリッド車として世界ナンバーワンの地位と称賛を勝ち取ってきたのだ。

しかし、2017年、突如、世界に激震を与えたEVシフトの波は、いともかんたんに、このナンバーワン・エコカーを呑み込んでしまった。

このままでは、トヨタのお宝ブランド・カーは、海の藻くずとして消え失せるだろう。

地球からガソリン、ディーゼル車が消える

私は、この怒濤のEVシフトの波に日本だけが取り残されていることに、呆然としている。

その恐怖は、蚊帳の外……といった生易しいものではない。

超大国、中国、そしてアメリカですら、脱ガソリン・ディーゼルの旅程表(ロードマップ)を公表している。

それは、加速することはあっても、減速されることはない。

そして、スウェーデン、ドイツ、英仏などの脱石油・EV宣言は、まちがいなくEUの正式政策となる。

インド、中国、さらにはアメリカも動き始めた。つまり……ついに地球からガソリン車が消える。

同時に、ディーゼル車、ハイブリッド車も消える。それは、石油で栄えたモータリゼーションの終焉を意味する。

それは、石油文明の消滅へと向かう旅程だ。

つまりは、人類史において、第二の産業革命とでもいうべき、大激変なのだ。

わたしは、今、起こっている世界的激変を――火の文明から緑の文明への――パラダイム・シフトと位置づけている。

化石燃料で栄えた「闘争」の文明の終焉であり、「共生」の文明への夜明けである。

私が夢想し、祈念し続けてきた文明シフトが、ついに始まったのだ。

感慨無量である。

しかし、日本人としては、素直に喜べない。

なぜなら、日本のみが、この変動の巨大な波から、独りとり残されているからだ。

トヨタが〝第二の東芝〟に〝プリウス〟が〝ガラケー〟に

私は、暗澹としている。このままでは……。

「トヨタは〝第二の東芝〟になる」

「〝プリウス〟が〝ガラケー〟になる」 

まさに、悪夢というしかない。

それでなくても、日本だけが先進諸国の中でも、完全に落ちこぼれている。

GDPを比較しても、過去20年間で、中国14倍、米国2倍、英国2倍、ドイツ1・4倍と、成長を遂げているのに、日本だけは0・85倍……と、逆に貧しくなっている。

ジャパン・アズ・ナンバーワン……と持ち上げられた昔日の栄光は消え失せた。

日本経済を牽引してきた大企業も、軒並み、尾羽はうち枯らしている。

シャープは、台湾のホンハイ・グループに買収されるという屈辱をなめ、技術のソニーも、もはや見る影もない。

パナソニックにいたっては、ゴミのように投げ捨てて中国にくれてやった三洋電機が、巨大白物家電〝ハイアール〟という怪物に変身する様にあぜんとして、なす術もない。

そして、東芝の落日……。日本経済を牽引してきた巨大企業の面影も今はない。

ウエスチングハウス買収という愚行の結末は、まさに、アメリカ原発政策の〝尻拭い〟そのもの。

つまりは、ウラン・マフィアの罠にはまったのだ。私は、2017年のEVシフト・ショックに、日本を陥れる〝第二の罠〟を見る。

アメリカの諺に「豚は太らせてから食え」という実に狡猾、残忍なフレーズがある。先勝国アメリカにとって、日本はまさに食用豚だ。

敗戦後は、まだまだ可愛い小豚だった。

しかし、アメリカに追いつき、追い越せ……と、叱咤激励して育てあげ、ついに、〝食いで〟のある巨大な豚に成長した。

まさに、食いごろでデリシャスだ。

アメリカや欧州の列強は、いそいそと、ナプキンを襟元にはさんで、両手にフォークとナイフを掲げて、皿の上の豚肉料理の賞味を始めた、というわけだ。

〝第二の東芝〟として狙われたトヨタ

私は、確信する。

〝第二の東芝〟として狙われたのが、トヨタだ。東芝をはめるための仕掛け罠がウエスチンングハウスだ。

トヨタをはめた落とし罠が、燃料電池車(FCV)だ。

『誰が電気自動車を殺したか?』という必見の告発DVDがある。

そこで取り上げられたのが、GMが開発した高性能〝EV1〟だ(写真C)。

この千台以上も生産されたEVは、ユーザーたちの必死の抵抗も空しく、強制的に没収され、スクラップとされた。

