世界中に古来からある治療法「吸い玉療法”プハン”」

シェアする

船瀬俊介連載コラム

私が20代半ばの頃、ヨガ道場を取材したことがあります。

三島にあった沖ヨガ道場は古今東西の古い治療法も、積極的に取り入れていました。お灸や鍼灸などもそのひとつ。

そのなかでも奇妙な治療法にでくわし、めんくらいました。

うつぶせに寝た患者さんの背中に、いくつものガラス球を当てている。中の皮膚は吸われて真ん丸に盛り上がり、まるで背中にいくつもの赤い鰻頭をならべたような按配。

治療を終えた患者さんの背中は赤い丸が二列並んで、なんとも異様というかユーモラス。これが”プハン“との最初の出会いでした。

最近、韓国の高名な治療師、奇先生に出会い、久々に”プハン“療法と再会しました。80歳を越えてかくしゃくとした先生は古典医療にも造詣が深い。

その先生がベストな自然療法として、普及をはかっているのがプハンなのです。

太古遺跡の壁画にも記録あり

これは別名「吸い玉」療法と呼ばれ、世界中に古来からある治療法だそうです。

奇先生に言わせるとシュメールなど、もっとも古い遺跡の壁画にも記録が見られるという。そのメカニズムは、いたってかんたん。

ガラス製コップを治療する場所に当て、手動吸引器具でコップ内部を真空に近くする。すると、その陰圧で皮膚が吸い上げられる。

餞頭状に盛り上がる。はじめて見る人は、かつての私のように「なんじゃコリャ!」と目がテンになるでしょう。

古代は中で藁など燃やし陰圧にして皮膚に当てていた。

一見シンプルかつ奇妙な治療法だが、古代遺跡に記録があるのはそれだけ卓抜した効果が伝承されてきたから。その効果も―つや二つではない。

●浄血効果

奇先生に言わせると、これは究極の浄血療法。世界の自然医学の草分け森下敬一博士も”プハン“を高く評価する。

「”プハン“の陰圧刺激は、古くなって働きが悪くなった血管や動脈硬化で硬くなったり、もろくなった血管により強く働きかける特殊な作用がある」(『自然医学』.489)。

漢方でいう汚血とは、コレステロールなどでドロドロに汚れた血のこと。これは抹消血管をつまらせる。”プハン“は真空吸い出し効果で、これら血液の通りを良くする。

詰まった水道管を吸出器具で掃除するのと同じプハンの陰圧は最高でも400mmHg (水銀柱ミリメートル)で、健康な血管にはまった<問題ない。

●鍼灸効果

人間の体には気の流れ(経絡)がある。その中継点が経穴(ツボ)。鍼灸治療とは、このツボを、お灸や針で刺激し気の流れを回復させて病気を治す。

経穴(ツボ)は全身に6OO有余もあり、鍼灸師はそれらをミリ単位で感知し、そこに鍼を打つ。長年の修行で得られる神技です。

ところがプハンは鍼灸のように点ではなく、面でツボ刺激する。

「施術面の中にありとあらゆる感覚受容器が入る」「―つの受容器を刺激するより、多くの受容器を刺激したほうが効果は大きい」(森下博土)。

素人でも玄人の鍼灸師以上の治療効果をプハンであげることができる。これは素晴らしい。

●診断効果

プハンで「吸い玉」治療すると、皮膚に丸い跡が残る。これは弱くて再生が必要な毛細血管に傷ができて赤色反応が現れたもの。

血液が汚れていたり、血管が弱いと赤色反応が強く出る。その色合いで体調診断も可能という。

わたしも手のひらにプハンをやってもらった。けっこう強い力でコップが吸い付く。きれいなピンクの跡が出た。奇先生に言わせると「きわめて良好」との診断。うれしくなった。

●血管新生

「赤色反応が出たところをチョッとずらして、毎日、数分間吸い続けると、その反応は一カ月で出なくなる。つまり血管が新しくなって強くなった証し」(森下博士)。

抹消血管で血行が良くなることは全身の血行改善を意味します。

●凝り解消

「血管新生と強化で、肩凝りなどの症状も消えていく人が多い。だから、赤色反応を嫌がっている場合ではありませんよ」(森下博士)

プハンは「解放の医学」とも呼ばれている。「吸い玉」を外した瞬間、それこそ”プハン!“と何ともいえぬ開放感に満たされ、患者は例外なくニッコリする。

このユカイな人類最古の治療法。あなたもためしてみませんか?

2008年2月 月刊社会民主 「船瀬俊介の躰にいいコラムVOL . 42」より転載

【こちらもオススメ】

魔法の言葉「ありがとう」を口癖に

悩みも病気も静かに消えていくメディテーション(瞑想)のすすめ

温泉は最高の天然クリニック

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め