スーパー電気自動車が都市を浄化し、交通システムを変える by 船瀬俊介

シェアする

船瀬俊介連載コラム

self-815795_640

ガソリン車は、もはや“過去の遺物”。

「地球時代――ガソリン車は、もはや“過去の遺物”。環境危機(エコ・クライシス)を救う切り札。いま21世紀に向け、近未来EV(電気自動車)ワールドが開く」

 …これは、私が熱い想いを込めて書いた『近未来車EV戦略―電気自動車(エレクトリック・ビークル)が地球を救う』(1993年・三一書房)のキャッチコピーだ。

その想いは、今も変わらない。

「エンジンを放逐せよ」(ゴア元副大統領)

そのとき、同じメッセージを投げかけている世界的、大物政治家がいた。

アメリカ元副大統領アル・ゴアだ。「旧式の技術である内燃機関(すなわちエンジン)を25年後には地上から完全に放逐しなければならない」

(『地球の掟―文明と環境のバランスを求めて』1992年・ダイヤモンド社)とは彼の言葉だ。

その理由は、ガソリン車のエネルギー効率はせいぜい10%どまりであり、残りの90%は廃熱や環境汚染物質などで大気中に排出されるからだ。最悪の非効率性……。

だから、ガソリン車は“過去の遺物”だというのが、ゴア氏の主張だ。

この本は米国で出版されてから10数年にもなるが、いま読んでも全く色褪せていない。それどころか、ゴア氏の予見はますます現実のものになりつつある。

この非効率かつ環境破壊型のクルマが、いまだに地球上にひしめきあい、ますます数を増やしていること自体、異常というほかはない。

なぜなら、すでにEV(電気自動車)というパーフェクトな代替テクノロジーが存在するからだ。

燃料電池車(FCV)とハイブリッド車には限界が

2004年3月、イタリア・ピニンファリーナ社での風洞試験に臨む「Eliica」。この直後、片山右京氏による走行試験で370.3km/hを記録する

代替テクノロジーというと、まず「政府が後押ししている燃料電池車(FCV)があるではないか」「今、世界市場でメジャーになりつつあるハイブリッド車はどうなのか」と反論が返ってきそうだ。

だが、そのいずれもが、環境問題の解決という点からすれば、大きな欠点を抱えている。

■燃料電池車(FCV):

9f3cb9506db4f0fd7337f7d3570c2927_s

燃料電池は水素を燃料にし、空気中の酸素と化学反応させることで電気を起こす装置。

燃料電池車(FCV)は、車に搭載した燃料電池で発電した電気でモーターを回して走る。

現在のガソリンやディーゼルエンジン車は、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などを排出するが、燃料電池車が出すのは水だけで、「究極の低公害車」と言われているが…。

FCVの最大の欠点は「水素なければタダの箱」であることだ。

「2030年までに燃料電池車を累計1500万台普及させ、日本全国8500カ所に水素ステーションを建設する」--これは資源エネルギー庁が掲げた壮大なプランだ。

しかしホンダの吉野浩行前社長は「普及するわけがない」と発言している。

この壮大な計画を作成した政府担当者ですら「個人的考えだが、数値達成は無理だと思う」とあっさり認めている(『東京新聞』2004/7/30)。

electric-car-734573_640

不可欠なインフラとなる水素供給網の欠落は、普及のための致命的な障害となる。これに比べて、電気自動車(EV)は家庭用コンセントで充電可能だ。

燃料電池車は“化学反応”発電なのでどうしてもパワー不足となり、補助モーターが必要。

それだけ構造が複雑で、コスト高となる。エンジン車と同じ駆動系を備え、800~900度もの高温になるのでラジエーター(冷却装置)が不可欠……

などなど、価格・重量・コスト面で高くつく。さらに、エネルギー効率はハイブリッド車にも及ばないという。

最大の矛盾は、今、流通している水素のほぼすべてがナフサ(ガソリン)や天然ガスから作っていることだ。

これらから水素を取り出せば、CO2が残る。もちろんこれは大気に放出される。

普及可能性、環境問題の解決、いずれの面でもEVとどちらが優れているかは、子供でも分かる。

■ハイブリッド車:

prius-863970_640

トヨタ「プリウス」の先行は見事! 燃費32km/Lは、ガソリン車の約1.5倍走行だ。

しかも、この車種をブランド化し、「環境に配慮した車を運転するのは、エスタブリッシュメントの証(あかし)」というイメージを普及した功績は非常に大きい。

ただし、これはまだ発展途上の車だ。

ハイブリッドの文字通り、ガソリン車とEVを足し算しているので、二重構造となり、構造は複雑でコスト高となる。

さらに、もう半歩“前進”してパーフェクトEVとすれば、燃費効率はガソリン車の3倍強となり、構造は約6割とシンプルになる。

電気自動車(EV)がハイブリッド車を環境負荷の面で凌ぐことは自明だ。

引用:日経BP社 2005年8月1日

【こちらもオススメ】

「納豆で砂漠を緑化」の壮大ロマン~

“緑の市場”を拓く GT(グリーン・テクノロジー)商品のススメ

緑の減少が生み出したヒート・アイランド

logo2

船瀬俊介 (ふなせ しゅんすけ)地球環境問題評論家

著作 『買ってはいけない!』シリーズ200万部ベストセラー 九州大学理学部を経て、早稲田大学社会学科を卒業後、日本消費者連盟に参加。

『消費者レポート』 などの編集等を担当する。また日米学生会議の日本代表として訪米、米消費者連盟(CU)と交流。

独立後は、医、食、住、環境、消費者問題を中心に執筆、講演活動を展開。

著書に「やってみました!1日1食」「抗がん剤で殺される」「三日食べなきゃ7割治る」「 ワクチンの罠」他、140冊以上。

船瀬俊介 著作特集はこちらから

知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。シェアして拡散しましょう!