市民グループだけでなく、トム・ハンクス、メル・ギブソンなど、ハリウッド俳優たちまで、その蛮行に抗議している。

では、「誰が電気自動車を殺したのか?」。

答えは、明解である。石油王ディビッド・ロックフェラーだ。

彼は、世界を闇から支配する秘密結社フリーメイソンの中枢イルミナティを牛耳る頭目である。

GM開発の〝EV1〟は、あまりに性能がよすぎた。

まさに、脱石油のシンボルそのものだった。

それが、石油王の癇に触ったのだ。だから、魔王は、GMがこのエコ・カーを販売することを許さなかった。

だから、所有権は、あくまでGMに存在するリースという、じつに不自然な契約を消費者は強制された。

そして、魔王の命令一下、ユーザーたちの必死の抵抗も空しく、この傑作EVは、強制的に没収され、砂漠の解体工場で極秘のうちにペシャンコに潰され、スクラップの山と化したのである。

このGMによる無謀無残な仕打ちを、一般の米国民は、いっさい知ることはなかった。全マスコミは、この非道な行為をまったく報道しなかったからだ。

魔王は、石油だけでなく、メディアも完全支配してきた。

だから、電気自動車の抹殺を、極秘裏に行うことなど、朝飯前だったのだ。

トヨタをはめたFCVの罠、     

燃費はEVの9倍と最悪!

魔王が、EV潰しに放った〝刺客〟が存在する。

それが、燃料電池車FCVだ。『誰が電気自動車を殺したか?』(前出)には、その〝仕掛人〟まで登場している。それが、ベイビー・ブッシュ大統領だ。

彼は記者会見で、にこやかにFCVを称賛、推奨する。

なるほど、燃料電池車は、水素と酸素を反応させ発生する電気でモーターを回転させて、走行する。

排出されるのは〝水〟のみ。学校で習った水の電気分解の逆バージョンで電気を得るのだ。

FCVも無公害ゼロ・エミッション・カーの一種である。

だから、ブッシュはEV潰しの刺客としてFCVをぶつけ、強力プッシュしてきたのだ。この、にやけ面の大統領を影で操ってきたのがロックフェラーであったことは衆目の一致するところだ。

告発DVD制作者も、その手の内はとっくにお見通し。

「……燃料電池車の燃費は、ガソリン車の3倍にもたっする」(ナレーション)

この一事をもってしても、FCVはEVに勝てるわけがない。

なにしろ、EVの燃費は、ガソリン車の3分の1なのだ。つまり、燃料電池車はEVの9倍も燃費が悪い……!

これが、FCV第一の致命的欠陥である。

勝負あった、というより、はじめから勝負にならない。

9倍も燃費の悪いクルマを、いったい誰が買うというのか?

燃料電池車……水素がなければ、ただのハコ さらに、FCVには隠された欠点がいくつもある・・・

続きはこちらより購読をお願いします: ザ・フナイ 2018年4月号 

ザ・フナイ 2018年4月号  マスコミのタブー100連発〈97〉 より

月刊『ザ・フナイ』は、船井幸雄が「世の中を変える意識と行動力を持つ人に向けて発信する」と決意し、(株)船井メディアより2007年10月号から創刊した雑誌です。

選りすぐりの豪華執筆陣による、新聞・テレビなどが報道しない世界の裏の動き・情報を、毎月お届けしています。

舩井幸雄が自らの多様な人脈の中から選りすぐった豪華執筆者からの情報をはじめとして、まだ広く知られていない諸分野の情報、先がけた情報を、偏った一方的な見解ではなく様々な視点を用いて、毎月お届けしています。

【マス・メディアには載らない本当の情報がここにはある】

月刊誌『ザ・フナイ』: http://evavision.shop-pro.jp/

月刊誌『ザ・フナイ』年間購読: http://evavision.shop-pro.jp/?pid=112414187

【アマゾン・リンク】

⇒ ザ・フナイvol.126

⇒ ザ・フナイ 2018年 03 月号

バックナンバー一覧はこちらから: 月刊 ザ・フナイ

【好評発売中】


船瀬俊介の「書かずに死ねるか! 」新聞・テレビが絶対に報じない《日本の真相! 》

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!