「食べる工夫より、食べない工夫をしろ」ヨガのすすめ

シェアする

船瀬俊介連載コラム

最近、若い女性の間でヨガがブームです。

ハリウッドの女優の間で「ダイエットにいい」と流行していることがブームに火をつけたようです。何はともあれ、ヨガを生活に取り入れることはよいことです。

ヨガとは、古代インドから伝わる心身調和の術です。

私がヨガと最初に出会ったのは20代半ばでした。知り合いの韓国の禅僧に連れられて、三島の沖ヨガ道場へ取材に行ったのが、ヨガとの得難い出会いとなりました。

主宰されていたのが沖正弘という方です。この方は、沖ヨガという実践法を確立され、日本では屈指のヨガ指導者として有名でした。

私は、当時からエコロジーの勉強をしており、その中でヨガの実践法があることから興味を持っていたのです。

強烈な印象を受けたのは、沖先生の講話です。狭い講堂に先生が入場すると全員、背筋を伸ばして合掌。緊張が漲(みなぎ)る。

黒い着物に袴(はかま)を鳴らして入って来られた先生は、正面席に座るなり野太い一声。

「よく来たな!病人ども」。

これには私も呆気に取られました。次に「おめでとう!。」思わずずっこけそうに。次の言葉は強烈に心に残りました。

「いいか、本当に不健康な奴は、病気になろうと思ってもなれない奴らだ。おめえらはちゃんと病気になれた。だから健康だ」。

先生によれば「病気は、体が本来の姿に戻ろうとする経過の表れ」だそうです。

よって「病気になったのは、正常な状態に近づいている証し」だから「おめでとう!」と言うわけです。

ナルホド…まさに目からウロコです。

「すぐ具合が悪くなって、すぐに戻る。これが理想の健康体だ」とは、鈍感ではなく、過敏な体質こそ、本来の自然な健康体という意味です。

空腹を楽しめ

先生は、黒板にチョークで「IN、OUT」と力強く書いて「これが生命(いのち)だッ」と言い切りました。またもやナルホドです。

「出したら、入れろ」「入れたら、出せ」。食物や新陳代謝だけでなく、精神面でもそうですね。生命にとってモノでもココロでも「溜めたらイカン」ということです。

「空腹を楽しめ」「食べる工夫より、食べない工夫をしろ」「腹が減るほど調子がよくなるのが本当の健康体」…などは、その後の私の健康法の基本です。

また「運動不足は、緩慢な自殺である」と戒められ、毎朝、門下生はランニングが日課でした。病人でもおかまいなし。

おなじみの何種類ものポーズも実践させていただきました。

ヨガに無知な人は、なんであんな奇妙な格好をするの?と一種、気味悪がります。私もそうでした。

しかし、それは人間が文明によって動かさなくなった筋肉(睡眠筋肉:スリーピングマッスル)に意識的に刺激を与えることで、生命体としての全体調和を回復させるものなのです。

野生の動物たちの動きを観察していると、実に多彩な動きをします。

伸びや欠伸(あくび)、寝っ転がりなどなど……。彼らは体内の自然な欲求に本能的に応えているのです。

文明、文化…という知性を得た現代人は、知らず知らずのうちに癖や歪みが身体を支配して、これら本能的な動きや姿勢を忘れています。

そこでライオンのポーズなど野生動物の姿を借りて眠っている筋肉を目覚めさせるのです。最近、現代医学者が先端医療機器でヨガのポーズを測定してスリーピング・マッスルが活動していることに驚嘆していました。

ポーズだけで盛んな全身運動をしたのと同じ運動効果が得られていたのです。

さらにヨガ呼吸法も自然と調和した極めて医学的に卓越したものであることも立証されています。

食事もマクロビォテック(玄米菜食)を正食として実践します。これも最新の栄養学が極めて科学的かつ理想的だと絶賛しています。

5000年以上も太古の行法が最新医学で最高の健康法と称えられているのです。

なんともユカイではないですか!

今ではカルチャー・センターなどでもヨガは習えます。冷やかし半分でもいいのです。一度、実践されることをおすすめします。

心も体も軽く、しなやかになることーーーうけあいです。

2005年11月 月刊社会民主 「船瀬俊介の躰にいいコラムVOL . 15」より転載

【こちらもオススメ】


沖正弘がのこしてくれた治すヨガ!

悩みも病気も静かに消えていくメディテーション(瞑想)のすすめ

長ぁ~い息は長生き【数息観】

世界中にはハーブが存在し人間のあらゆる病気を治し心を癒してきた

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

船瀬俊介公式ホームページ= http://funase.net/

船瀬俊介公式facebook=  https://www.facebook.com/funaseshun

船瀬俊介が塾長をつとめる勉強会「船瀬塾」=  https://www.facebook.com/funase.juku

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!

こちらもお勧め