酵素パワーで病気を吹っ飛ばせ!おろし野菜、果物ジュース、醗酵食品を食卓に

シェアする

船瀬俊介連載コラム

『酵素が病気にならない体をつくる!』(青春出版社)。


酵素が病気にならない体をつくる! (青春文庫)

鶴見隆史医師(鶴見クリニック院長)は、酵素医療の実践医として有名です。

彼は「寿命と健康は『酵素』が決める!」と断言する。

その「酵素」とはいったい何でしょう?「……酵素のサイズは1ミリの100万分の1 (ナノメートル)単位ととても小さいので、顕微鏡ですら見ることができない」という。

それは「たんばく質に被われた生命物質」で、正体は「生体内で営まれる化学反応に触媒として作用する高分子物質。

生体内で物質代謝に関与する」(『広辞苑』)。

すぐに思い付くのは消化酵素。食べ物のでんぷん質やたんぱく質、脂肪を分解、吸収するのにも酵素が働いています。

このように酵素は生命現象のすべてに関わっているのです。

「……世界で最初に『酵素が人の生命活動において何より重要である』と提唱したのは、アメリカのエドワード・ハウエル博士(1898~1986)」(鶴見医師)。

同博士は『酵素栄養学』という著書を発表しています。

鶴見クリニックでは、大学病院では治療不能といわれた末期ガン患者や症状が改善しない慢性疾患に苦しむ患者などに酵素医療を施し、驚異的な効果をあげています。

ひと時代前の日本の食生活

鶴見医師によれば、現代人に多い「だるい」「やる気がしない」などの症状は、すべて酵素不足が原因という。

彼らはグルメを楽しんだり、コンビニ食ですませたりする食生活。

「こんな飽食の時代に生きるわれわれ日本人の食生活は『酵素栄養学』の見地からすると間違いだらけ」とバッサリ。

では、酵素栄養学からみた優れた食事とはどんなものでしょう?それは「ひと時代前の日本の食生活」という。

かつて日本人は肉や魚よりも野菜類を多く食べていました。さらに味噌や漬物などの発酵食品もたっぷりとっていた。

実はそれらが理想的な「酵素食品」なのです。これらは「消化酵素の無駄つかいしない最良の食事メニュー」(鶴見医師)。

酵素栄養学とは、むずかしいものではなく、かつての日本人の食事に戻ればいいのですね。

加熱調理で酵素は破壊される

酵素はA 「人体にあるもの」とB「外部から取り入れるもの」に大別されます。

Aは「潜在酵素」と呼ばれ「代謝酵素(生命活動)」と「消化酵素(食物消化)」の役割を担う。

B 「食物酵素」は生の食物に豊富に含まれ、その「食物自体を自己消化」するのです。

新鮮な野菜、果物等にも酵素はたっぷり含まれています。

ところが、問題は加熱調理。酵素は熱に弱く48℃以上で急激に熱破壊され、60℃以上では酵素活性がまったく失われてしまいます。

だから「生野菜やフルーツをとらずに、加熱した料理ばかりを食べていると『万年酵素不足状態』に陥ってしまう」(鶴見医師)。

また「体内にある『潜在酵素』は、年齢とともに、その量が減ってくるので、食事でしっかり酵素を補給しなければならない」という。

先人の知恵は、この酵素のはたらきを経験的に知っていたようです。

例えば、サンマに大根おろしは定番。大根には魚のたんばく質を分解する消化酵素ジァスターゼがたっぷり含まれているので絶妙の取り合わせです。

美味しい「酵素食レシピ」を!

鶴見医師がすすめる「酵素食レシピ」はー。

①おろし野菜ドレッシング:ダイコン、人参、とろろなどをおろして、オイル、醤油、黒酢、ニンニク、ショウガ、胡椒などとまぜる。

これは野菜をすりおろすと酵素が三倍になるのでおすすめ。

②すりおろし野菜スープ:加熱しない”飲むサラダ“。酵素もビタミン、ミネラルもすべて生きている!

トマト、セロリ、キュウリ、豆乳、レモン、アボガドなど。

③果物ジュース:リンゴ、人参、バナナ、キウイなど。生の果物は酵素の宝庫!さらに繊維質、ファイトケミカル(抗酸化物質)がたっぷり。

④発酵食品:味噌、醤油、みりん、酢、納豆、干物、漬物。醗酵食品をとると酵素の活性化が補強される。

鶴見先生の本(前出)は、これらのレシピも満載で楽しくなります。

美味しい酵素栄養食を食卓にたっぷり取り入れましょう!

2009年1月 月刊社会民主 「船瀬俊介の躰にいいコラムVOL . 52」より転載

【こちらもオススメ】


3日食べなきゃ、7割治る!

長ぁ~い息は長生き【数息観】

【冷えは万病のもと】体を温めれば心も温まる

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め